« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペイン:Parador de Cangas de Onís (Monast San Pedro de Villanueva)

訪問:2015/5/6 20:30
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
今日のルート by 旅レコ← 今日のルート
 (地図をクリックすると、大きな地図が開きます)

オビエド[Oviedo]観光を終えて、今日の宿のあるカンガス・デ・オニス [Cangas de Onís] という村にあるパラドールまで直行。

お隣のカスタニェラ[Castañera]という街までは、オビエドから明日の目的地の一つであるサンタンデール[Santander]を結ぶ鉄道が通っているが、駅から5Km離れているので車でないと厳しい立地だ。

この付近には城のパラドールが無い事から修道院タイプのパラドールを選んだのだが、ここでも元修道院部分を使った部屋はわずかで、スタンダードの部屋は増築した真新しい建物にあった。

このパターン、ポルトガルのポザーダでは少数派だが(例:Castelo de Óbidos)、スペインのパラドールでは非常に多い。特に予約サイトや代理店経由で予約する場合は新館側になってしまう事が多いので要注意だ。(部屋数の少ないカテゴリの部屋は、直接予約以外受け付けないことが多いからだ)

で、我々はパラドール会員「Amigos」の特権を受けるためにも、常に公式サイトからの予約。
上位カテゴリの部屋を予約すれば、昨日はじめて経験したパラドール レオンのような事にはならず、狙い通りの建物にある部屋を割り当てられるのが普通だ。

修道院跡の旧館側建物
▲修道院跡の旧館側建物
新築された新館側建物
▲新築された新館側建物(右奥が旧館で地上と地下にある連絡通路で結ばれている)

まずは、Amigos会員向けの無料サービスであるドリンクをいただきに、バルに出向いた。
このパラドール、バル(カフェ)は元修道院側の建物内にあるが、「Cheese Bar」という名称が付いていた。

チーズのディスプレイ Cheese Bar

店頭にはチーズが飾られていたし、専用のチーズメニューには、チーズ単体10種類だけでなくチーズを使った料理が並んでいる。
パラドール併設のバルで、こんなメニュー構成を持った店は初めてだ。

白ワインとコーラ おつまみ

ドリンクはアルコール(ビールかワイン)も可能で、家内は白ワイン、私はいつものダイエットコーク。
おつまみは、ごく標準的なナッツとあられの盛り合わせだった。
テーブルに「EAT CHEESE」なんて書いてある立札が置かれていたので、チーズも頼むべきだったか・・

レストラン 窓側席

レストランは新館側にあり、営業は20:30から。
南部のパラドールは20:00という店もあったが、ほぼ共通だろう。

開店と同時に行くと、どこでも好きな席にどうぞということで、明るい窓際の席を確保。
GWの欧州旅行だと日が長いので、夜8時半でもご覧の通り。
宿代も一般的に安いし、気候的にも暑くも寒くも無いので、GW旅行は欧州にすることをお勧めしたい。

2食付での宿泊は、金額の記されていない専用メニューだった。
英語版しか見せていただいていないのでメニュー表記は英語のみとなるが、日本に入ってくる料理名は現地語が一般的なことから、現地語版が無いと分かりづらい。

テーブルセッティング パン(選択制)

まずは、パンがバスケットでやってきた。
ポルトガルだとそのまま置いてくれるのだが、スペインはその中からひとつだけ選ぶ形式。

アペタイザー

アミューズは(Welcome Appetizer と表記されていた)、ちょっとがっかりな感じ。
オリーブにニンニクとパプリカのピクルスが加わっているのは初めてかもしれないが、一番主張しているのがパパドみたいな薄いパンの類。

ピクルス サーモンとオリーブ

右端にちょこんと2つ乗っているのは、ダイス状にカットされたスモークサーモンの上に、時々見かける変わったオリーブの実を乗せて爪楊枝で刺したもの。小さすぎて味わいなんて無い。

The pot of San Pedro
The pot of San Pedro (cooked done as in the abbey)

前菜は4択。郷土料理ラブの私が狙っていた料理を家内に取られてしまった。
ご覧の通りポルトガルの煮込料理よろしく鍋で供されたので、私もお裾分けをいただけた。

The pot of San Pedro

このパラドールの名称(修道院名)の入った料理だが、どうも昔ながらの製法で作っている料理のようだ。
じゃが芋中心のパプリカ風味のシチューという感じだが、芋が美味しいのか結構行ける。

Warm Salad
Warm Salad with caramelised pear, crispy bacon and La Peral Cheese

第二候補にしていたのが、温かいサラダ。
サラダが目当てでは無く、先ほどのバルでチーズの名産地らしい事を知ったことから、La Peral Cheese と記されているチーズもご当地のチーズだろうと狙った訳だ。

軽い味わいのブルーチーズという感じで、この手のサラダではお決まりのゴートチーズに近い感じだったが、家内はほんの耳かき程度の量を食べてダメだと言うので羊か山羊のチーズだろう。(私には判別できない)

メニュー表記の通りサラダもちょっと変わっていて、カットされた洋梨の水煮がたっぷり入っていた。
全体のお味としては、まあ普通というところか。感動は無い。

Hake Fillets with Cider and White Clam Sauce
Hake Fillets with Cider and White Clam Sauce

メインも4択。昨日の魚料理に拒否反応を起こした家内が肉料理を選択したので、私は魚料理にしてみた。

見た目が中華料理みたいな皿が出てきたが、赤い色はやはりパプリカの色のようだ。
ハマグリ系の貝の出汁とシードルを合わせたソースでいただくわけだが、出汁よりも塩辛さが気になるソースでイマイチ。

魚自体は、昨晩の生臭さを感じるものと違って真っ当だっただけに、ソースが残念だ。

Young Beef Entrecote with Monasterio
Young Beef Entrecote with Monasterio de Corias red wine reduction

家内は、仔牛肉の赤ワインソースをチョイス。
例によって縦置きに供された皿には、茄子とズッキーニがたっぷり盛られていた。
赤ワインソースは別皿というのは、野菜側に吸われてしまわない配慮だと思いたい。

これも少し味見をしているが、仔牛肉の産地であるガリシア州の Parador de Cambados でいただいた仔牛肉よりも肉の旨味があって、はるかに美味しい。
塩胡椒だけでなく、ソースが加わることで肉の味が引立てられていた感じ。

Nougat Cake of Villaviciosa
Nougat Cake of Villaviciosa

デザートも4択。
またまた家内に取られてしまったのが、こちら。
フランスのヌガーグラッセが大好物なので、ヌガーという文字に反応したのだが・・

Nougat Cake

もちろん味見はしているのだが、ヌガーグラッセとはまったく違うものだ。
クリームの入っていないミルクベースの粉っぽいアイスクリームとでもいおうか、どこかで食べた記憶のある食感。

Peñasanta Icecream Peñasanta Icecream の中身を上から
Peñasanta Icecream

消去法で残ったのが、どこかの地名か固有名詞の付いたアイスクリーム。
パフェ用のグラスに入ってきたので、パフェのような軽いアイスクリームだと思っていたら、かなりヘビーなものだった。
写真では分からないと思うが、結構な量があるので完食するのに苦労してしまった。

※メニュー:ハーフボードのディナー専用メニュー(英語版)アラカルト安価コース


今回は4カ所とも会員専用の2食付キャンペーン「GASTRO PACKAGE AMIGOS」で予約していたので、朝食の皿も紹介している。
この日は、午後3時にサンタンデールのミシュラン1つ星店をネット予約してあったので、控えめに。







【詳細情報】
店名:Parador de Cangas de Onís
電話:985 849 402
営業:13:00~16:00、20:30~23:00
住所:Villanueva de Cangas, 33550 Cangas de Onís
GPS:43.365664, -5.151091(正面ゲート)、43.366775, -5.151026(フロント入口)


訪問したパラドールのレストラン レビュー一覧
 

【カンガス・デ・オニス [Cangas de Onís] の風景】

▲パラドールから3Kmほど離れた街の中心


▲周辺を歩いてみたが、石橋以外に見どころと言えそうな場所は無かった


▲パラドール周辺の集落には、独特な柱を持つ古い小屋らしき建物がいくつか残っていた
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>