« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/Saint-Jean-Pied-de-Port:Les Pyrénées (Firmin Arrambide)

訪問:2015/5/9 12:00 ミシュラン1つ星店 (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
いよいよ実質最終日。国境を越えてフランスに戻ってきた。

対岸のアンダイエ[Hendaye]のビーチから海沿いに走り、サンジャンドリュズ[Saint-Jean-de-Luz]から山バスクに入って、ラ・リューヌ[La Rhune]の登山鉄道(☞ フランス観光開発機構)に乗ろうという企みだったが、標高900メートルの山頂は雲の中。
諦めて、山バスクの中心地であるサンジャンピエドポー[Saint-Jean-Pied-de-Port] に向かった。

外観正面 テラス席

城壁歩きを終えてから向かったのは、当地唯一のミシュラン星付店だ。
インフォメーションの道向かいにあるホテルの1階にある。

スペインだと早すぎる時間だが、予約していないのでとりあえず正午に店に入ってみたら、まだ開店時間前の慌ただしさがあったものの(つまり、サービス体制が整っていなかったということ)、席に案内してくれた。

店内窓側席(正面がインフォメーション) テーブルセッティング

地方のミシュラン1つ星店は比較的リーズナブルな価格設定だが、この店は 42€~110€ の3種類のコース(ムニュ)が用意されていた。

お願いしたのは、もちろん最安値の Menu Terroir(€42.00)
アルコールが飲めないといったら、食堂みたいにピッチャーに入った水を持ってきてくれた。

無料の水

そうか。星付店でも無理に有料の水を頼まなくてもいいんだ。(相変わらずケチ! というか、有料の水を頼む隙を与えてくれなかったのだ)

塩・胡椒 エシレバター

水といっしょにやってきたのは、皿に入れられた塩胡椒。
ANAのビジネスクラスみたいな出し方(例えば、2014.9のパリ⇒成田)をされたのは初めてだ。
それと、高級フレンチなら定番のエシレバターもいっしょ。

アミューズ

アミューズはご覧の通り。
メニュー記載が無く、案内が英仏ちゃんぽんでよくわからないが、左のカップの緑はアスパラのスープの緑だ。
まあ、とても一つ星という料理では無いと思った記憶は残っている。

パン

パンは2種類。
左のチーズパンはイマイチだったが、右のパンはエシレバターといただくと最強!

追加のパン

あまりにも美味しいので、追加をお願いしてしまった。

Le bouillon mousseux d'asperges vertes
Le bouillon mousseux d'asperges vertes, royale de foie gras de canard, jaune d'œuf en beignet
Creamy stock of green asparagus, duck liver royale, york egg fritter


2択の前菜は、家内も私も当然のごとくフォアグラをチョイス。
フォアグラって頼んだら、スープだけど良いかと聞き直されたのだが、後で納得した。
上の写真は完成品だが、出てきた時はエッと驚かされた貧相な皿だったのだ。

出てきた直後の皿

いわゆる前菜盛り合わせ的な皿だったのだが、見た目が美味しそうでなくて意気消沈していた。
期待のフォアグラも見えないし・・

アスパラスープを投入

ところが、後からたっぷりのアスパラソース(スープ)を持ってきたのだ。
写真を撮っていたから手を付ける前だったが、ソースをかける前に手を付けていたらどうするんだろう?

供された時に料理の説明(英仏ごちゃまぜ)とフランス語で何か言われたのだとは思うが、英語ならともかくフランス語だと分からない。
まあ、無事完成品になってからいただくことが出来たので良かった。

中央の卵のフライ 卵のフライの中身

皿の中央に乗っているボール状のものは、卵黄だけを揚げたもの。
中身は生なので、生卵が苦手だと厳しいかもしれないが、崩してアスパラソースと混ぜていただくと美味・・の訳ないか。単に面白いだけだった。
それにしても、フォアグラはどこにいたのだろうか?

メインは2択。今度は家内と別々のチョイス。

Blanquette d'agneau de lait des Pyrénées
Blanquette d'agneau de lait des Pyrénées, petits épeautres façon risotto, légumes de printemps
Lamb's blanquette, spelt, spring vegetables


私はもちろん羊肉だ。ピレネー山脈の羊ということで、ご当地料理。
羊肉にクリーム色のソースというのは、あまり見たことが無い斬新な感じがしたが、この店は古くからの郷土料理をウリにしている店なので、フランスバスク料理ということだろう。

で、お味はというと、羊肉の主張がまったくない(仏語翻訳をかけると、哺乳子羊となったので納得)柔らかな肉質。これなら、意外にサッパリとした味わいのクリーム系ソースでも合う。

Le filet de merlu de ligne sauce verte
Le filet de merlu de ligne sauce verte, petits artichauts, caviar de poivron, pomme de terre confite, chipirons grillés
Panfried hake filet with green sauce, artichokes, potatoes, squids


羊肉や羊ミルクがダメな家内は、必然的に魚料理の選択。
これも、4日前のパラドール レオンで食べた生臭い魚料理を連想するので嫌がっていたが、仕方ない。

別皿のマッシュポテト

結局半分ぐらい残して皿を私によこしたのだが(煩いマナー本ではご法度の行為だが、観光地のホテルレストランなら気にすることは無い。要はミシュラン星付レストランでもピンキリということだ)、別皿のマヨネーズあえのマッシュポテトと合わせて完食。
パンもお代わりしていたので、ちょっと食べすぎた。

デザートと小菓子

お次はデザートのはずだが、メニューでは最後に記されている小菓子と合わせて出てきた。
やっぱり、このパターンは意外に多いんだな。特に高級店での遭遇率が高く、お茶のお供ではなくデザートのお供みたいな出し方をする。
日本でも高級店で高いコースを頼むとデザート2皿というケースが多いので、デザート2皿の代わりなんだろうか?


Les madeleines tièdes sur fondue d'abricot confit
crème glacée à la vanille Bourbon マドレーヌの断面
Les madeleines tièdes sur fondue d'abricot confit, crème glacée à la vanille Bourbon
Warm "madeleines" on candied apricot jam, <> vanilla ice cream


メインのデザートは、温かいマドレーヌと「Bourbon」というメーカーのバニラアイス。
温かいマドレーヌというのは馴染みが無いせいか、イマイチな印象だが、アイスクリームは普通に美味しい。
このアイスクリームのブランドを調べてみると、大きなホームパックを売っているようなメーカーのようだが、日本のその手のアイスクリームとは随分と違う感じ。(日本のは不味いという意味)

Les petits fours maison
Les petits fours maison

デザートよりも、こちらの小菓子の方が良かった。
と言っても、見た目通りのものなんだけど・・

お会計

以上でお会計。
ミシュラン1つ星ではあるものの、私の基準による★5つは無理という判断。
ただ、昨年夏のIvan Vautierよりは安くて満足度が高かったので、★4つということにした。

※メニュー:コース①前菜・メイン①②、チーズ・デザート

【詳細情報】
店名:Les Pyrénées
電話:05 59 37 01 01
休業:11/11~28、1/5~2/6
住所:19 Place Charles de Gaulle, 64220 Saint-Jean-Pied-de-Port
GPS:43.163330, -1.237608


今日のルート by 旅レコ← 今日のルート
(地図をクリックすると、大きな地図が開きます)

お腹いっぱいで夕食はとても無理とパスしたことから、9泊11日のスペイン&フランス旅行はこれでおしまい。恒例の旅の費用をまとめておこう。

家内と出かけているので総額の半分で表示してあるが、昨年のGWスペイン旅行と同じ日数でほぼ同額となった。
GWのスペイン旅行は、天気は運しだいだが、日が長くて気候的にも良く宿代もリーズナブルなので、非常に安上がりで楽しめる。来年のGWも3年連続でスペイン旅行になるかもしれない。

往復航空券: 134530円
  (成田<>パリ<>ボルドー、11145マイル獲得)
現地宿泊費: 60401円
  (€562.02/9泊、うち2食付4泊)
現地交通費: 20249円
  (€188.41)レンタカー&燃油・高速・駐車場
飲食雑費等: 20845円
  (€193.46)施設入場料等を含む
国内交通費:  2826円
旅費合計:  238851円...2人で約48万円
  (円高時調達の外貨で107.47円/€ 換算)
 
 

【サン・ジャン・ピエド・ポー[Saint-Jean-Pied-de-Port]の風景】

▲旧市街へのゲートをくぐった正面にある教会


▲左:その道を登って行くと  右:丘の上の城塞に上がれる


▲城塞に登るルートは、ほかに城壁沿いのこの道と・・


▲反対方向となる教会の裏側端にある門から入って階段を登るルートがある


▲急勾配の階段を登って行く城塞跡は、入場不可の大学校舎。景色しか楽しめない。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:南チロル周辺/イタリア
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台南: 蜂橙複合式餐飲(原泡卡芙・禮物水果)② 2017/06/25
台湾/台南: 龍興冰品店 2017/06/24
台湾/台南: 家鄉八寶冰② 2017/06/24
台湾/台南: 麗都大冰果③ 2017/06/23
スペイン/バレンシア[Valencia]: Casa de l'Orxata 2017/06/22
スペイン/バレンシア[Valencia]: Bar la Lonja 2017/06/21
スペイン/バレンシア[Valencia]: ナバーロ[Restaurante Navarro] 2017/06/20
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒マドリード(MAD) 2017/06/19
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:成田(NRT)⇒ドバイ(DXB) 2017/06/18
ミニ情報:エミレーツラウンジ [The Emirates Lounge]@成田空港 2017/06/17
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ専用レストラン2軒を比較 2017/06/16
台湾/高雄・三多商圏駅:南豐魯肉飯(南豊魯肉飯)③ 2017/06/15
台湾/高雄・巨蛋駅:芒果好忙⑤ 2017/06/15
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉珍⑤ 2017/06/14
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店)② 2017/06/14
台湾/台南: 赤崁担仔面[赤崁擔仔麵](Chih Kan Dan Zai Noodles) 老店 2017/06/13
台湾/台南: 亞德當歸鴨 2017/06/13
台湾/台南・民族路三段: 鐵路便當 2017/06/12
台湾/台南:裕成水果店⑤ 2017/06/12
台湾/台南: 泰成水果店 2017/06/11
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>