« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

シンガポール/ウビン島[Pulau Ubin]:海味活海鮮 [Season Live Seafood]

訪問:2015/4/5 10:45
評価点:総合★☆☆☆☆★☆☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★☆☆☆☆
JGC修行(JALの上級会員資格を取得することを目的にした旅行)第三弾も、第一弾・第二弾とまったく同じ0泊3日の旅程。
これで無事目的のJGC会員入会資格を得ることになるので、体調を崩さないようにと数日前から警戒モードになってしまった。なにしろ、これをキャンセルしてしまうと同じルートの航空券を安く調達できなくなってしまうからだ。(2015/4発券分より変更された)

さて、今回は通算37カ国目になるレンタカーで僻地周りをしようと企んでいたのだが、バスで行けない場所は立ち入り禁止だったことや、僻地に魅力的な場所も無さそうだったことから方針変更して離島に行くことにした。
橋でつながったセントーサ島のことではなく、船で渡らなければ行けないシンガポール領のウビン島がターゲットだ。


▲ウビン島の地図(画像をクリックすると、大きな画像が開きます)

この島の存在は、10年以上前から愛読していた Ryoji's Home Pageウビン島旅行記で知ったのだが、スンゲイ・ブロウ自然公園とか(☞ こちら)、インドネシア領の離島やマレーシアへの越境を実践する際にも、このサイトを参考にしていた。(他の国の情報もコンパクトにまとめられているので、参考にしている)

外観

船着き場を降りると、海に面したレストランが目に入ってきた。
途中にもレストランぐらいはあるだろうと歩き始めたのだが、通り沿いは、ほぼすべて貸自転車屋だけで、レストランは皆無だった。これだけ観光客が来るのだから、せめて食堂ぐらいあっても良さそうなのに・・(カフェ系は何軒かある)

店内 海に面した一等席

朝飯も食べていないし、今にも降りそうな天気なので、様子見を兼ねてカフェではなくこちら入る事にした。みなさん自転車を借りていたが、雨合羽は持っていないしPCの入ったバッグもあるので、リスクを取ることは出来ない。

先客が1組いたが、どうも正規開店時間前だったようだ。そのおかげで、楽々海側の一等席を確保。
メニューを吟味した結果、まだ昼飯には早い時間なので、屋台料理でおなじみの牡蠣オムレツと海鮮ホッケンミーを注文することにした。屋台価格の5~10割増しだが、島唯一(?)の海鮮を名乗るレストラン故に仕方ない。

海鮮料理はメニューを見ての通りほとんどが時価表示だが、極めて印象の悪かった有名店「ロングビーチ・シーフード」と比べればカワイイものだろう。美味しいかどうかは怪しいけど・・

蚝蛋
蚝蛋(S$10.00≒890円/S)
Oyster Omelette


まずは、シンガポールだけでなく東南アジアから台湾までの屋台料理でおなじみの牡蠣オムレツ。
Sサイズでも台湾の3~4倍価格だから、少しは真っ当なものが出てくるかと期待していたのだが、ご覧の通り。

実は、シンガポールの牡蠣オムレツは2度も裏切られているので、悩んだ海老オムレツよりも値段が高い事から3度目の正直になるかと期待したのだが、台湾での最悪店よりも劣るものが出てきた。

台湾と違って小麦粉は入っていないようだが、卵はバリバリに揚げてある感じだし、タレ無しで食べさせるには(テーブルに何もないし、何も出てこなかった)、塩胡椒が多少加わっている程度で美味しくない。
食材的には卵と牡蠣だけだが、同じ材料で作られる日本のオムレツと比較できる日本人には、とてもお勧めできるものではないのだ。

牡蠣オムレツの中身

では、さぞかしたっぷり牡蠣が入っているのかと思えば、写真の通り。
比較的大きめのものが(普通にスーパーで買える広島や三陸産の牡蠣と同じサイズ)が4粒だけで、あとは台湾屋台で食べるものと同じサイズのものが10粒程度。

この牡蠣が曲者で、ちょっと臭かったことから危険を察知してしまった。
結果的に量が少なかったことと、生っぽい部分が無かったことから大きくお腹を壊すことは無かったが、それなりに反応してくれたので午後の行動は限られた範囲になってしまった。
シンガポールだったから良かったが、やはり赤道直下の国で牡蠣を選ぶのはリスキーだ。

海鮮福建面
福建面(S$4.00≒360円/S)
Seafood Hokkien Mee


主食は、シンガポール定番の海鮮ホッケンミーにしてみた。
残念ながらフライドではなく汁麺だったが、この見栄えで出してきた。

福建麺の具材

あまりにも見栄えが悪いので、中に隠れていた魚介類を表に出して撮影。
海老・貝類・イカのほかに、魚の切り身まで入っていたが、悪いと言うほどではないものの、やはり美味しくない。

ウビン島に来たら、こんなレベルの料理を高い価格で食べさせられることになるので、ウビン島に渡る前のチャンギビレッジ[Changi Village] のバスターミナルに隣接するホーカーズで食べてくることをお勧めしたい。
ウビン島に渡る前、豪雨で雨宿りしている際に食べようか悩んだのだが、中心部と比べて格段に安い価格設定には驚かされたので、シンガポールで長時間乗継が発生した場合は、試しに行こうと思っている。

※メニュー:麺飯類・前菜系魚料理・肉料理

【店舗詳細情報】
店名:Season Live Seafood [海味活海鲜]
電話:6542-7627
営業:11:00~19:00
定休:火曜日
住所:59E Pulau Ubin, Singapore
GPS:1.402666,103.969687

大きな地図で見る
 

【ウビン島(Pulau Ubin)の風景】 (☞ 公式サイト
あいにくの雷雨模様で、小康状態の時に船着き場を中心に周回する1.5Kmの「Sensory Trail」(☞ Sensory Trail at Pulau Ubin)だけ歩いておしまい。
未練はあるが、空港から行きやすいので来るチャンスはあるだろうと判断した。


▲左:メインストリート。って言っても、見える範囲でおしまい。ほぼ全部がレンタル自転車屋。
 右:こんな池がたくさんある(ここの近くの原っぱで、野生のイノシシの親子を見かけた)




▲ワイルドな自然環境だけでなく、花の種類の多さも楽しめそうな感じ


▲本土側の船着き場の裏側にチャンギ空港がある。


▲本土との間の海は、養殖場? 途上国にある水上生活者の街のような場所も見えたのは意外。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯③ 2018/07/20
台湾/台北・動物園駅: 悅餐廳@台北深坑假日飯店② 2018/07/19
台湾/斗六: 吳記肉圓 2018/07/18
台湾/台南: 聚福香古早味 2018/07/17
台湾/台南・大東夜市: 旗魚黒輪・無骨排肉酥・原木烤肉 2018/07/17
台湾/台南: 好地方蝦仁肉絲飯 2018/07/16
台湾/台南: 阿娟肉粽魯麵 2018/07/16
台湾/台南: 開春古早味 2018/07/15
台湾/台南: 友誠蝦仁肉圓 2018/07/15
台湾/台南: 永棋蝦仁肉圓 2018/07/14
台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店) 2018/07/13
台湾/高雄・市議會駅: (薛)富錦順小籠湯包② 2018/07/12
台湾/高雄・凹子底駅: 博義師燒肉飯 自由店 2018/07/11
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ⑤ 2018/07/10
台湾/台北・松江南京駅: 綠豆蒜啥咪② 2018/07/09
台湾/台北・迪化街: 枝仔冰城 台北大稻埕形象店 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: Mr.雪腐 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: 冰果天堂② 2018/07/07
台湾/台北・萬芳醫院駅: 芮比特 2018/07/07
台湾/台中: show 喫冰小棧 2018/07/06
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>