« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/嘉義:劉里長雞肉飯②

訪問:2015/1/11 12:10
評価点:総合★★★★☆★★★★★サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★★
切火雞肉
切火雞肉(NT$60≒230円)

2日目に阿里山森林鉄道に乗車出来てしまったので、3日目は台南に移動するだけ。
それだけではつまらないので、前回行き損ねていた嘉義公園の嘉義射日塔(入場料:NT$50)に行ってみようと、駅から3Kmほど歩いて向かった。

そこで改めて何かあると気づいたのだが、野球ボールを描いた「KANO参道」という標識や、道路上にも「KANO」の文字がたくさん。
そういえば、昨晩中央噴水池(日本語では、噴水サークルとか、噴水ロータリーという表現があるようだ)の噴水の上に、野球選手の像があった事を不思議に思ったことを思い出した。(☞ 参考写真

帰国後すぐに日本のニュース等でも「KANO」の文字が躍っていたので調べてみると、日本統治時代の嘉義農林学校が、夏の甲子園で決勝に進んだ時を題材とした台湾映画のタイトルだったのだ。(日本では「KANO 1931海の向こうの甲子園」というタイトルで2015/1/24から公開されるらしい)

店頭 雞肉飯≠火雞肉飯のポスター

それはさておき、目的の嘉義射日塔に登って嘉義市内の眺めを楽しんでから、前回嘉義での火雞肉飯食べ比べで一番気に入ったこの店に向かった。(☞ 前回2014/6/15の訪問レビュー
この店も、嘉義旅行マップに掲載されているので、地元での有名店なんだろう。

この店は、持ち帰り客の行列はあるものの、店内飲食客用の行列は無い。自分で空いた席(もちろん合席)を見つけてから、その席番号と注文する品の数量を書いて、店頭カウンターで先にお会計を済ませる方式。(メニュー兼注文票と価格は、前回掲載したものと同じだった)

あとは料理が届くのを待つわけだが、とにかく外帯客が大量に買っていくので、店内飲食客は後回しにされている雰囲気だ。今回の待ち時間は15分だったが、これでは席がなかなか空かないのも仕方ない。

座った席の横に、雞肉飯火雞肉飯は違うものだと大きくアピールしたポスターが貼られていた。
前回嘉義の火雞肉飯を食べ歩いたことから分かるが、確かにその通りだ。

火雞肉片飯
火雞肉片飯(NT$50≒190円)

前回は、火雞肉絲飯(NT$25≒90円/小)をいただいたので、今回は倍の価格の火雞肉片飯
違いは「絲」と「片」の1文字だけ。

見ての通り、大きなブロック肉が主張しているので食べ応えはあるのだが、丼飯としては安い火雞肉絲飯の方が合っている気がする。タレは同じだと思うが、漬物が邪魔だ。

切火雞肉
切火雞肉(NT$60≒230円)

こちらは、前回も頼んでいる切火雞肉
円安で一時期と比べて円ベースで5割増しの価格になっているのに、わずか230円と格安。
しかも、これが滅茶苦茶旨いのだ。ニンニクダレは控えめにして、肉の旨味を噛みしめて堪能したい。

火雞脚湯
火雞脚湯(NT$20≒75円)

もうひとつおまけに、火雞脚スープも頼んでみた。
写真は中身が見えるようにして撮ったものだが、お値段わずか75円というのに、この足肉の多さ。
実際の可食部は少ないが、出汁が良く出た美味しいスープだった。

ということで、嘉義に来たらこの店は外せないと思う。もちろん火雞肉絲飯と切火雞肉は、マストである。
ただし、営業時間が朝から昼までなので、その点だけは注意されたい。

【店舗詳細情報】
店名:劉里長鶏肉飯
営業:05:30~14:30  ← 営業時間注意!
住所:嘉義市公明路258號
GPS:23.479925, 120.454046


※過去の訪問
☞ ① 2014/6/15 11:30
 

【KANO(1931海の向こうの甲子園)関連の風景】(☞ wiki

▲中央噴水池のKANO像(臺灣本塁KANO精神 棒球原郷在嘉義 と記されている)


▲嘉義公園入口にある「球場倫理」も、KANOの精神を記したもの


▲KANO歩道路線図(KANOのトレイルマップ)


▲嘉義射日塔に向かう案内標識の下にも「KANO参道」の道しるべ。路上ペイントまであった。


▲ここが話題の球場なのかは未確認だが、嘉義射日塔から見た嘉義市立棒球場と市街地
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>