« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

シンガポール:黎記海南雞飯[Loy Kee Best Chicken Rice]

訪問:2015/2/8 09:45
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
黎記特別套餐
海南黎記特別套餐(S$7.50≒660円)
Loy Kee Special Set
(海南雞飯/海南チキンライス)

JGC修行(JALの上級会員資格を取得することを目的にした旅行)第一弾として、0泊3日でシンガポールに来ている。

2年前のANAの行為に腹を立て(☞ こちら)、2015年からJALに乗り換えると宣言したわけだが、有言実行だ。
実は、ANAのプラチナ資格が昨年欧州旅行に行きすぎたこともあって1年延びてしまい、来年3月までプラチナ会員資格があるのだが、昨年JGC修行をされた「散歩道 ~ANA tokidoki JAL~」の vino★ さんにいろいろと教えていただき、当初の計画通り今年からJGC(JALの上級会員制度)を目指すことにした。

シンガポール到着24:45なので、そのまま空港泊。入国カードにホテル名を書いていないと質問攻めになるのだが、またまた日帰りなのかと呆れられてしまった。入国管理官、日帰り訪問をやってる人は多いはずなので、いいかげん慣れても良いのでは?

今回のテーマは、シンガポール名物のチキンライス(海南チキンライス)の食べ歩き。
調べるのが面倒なので、おなじみシンガポールナビの「チキンライス」カテゴリに掲載されていた店から選ぶことにした。6軒候補にして1軒だけ店頭で却下したので都合5軒を訪問したが、台北ナビと違って取材がいいかげんなのと、一度調査したら更新することがほとんどないという運営なので、あえてリンクを張らないことにした。

外観 店内

1軒目は、Novena駅から徒歩20分とあったこの店。
7:30から営業と書かれていたのに、9:40に着いたときは開店準備中で待たされてしまった。やっぱりシンガポールナビはいい加減だ。(帰りは Boon Keng駅を目指して歩いたが、こちらの方が近くて高速道路を歩道橋で渡る一本道なのでわかりやすいと思う)

メニューチェックしたが、単品のチキンライスは存在せず、セットとなっている海南黎記特別套餐(S$7.50≒660円)を注文するしかないようだ。
ちなみに、メニューの価格表記は税別。当ブログでは、常に税サ込の金額で表示する方針なので、メニュー価格と異なることになる。

全体写真は最初に乗せたので、個々のセット内容を見て行きたい。

豆腐雞湯+雞飯
豆腐雞湯+雞飯
White Cabbage Soup + Hainanese Fragrant Rice


中国語では豆腐入りチキンスープだが、英語ではキャベツのスープ。
実際は両方合わせたもので、豆腐とキャベツの入ったチキンベースのスープで、アクセントにスライストマトまで入っていた。ちょっと化調の味を感じてしまったが、いたって普通のチキンスープという感じ。

ごはんの方には、しっかりチキンの出汁と塩味が効いている、正真正銘のチキンライスだ。
大き目の茶碗に山盛りという感じなので、この量で2軒はしごは厳しいかもしれない。といいつつ、今日1日で5か所でチキンライスを食べ比べてしまったけど・・

シンガポールでチキンライスと言えば中国の海南島のチキンライスを意味するので、日本のチキンライスと間違えないように。間違ってもケチャップライスが出てくることは無い。
それから、鶏肉本体を指す訳では無い点も注意したい。店によっては、チキンライス=鶏の出汁で炊いたご飯だけを意味することもある。

海南香滑雞
海南香滑雞
Fresh Chicken


これも英語表記はいいかげんな感じだが、一般的にはチキンライスとセットに付いてくる蒸すか煮た鶏肉だ。
この店のセットではスチームかローストを選択できるが、一般的にはスチームのみをチキンライスと称している。
煮た鶏肉だと硬くなるので、スチーム表記の店を選んだ方が良いだろう。(と言っても、実際は煮る工程も含まれていると思う)

トッピングを外した鶏肉

まあ、この鶏肉の食感が柔らかいか否かが大きな評価ポイントになるわけだが、見るからに柔らかそう。
でも食べてみると、思ったよりは柔らかくは無い。(ついでに、下に胡瓜のスライスが隠れているので上げ底だった!)
冷たいまま供されるせいか、自宅で胸肉料理を柔らかく調理する場合と同等。つまり普通という感じだった。

3種のタレと共に

肉の冷たさのせいか下味も感じることができず、3種のタレ(詳細はメニュー写真に載っているので割愛)に頼るしかない点も残念な気がしたのは期待が大きかっただろうが、今回5軒の店で食べ比べた結果、最後の店の水準を知ってしまうと優秀ということになってしまった。

白灼油菜
白灼油菜
Chinese Cabbage


セットには野菜炒めも付くのだが、これも英語表記は極めて不親切だ。
軽く湯通ししたチンゲン菜を軽く炒めたものだが、これが意外にも美味しかった。

サービス面では、中華圏ということで期待してはいけないが、冷房完備でレストラン仕様(外税表記に加え、S$0.30+のお手拭がデフォルトで出てくる!)の店と考えれば、かなりリーズナブルな値段だと思う。


▲メニュー(画像をクリックで、大きい画像が開きます)

メニューの左下に、今回頼んだセット内容について非常に詳しく掲載されているので、個人的な感想よりもそちらを見ていただいた方が良いだろう。
単に創業60年という歴史だけでなく、相当の拘りが見えてくる点でもお勧めできる店だと思う。

【店舗詳細情報】
店名:黎記海南雞飯
電話:6252-2318
住所:342 Balestier Road
GPS:1.324153,103.851726


※シンガポールのチャンギ空港から登録しました。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>