« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/阿里山森林鉄道:奮起湖大飯店

訪問:2015/1/10 12:40
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
奮起湖鐵路便當
奮起湖鐵路便當

2日目は、いよいよ阿里山森林鉄道の旅。
真冬の阿里山はやめておいて、嘉義駅と奮起湖駅の間を単純往復乗車するだけにした。

この阿里山森林鉄道、日本の大井川鉄道(1986年~)と黒部峡谷鉄道(2013年~)と姉妹関係を結んでいると、車体だけでなく車内のシートカバーにも派手に紹介しているので、日本人としては非常に親しみを感じる鉄道だ。

せっかくなので、この時の写真は別ブログ(R923Eの海外旅行メモ)で後日紹介するつもりだが、このブログはあくまで食べ歩きが中心なので、終点の奮起湖駅周辺で食べたものを紹介しよう。

外観 大看板

最近の台湾旅行ではガイドブックを見なくなっているし、阿里山森林鉄道の旅行記もほとんどないことから、何も情報なしの状態で周辺を歩いたのだが、見つけたのが店頭に大きな看板を掲げたこのホテルだ。
何でも、歴史ある駅弁を提供しているというのだから、食べるしかないだろう。

店内 受け取ったもの一式

入口を入ると左手になんだか分からない展示があったが、弁当売り場は左に進めとあるので向かってみると、ありました。駅側から直接向かえば弁当売り場側の入口から入れたのだが、阿里山鉄道の車庫を見てから向かったので逆から入ってしまったようだ。(でも、そちらの方が正式な店=ホテルの入口になる)

メニューは、この弁当だけ。
外帯用(100元)は普通の弁当でスープは付かず、内用のが昔ながらのアルマイト容器に入った弁当だ。
他に、松の木で作られた外帯用弁当箱(400元)も用意されていた。

奮起湖鐵路便當(内用)
奮起湖鐵路便當(内用/NT$120≒460円)

スープはセルフサービス。
この細竹入りのスープも当地名物らしく他のレストランでも必ず見かけたが、この段階ではそれほど興味が無かったので具をほとんど取らなかった(≒取れなかった)。
特に変わった風味も感じなかったので未練はないけど、これが20元もすると考えると、しっかり具を取るべきだったか・・

弁当の上は、よく煮込まれて味わいのある骨付き鶏肉(火鶏肉?)と豚(猪肉?)がぎっしり。
昨年、集集線の終点である車埕駅近くで食べた山間の名物弁当「木桶便當」と比べたら、ほぼ同価格で肉の美味しさは格別。雰囲気もある。

奮起湖鐵路便當の肉の下の具材①

肉の下にもしっかり具材が隠れているのは、台湾の駅弁共通項。
こちらは、柔らかな筍と沢庵みたいなもの。沢庵は好きじゃないなぁ・・

奮起湖鐵路便當の肉の下の具材②

標高千メートル以上の山間部らしく、山菜もしっかり入っている。
赤いものは何か不明だが、甘いもの。台湾人は甘いものがお好きなようだ。

以上、派手に宣伝している駅弁にしては、味は良いし内容も観光地と考えれば良心的。
この店以外にも弁当を売る食堂を何軒か見かけたが、どうせなら本家のものを食べることをお勧めする、

アルマイトの弁当箱は当然だろうが、スープを入れる硬質の紙製(?)の碗も回収対象なので、食べ終わったら指定の回収箱に入れるのを忘れずに。

そうそう、店を出たら2階がセブン・イレブンだった。店番がキリ番だったのは、何か意味があるのかも?
奮起湖鐵路便當と題した握弁(おにぎりの巨大パック版)を台南のセブン・イレブンで見かけたので食べてみたが(39元)、本家の味には遠く及ばなかったことも書いておこう。

メニュー

※台南のホテルから、7-11の奮起湖鐵路便當握弁を食べながら登録しました。

【店舗詳細情報】
店名:奮起湖大飯店
電話:05-256-1888
住所:嘉義県竹崎郷中和村奮起湖178-1號
GPS:23.505244,120.695588

 

【阿里山森林鉄道 奮起湖駅の風景】

▲奮起湖駅ホーム(右が週末のみ運行の阿里山3・4號、左が毎日運行の1・2號)


▲左:ホーム奥側駅舎前から  右:ホームから見た駅舎標


▲左:ホームの駅名標  右:案内表示に日本語がある(日本人は一人も見かけなかった)


▲左:山側から駅を拝む  右:線路は続くが、この先は災害運休中


▲左:先に見えるのは阿里山森林鐵路奮起湖車庫  右:公開時間(ホームから線路を歩いて行ける)


▲左:現役ディーゼル機関車(日本製)  右:昔活躍した蒸気機関車(米国製・日本のと動力伝達手法が違う)


▲途中にあるループトンネルの構造説明と模型の展示

阿里山森林鉄道 森鐵本線(嘉義~奮起湖) 時刻表&運賃表
☞ Coming Soon !! 阿里山森林鉄道 森鐵本線(嘉義~奮起湖) 写真集
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>