« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/マレーシア航空:成田(NRT)⇒クアラルンプール(KUL)

搭乗:2015/7/11 MH089便
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★☆
通算27社目のビジネスクラス機内食の紹介は、マレーシア航空[MH]。
過去4回(総額231281円)しかビジネスクラスの航空券を購入した事が無かったのだが、夏のドイツ往復が燃油税込で214600円という破格のチケットを公式サイトで販売しているのを見つけてしまい、即ポチってしまった。
15~20年前に何度もロサンゼルス路線(エコノミークラス)で搭乗した際の印象が非常に良かったので、迷いは無かった。

4月に入ってから予約していたドイツ便が運休となり、ロンドン経由の便に振り替えられたおかげでドイツ到着が5時間も遅れてしまうことになったが、ルフトハンザドイツ航空[LH]便までビジネスクラスに乗れるというおまけが付いたので良しとしたい。JALに加算するマイルも距離が伸びた分だけ当初より余計にいただけるし、LH便の分はANAに加算できるはずだ。(ちゃんと加算されれば、今年はJAL最上級の会員資格を取得できる見込み)

ちなみに今回の旅は、ドイツ全州巡りの残り7州を潰しに行くことが目的。
これで、米加豪仏伊に続いて全州走破6カ国目となる予定だ。

@JALラウンジ
▲JALサクララウンジで食べたもの

チェックイン時にMH便はカンタス航空のラウンジを案内しているとの説明だったが、マイレージ加算のためにJALサファイアのカードを提示したせいか、JALサクララウンジもお使いいただけますとの案内があったことで、とりあえず初の成田サクララウンジへ。

2013/6の羽田サクララウンジでは、朝食時間帯にもかかわらず、ANAとは比べ物にならない品ぞろえだったが、メゾンカイザーのパンが無かったことや、スペシャルサラダが無かった等、やや見劣りする品ぞろえ。ANAも成田よりは羽田の方が優秀だが、JALも同じことが言えそうだ。

@カンタスラウンジ
▲カンタス航空ラウンジで食べたもの

サクララウンジは、今後何度もお世話になるだろうから、案内のあったカンタス航空のラウンジに移動。本拠地ではないし朝食時間帯だからか、素晴らしく貧弱。パン・サラダ・ハムに小さな焼きおにぎりぐらいしか無い。
まあ、今回は機内食とマレーシア航空本拠地であるクアラルンプールでのラウンジ食にかけたので問題ないけど、ワンワールドのステータスを持っているなら成田では迷わずJALラウンジに行くべきだろう。

早速本題のビジネスクラス機内食の紹介を、クアラルンプールのラウンジからいつものように即日登録で紹介しよう。
なお、マレーシア航空のビジネスクラスは、事前に約20種類の料理からメインを選べるというプリオーダーシステム(Chef-On-Callという)があり、搭乗数日前にもその旨の案内メールが来たが、その手の料理は冷凍加熱品ベースが多いだろうと予想してパスしている。そこで選んでしまったら、他社との比較も公平では無くなってしまうだろうし。

*****

ビジネスクラスのシート(A330-300) ウエルカムドリンク

ビジネスクラスでは初めて搭乗する航空会社なので、いつものように1番乗りだ。
離陸前のウエルカムドリンクは、水とジュース3種類(オレンジ・アップル・パイナップル)で、アルコールは無し。私には関係ないが、飲む方はこれだけで評価が落ちるのかも?

フルサイズの布のおしぼりも出てきたのは、嬉しいサービスだ。
このおしぼりサービス、この後の食前だけでなく前菜時と食後も含めて4回もあった。

食前酒(飲めないのでコーラ)とおつまみ ワゴンサービスのサテー

食前酒とおつまみのサービス(袋入りのナッツそのまま)は、やや幻滅だが、マレーシア航空ご自慢の(☞ THE STORY OF SATAY)サテーが、ワゴンサービスでやってきた。

MALAYSIAN SATAY
MALAYSIAN SATAY
Our Award-Winning Signature Dish
Charcoal hand-grilled chicken and beef skewers, peanut sauce and traditional accompaniments


ビーフとチキンが用意されていたが、もちろん両方をお願いしたら、この素晴らしい盛り付け!
メインの皿のようなボリュームで、チキン3本の上にビーフ2本を乗せて、たっぷりのピーナッツソースをかけてくれた。
串焼きなので手が汚れるとあって、皿に乗せたおしぼり付き。

MALAYSIAN CHICKEN SATAY

チキンサテーが見えないので、ビーフサテーを平らげてから撮ってみたが、過去9回訪問しているマレーシアの屋台や食堂で出てくるサテーよりも圧倒的に肉が大きい。日本の焼き鳥並みのボリュームだ。

自慢しているだけに肉質や焼き具合も良いが、なんといってもピーナッツソースが抜群の美味しさ。
半端ない量で盛ってくれたソースを目いっぱいつけて、大いに楽しませていただいた。
たぶん、帰りも含めてこのあと3回の搭乗でも出てくると思うので、非常に楽しみだ。

APPETIZER
SMOKED TUNA TIMBALE WITH HERB MARINATED SOLE
Lettuce, chive and wasabi mayonnaise

SOBA
Yam soba noodles with traditional accompaniments


メニュー上の前菜は、先に出てきたサテーも含めて3種類が掲載されていたが、残りの2品がトレーに乗せられて出てきた。

パンとバター

パンは、別にバスケットで回ってきた3種類の中から2品チョイスしたもの。
せっかくバターナイフもあるのに、バターが個食パックのまま皿に乗せられてきたのは残念。ほんのちょっとした手抜き姿勢が無ければ、もっと評価されるのに・・(でも、他の面でのサービス姿勢は抜群だった)

SMOKED TUNA TIMBALE WITH HERB MARINATED SOLE
SMOKED TUNA TIMBALE WITH HERB MARINATED SOLE
Lettuce, chive and wasabi mayonnaise


サテーだけでもしっかりした前菜だったのに、この皿も素晴らしいボリューム。(笑)
白身魚のマリネ(軽く蒸し上げてある)は、お題ほどハーブが主張していなかったが、普通に美味しくいただける。

SMOKED TUNA TIMBALE

SMOKED TUNA TIMBALE と記されている料理は、ツナは使われていなかったので実際とは違いそうだ。セルクルの下に薄い食パンを敷き、その上に白身魚系(?)のムースを乗せて、最後にゼリーを被せて固めた凝った料理だ。
お味的には標準水準だが、前菜の構成としては良いと思う。

SOBA
SOBA
Yam soba noodles with traditional accompaniments


日本発の路線だからか、なぜか前菜の3品目が日本そば。
本家日本の航空会社(ANAのこと)が出してくる蕎麦よりも、見た目が良いものだ。

別添えのネギと山葵を盛った蕎麦

しかし、山葵や海苔はともかく、山芋は外国人が食べられるのか不安になる。
私としては、蕎麦の質も良かったので完食してしまった。(その代わり、パンを残したけど・・)

そうそう、トレーにいっしょに乗せられてきたが、マリネとムースが乗った皿のカバーだけ外して、こちらのプラスチックカバーはあえて外さないで出してきたところを見ると、乾燥防止という配慮だと思う。こんな客の立場に立ったサービス、ANAに出来るわけがない。(ついでに、コーラが少なくなっているところを発見するとグラスに注いでくれるのだ。これは過去1度も経験したことが無いサービスだけど、酒ならともかく缶コーラまでは余計な気がしないでもない。炭酸が抜けてしまうからだ)

GRILLED ALFONSINO WITH SEA URCHIN
GRILLED ALFONSINO WITH SEA URCHIN
Steamed rice, vegetables and isobe sauce


メインは、チキン・ラム・魚からの3択。
肉料理は乗継便でいただくとして、日本発だから外さないだろうと魚料理を選んでみた。
本当は、雲丹[SEA URCHIN]の文字に惹かれたんだけど・・

金目鯛と雲丹の蒸し焼き部分

金目鯛に生うにを乗せて蒸し上げて、最後にアオサ入りの透明ソース(磯辺ソースって書いてあった)を全体を覆うようにかけた料理。ご飯と野菜添えとあったが、皿が出てくるまで日本食であることを予想できていなかった。失敗したかな?

とはいえ、一応日本人なので普通に美味しくいただけた。野菜はイマイチだったなぁ。
期待の雲丹はしっかり形の良いものが使われていたけど、残念ながら風味は無し。

BANANA AND CARAMEL MOUSSE
BANANA AND CARAMEL MOUSSE WITH STRAWBERRY SAUCE

最後のデザートは1品固定。
セルクルにチョコスポンジを敷き、キャラメルムースを注ぎいれてから、チョコレートでコーティングされたポン菓子みたいなものをまぶし、その上にバナナムースを注ぎ込み、軽くバーナーで炙った後にキウイとパインをトッピング。そこに、フルーツソースかけてあるという、かなり手をかけた一品だ。

西欧的に見えるものの、ややアジアンテイストっていうか、東南アジアで食べる欧風ケーキといった感じのするお味。真ん中に散りばめられている米ベースのお菓子が、欧風ケーキではありえない味を出している。

*****

到着1時間前から、2食目として軽食[Refreshments]が出てきた。
もちろん、テーブルには布の白いナプキンが敷かれ、フルサイズのおしぼり付き。

Refreshments
ASSORTED SANDWICHES
Egg salad and lettuce on white bread, Roasted chicken on brown bread, Smoked salmon on white bread, Red chedder cheese on brown bread

FRESH FRUITS
HAAGEN-DAZA ICE CREAM

中距離路線なので無くても良いぐらいだが、サンドイッチとフルーツに、ハーゲンダッツ。
もちろん、どこかの航空会社(ANAのこと)みたいに、ガチガチですぐには食べられないようなハーゲンダッツを出すような真似はしない。丁度良い塩梅だった。

サンドイッチもANAのラウンジと比べたら具材の量が倍はあるだろう。これが上級客に出す普通の「サンドイッチ」と呼べる水準だろう。個人的にはこれ以上を望みたいが、飛行時間6時間50分の中距離路線の2食目だから、ボリュームのあるものを出しても普通の上品な上級客には食べきれないだろう。

食べ終えて、またまた通算6回目のおしぼりが出てきて(!)おしまい。
特筆すべき点はサービス姿勢だろう。食べ終わればすぐに皿を片付けてくれるし、本当によく気づいてくれる。

日本人CAも複数いたし、機内アナウンスも日本語があるので、特に日本語が通じるだけで日本の航空会社を選ぶ必要性は無いだろう。経費削減しか眼中にないANAと違って、立て続けに事件に巻き込まれて経営が思わしくないのにこのクオリティーを保っていることには驚きだった。

この後、乗継便であるクアラルンプールからロンドンまでのビジネスクラスにも搭乗するが、とりあえず私のビジネスクラス機内食ランキングでは、ANAを抜いて27社中第6位と評価した。

※メニュー:Lunch・RefreshmentsBEVERAGE SELECTION
※クアラルンプール空港のラウンジから、乗継便搭乗待ちの間に登録しました。

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>