« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペインの古城ホテル:Parador de Olite [Parador Príncipe de Viana]

訪問:2015/5/3~4 (Room Type: SUPERIOR TWIN(No.109)、€166.40/2名2食付)
評価:総合★★★★☆、味★★★★☆、サービス★★★★☆、雰囲気★★★★☆、CP★★★★★
宿泊:総合4.0、予約個室4.0、建物全体4.5、サービス4.0、CP5.0
オリテ宮殿城全景

未走破2州目はナバラ州[Navarra/Nafarroa]。(☞ 今日のルート
バスク語表記のナファロア州という名もある通り、スペインバスクを構成する州のひとつだ。

オリテ[Olite/Erriberri]という街に城(Palacio-Castillo Primitivo de Olite)のパラドールがあることを発見し、古城好きの我が家の宿は即確定した。ちなみにエリベリ[Erriberri]は、オリテのバスク語表記名だ。

それにしても、2食付の1ランク上の部屋が1人当たり12000円もしないのだから(€83.20)、パラドールの価格設定は戦略的だ。フロントに掲げられている料金はピークシーズン扱いでかなり高額だったので、早めに予約することをお勧めしたい。

なお、今回の旅行記(?)の後に、パラドールの予約方法詳細をポルトガルのポザーダと同じように(☞ ポルトガルの歴史的建造物を利用したポザーダを賢く予約する方法)まとめたいと思っている。恐らく6月上旬頃の登録になると思うので、期待していただきたい。

【インデックス】
直営レストランのディナー
朝食の紹介
泊まった部屋の写真
パラドールの外部&内部写真
オリテ宮殿城[Castillo o Palacio Real de Olite]の風景
[参考] 訪問したパラドール一覧
[参考] 宿泊した古城ホテル・シャトーホテル一覧

毎度の楽しみであるパラドール会員(Amigos)特典の無料ドリンクには、おつまみ無しだった。
時々美味しいオリーブ等が出て来るので楽しみのひとつでもあるのだが、おつまみ無しは過去10軒中2軒目。

ということで、早速ディナーの紹介から始めたい。
ちなみにディナーの開始時間は、この後の3軒も含めてすべて20:30だ。
朝食は11:00までなので、パラドール到着後の無料ドリンク(アルコール可)をいただく時間も考えてうまく利用しよう。
  

ダイニングルーム テーブルセッティング

パラドールを2食付で予約した場合は、通常のコースメニュー からの選択となる。
ここでは、OUR SPRING MENU(€29.00) が該当した。

アミューズ

パンが出てくる前に、いかにも揚げたてですよっていう感じのフレンチフライとオリーブがアミューズとして出された。
このフレンチフライの出し方、過去見たことなかったが、この後2軒目のレオンのパラドールでも他のテーブルで出てきていたのを見ているので、最近パラドール全体で取り入れたのかも?

揚げたて感を出す演出だとしたらつまらないが、この時は揚げたてだった。

パン

パンは2人分をバスケットに入れて出してくれた。バスクのパンは美味しいという前例通り、非常に美味しいパンだ。
バターではなくオリーブオイルという点では残念だが、パラドールのオリーブオイルは拘りのあるものを出しているようで、これまたパンが進んでしまう。

次は前菜 [Starters](€12.00/アラカルト)だが、選択肢が9種類もあるうえに、6種類はハーフポーションで2皿選べるという素晴らしいサービス。
他のパラドールでは経験したことが無いこのサービス、もちろん2皿選んで楽しむことにした。

Warm Olite fresh asparagus
Warm Olite fresh asparagus with 2 sauces

家内と私が一致して頼んだのが、地元オリテの特産であるホワイトアスパラガス。
大きさはまちまちだが、たっぷり4本。縦置きは欧州一般だとしても、で穂先を手前に置くのも欧州流?

さすが産地とあって、抜群の美味しさ。
高級フレンチで出てくるような太さは無いし、フランスと同様に日本人的にはやや茹ですぎ感も無きにしも非ずだが、アスパラガスの味の濃さは日本で食べる輸入ものとは明らかに違う。

2 sauces

2種のソースでいただくとの案内だが、左の辛くないサルサソース風は、どうやって付けるのだろう?
カットしたアスパラといっしょに、スプーンで口の中に放り込んで合わせるとか??

それよりも、定番のマヨネーズが決まっていた。
酸味のほとんど無い、まろやかなマヨネーズ。
スペインだとアリオリソースが定番だと思うが、自家製マヨネーズという感じだ。

Raf tomato with iberian ham & caramelised goat cheese
Raf tomato with iberian ham & caramelised goat cheese

もう1皿、私が選んだのはハムとチーズの盛り合わせ。っていうか、「Raf tomato」というトマトがメインみたいだ。
古き良き味のあるトマトという感じで、形状もかなりいびつなもの。
しかし、これがハーフポーションとは、嬉しいボリュームだ。

サラダで定番のゴートチーズも両面をキャラメルでコーティングしてあり、手をかけているだけでなく意外な美味しさだ。

Young leek & asparagus soft creams
Young leek & asparagus soft creams with breadcrumbs

家内が選んだもう1皿は、アスパラガスのスープ。
メニューにはアスパラガスのソフトクリームとあったので、どんなものかと思いきや、ポタージュスープだった。

家内が一口飲んですごく味が濃いって言うので味見してみたが、感動するほどアスパラの味が濃厚。
この時期にナバラ州に来たら、アスパラは必食だ。

メイン [Main Courses](€18.00/アラカルト)の選択肢も多くて、全部で10種類の中から選べる。

Magret puff pastry with red berries sauce & duck mousse
Magret puff pastry with red berries sauce & duck mousse

私が選んだのは、フランス料理ではおなじみの食材であるマグレ鴨。
ベリーソースというところが、なんとなく北欧(フィンランド)料理という感じだが、どうだろう。

トッピングのムース

トッピングの duck mousse は、あわよくばフォアグラのムースではないかという期待に反して、味の薄いレバーペースト、いやペーストよりも軽い感じの薄くカットしたプリンみたいなものだった。

マグレ鴨をアップ

そのムースを除けて、マグレ鴨本体が見えるように撮った写真がこちら。
焼きすぎて硬くなってしまっているのが見ただけで分かるのだが、食感もその通りで硬い。
お味の方も、マグレ鴨の癖は認識できたものの、期待外れに終わってしまった。

Grilled sliced iberian head loin with sliced potatoes
Grilled sliced iberian head loin with sliced potatoes

家内は、イベリコ豚をチョイス。
これも硬いとの話だったが、味見していないのでノーコメント。

デザート [Nuestros Postres](€5.00/アラカルト)は9択。
本当に選びがいがあるというものだ。

White chocolate cake ??
White chocolate cake with strawberry sauce(??)

私はホワイトチョコのケーキを選んだつもりだったのだが、出てきたのは過去何度かいただいているチーズアイスクリーム風のもの。
イチゴのソースではなくホワイトチョコレートのソースだったが、これはこれで美味しい。

'Conferencia' pears in tempranillo wine sauce
"Conferencia" pears in tempranillo wine sauce & vanilla ice cream

家内は、名物らしい梨のデザートを頼んでいたが、こちらは失敗。
というのも、翌朝のバイキング台に同じデザートが乗っていたのだ。
私は何度かいただいているデザートで結構好みなんだが、家内の口には合わなかったようだ。

※メニュー:スペイン語版英語版の前菜・メイン同デザート・特別ワイン①②・その他飲料
  

朝食

お次は朝食の紹介だが、今回泊まった4か所のパラドールすべてを2食付で予約したので、充実した朝食を予想して昼は何も食べない方針だった。
ということで、ご覧のように盛りだくさんの内容でたっぷりいただいた。

ちなみに朝食料金は€16/人なので、夕食(€29/人)代を差し引くと純粋な宿代は €76.40/部屋 となる。
スペインの田舎の宿代は安いので、これだけ見ると決してお得感は無いのだが、クオリティが違うので激安と言っても良いだろう。バックパッカーには無縁だろうが、スペインへ個人旅行を計画する場合は、パラドール中心の旅程を組んでも楽しいと思う。このパラドールも、徒歩5分ほどのところに列車の駅があるので、レンタカーを使わなくても楽しめると思う。

炭水化物系

ハムとチーズ類

サラダとデザート系

【パラドール詳細情報】
名称Parador de Olite (Parador Príncipe de Viana)
電話:948 740 000
住所:Pza. Teobaldos 2, 31390 Olite Navarra
GPS:42.482044, -1.650369

 

【泊まった部屋(No.109)の写真】
ベッド ソファー
▲スタンダードルームは、正面入口左手にある新館側の部屋になるようだ。必ず Superior を予約しよう!

バスルーム 部屋の配置
▲左:バスルーム  右:城側の部屋の配置図

窓からの眺め(左方向) 窓からの眺め(右方向)
▲窓から城の内部が見える。宮殿城(Palacio-Castillo Primitivo de Olite)の見学者から部屋の中が見えてしまう。
 

【パラドールの外部&内部写真】
パラドール正面 パラドールの正式名称標
▲左:正面入口  右:「Parador Príncipe de Viana」が正式名称

横から全景 後ろから全景
▲左:正面全景(奥が新館)  右:後ろ側に回って撮ってみた












▲左:新館への通路  右:新館1階にバーコーナーがある
 

【オリテ宮殿城[Castillo o Palacio Real de Olite]の風景】
(☞ 案内版入城料・ガイドツアー案内掲示
パラドールに隣接するオリテ宮殿城は、内部展示の見ごたえは無いものの、ほぼすべての塔の上に登れるので登りがいというか歩きがいのある城だ。
入城料も€3.50と安いので、ぜひとも入って景色なりを堪能してほしいと思う。(全部回って登って1時間10分かかった)


▲城の入口に飾られていた全景模型


▲左:旧市街入口正面  右:城の入口(有料エリアはここから入る)








▲左:城からパラドールを見る(我々の部屋は、パラドールの塔の左に見える窓)


関連記事

テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner 2017/09/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>