« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

カンボジア/プノンペン:マリス [Malis]

訪問:2015/6/14 12:20
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
Amok Fish & Prahok Ktis
▲ピックアップ写真:注文した料理2品

実質初日のランチは、トリップアドバイザー2位(クメール料理では1位)に付けていたこの店に出かけてみた。
Livingをどう解釈するのかは判断が難しいが、「Living Cambodian Cuisine」を標榜している店だ。(たぶん「現代カンボジア料理」というニュアンスだと思うが、現地日本語紙では家庭の味と掲載されていた)

地球の歩き方にも掲載されていたが、「メニュー数が少ない」とか「高い」と悪意を感じる記述で、この店で食べた訳でもなく取材姿勢もいい加減である執筆者が担当したことは、店のHPに掲載されている価格付メニューを見れば証明できる。

実際、雰囲気は微妙ながらもサービスはもちろん、料理の品ぞろえだけでなく質という点で見ても、今回の旅ではダントツだったのだ。値段も他の観光客向けの店と大差はないだろう。格の違いから、むしろ割安感を感じた。

入口 ゲートをくぐると

中を伺うことができない立派な入口を入ると、いきなり正面に像のお出迎え。
両脇にテーブルがセットされていたので、夜はここまで客で埋まるということだろうか?

屋外席 室内席

客がほとんど入っていなかったのは想定外だが、外でも中でも良いというので冷房の効いている室内に案内してもらった。
後から次々と客がやってきたので、カンボジアの日曜日のランチタイムとしては時間的に早すぎたのかもしれない。

お通しはサービスだった

席に着くと、メニューと共に一口フレッシュジュースと漬物みたいなものが出てきた。
冷たいおしぼりも出してくれる。さすが高級店。

当然サービス料を取るだろうと思っていたが、最後の伝票を見るとサービス料を取っていなかった。つまり、完全無料のアミューズだったのだ。(その代わり税抜表記だったけど、メニューに明記されているので問題ない)

分厚い冊子状のメニューだが、最初に文字だけの一覧が掲載されている。(その部分を最後に掲載した)
これでは分からないなぁと思ってページをめくると、各料理の写真付メニューが続いているという構成だったので一安心。

後で気づいたのだが、HPに同じものが掲載されているので、現地でメニューを渡されてから選ぶよりも、事前にHPからPDFをダウンロードして写真を見ながら検討しておいた方が良いだろう。
料理に記号番号が付いているので、注文もそれを指定すれば良いだけだから、英語を話すのが苦手という方でも大丈夫だ。(読めないと話にならないが・・)

Amok Fish
[ST2] Amok Fish(US$7.70)
Traditional dish made with goby fish fillet resting on lemongrass curry paste and steamed in a banana leaf basket


1皿目は、クメール料理定番のアモック。
竹製の船の形をしたトレーに、同じく竹製の小鉢風の皿が3つ乗っている。

アモックのアップ

昨晩の店はほとんどタイカレーだったが、こちらは本来のアモックの製法通り、蒸して仕上げてある。
ソース部分が少なく、薄切りや角切りにされた魚がほとんどいう構成で、非常に美味しい。
汁状のソースだったらカレーと同じだが、蒸し上げて仕上げてあるタイプだとソースは固まっているのだ。

魚のブロックが見えるように 個々の器は葉っぱで作られていた

英文説明には書かれていたが、それに気づかず器が小さな葉っぱを丁寧に組み上げて作られていた点にも驚かされた。
何かの香草かと思って少しいただいてしまったが、バナナの葉ということらしい。バナナの葉で、これだけ小さなものとなると、そうは手に入らないだろう。(たぶん違う葉っぱだと思う)

Prahok Ktis
[CP1] Prahok Ktis(US$8.25)
Preserved fermented fish that is at the heart of many traditional Cambodian dishes. Made with minced pork, kroeung and coconut milk served with fresh mixed vegetables


もう一皿は、Prahok Ktis という料理。
これも、検索してみると画像がたくさんヒットするクメール料理の代表的なものらしい。

大量の野菜といっしょに

付けあわせの野菜は、凝った籠に盛られて出てきた。
茄子と巨大キュウリとキャベツ、人参、インゲンは判別できるだろうが、それ以外に青トマトのスライスと青マンゴーのスライスも加わっている。

検索画像を見ると、ほとんどがたっぷりの野菜と共に写っていたので、これがお決まりの供し方のようだ。

Prahok Ktisライス

キーマカレーのような硬めのペースト状のものと生野菜をどうやっていただくのか分からなかったので、例によってカレーライスならぬ Prahok Ktis Rice にしてみた。

このペースト状の味のベースは、kroeung というスパイスミックスを指すようだが(☞ wiki(英語))、インドカレーやタイカレーのような辛さはほとんどなく、これぞスパイス!っていう独特な味わいのあるものだ。
クメール料理は意外に奥が深い。

Banana Pancake
[D2] Banana Pancake(US$3.30)
Fresh banana wrapped in a light pancake batter and served with mashed banana in coconut milk


クメール料理のデザートと言えば、パンプキンプリンだが、パンプキンブリュレしか置いていないとのこと。
仕方なく、バナナのクレープ包みみたいなものを選んだわけだが、これは微妙にハズレたかも?

クレープの底の部分が見えるとおり真っ黒に焦げるほど固まっていて(不思議に焦げた味は強くなかった)、ナイフで切るのも苦労するほど食感的に悪いものだったのだ。

バナナパンケーキの断面

例によって断面写真だが、その硬く焦げた部分がなければ、かなり美味しかったかもしれない。
恐らく加熱用の青バナナを使っているのか、程よい甘さの糯米で酸味のあるバナナを包んである。

別添えのグラスに入っているココナツミルクの中にもタピオカの他に、この酸味のあるバナナの乱切りが加えられていた。

以上で、コーラ代も含めたお会計は US$21.67
支払った金額以上の料理が出て来るし、サービスも洗練されているとは言い難いが当地ではほとんど無いであろう高級店らしいもので、大満足の店だった。

プノンペンで屋台飯を食べても台湾のような感動が生まれるとは到底思えないことから、物価の安い国では高級店狙いで食べた方が満足すること請け合いという典型店と言えると思う。お勧めします!

※メニュー(HPにPDFで掲載有):ビジネスランチ総覧①

【詳細情報】
店名:Malis
電話:023 221 022/012 342 555
住所:No.136 Street 41, Phnom Penh
GPS:11.553168, 104.928967

関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>