« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポルトガル/アマレス[Amares]:Pousada Santa Maria do Bouro

訪問2014/11/2~3 (Room Type: Suite、1名朝食付 €106.92、Rate: Early Booking - Golden Age
食事: 総合★★★☆☆、味★★★☆☆、サービス★★★★☆、雰囲気★★★★☆、CP★★★☆☆
宿泊: 総合4.0、予約個室3.5、建物全体4.5、サービス4.0、CP4.0
ポルトガルのポザーダ レビューインデックス

Pousada Santa Maria do Bouro

スペインのガリシア地方の帰りは、アクシデントの影響で単純に往路と同じルートを戻ることになってしまった。
実質最終日はポルトガル側での宿泊だが、不便な場所にある修道院跡のポザーダを予約しておいた。

ここは Google Map で示される位置と、ポザーダ予約票に示されている緯度経度が示す位置が異なっていたのだが、もちろん公式サイトに示されている方が正しいことは航空写真ベースで確認済。
アマレス [Amares] の中心地から10Kmほど山奥(スペイン国境側)に進んだ N308号線の道路沿いにある。アクシデントが無ければ、その道をスペイン側から入ったのだが・・残念。

【CONTENTS】
直営レストランのディナー
宿泊代に含まれる朝食の内容
泊まった部屋(Suite Room)の内部写真
上記以外のポザーダの写真

入口 反対側
ハロウィンの飾り ハロウィンの飾り

スペインのパラドールと同様に、こちらもハロウィン仕様でお出迎え。
後半の写真集でも登場するが、中庭の柱と柱の間すべてにハロウィン南瓜が置かれていたほど凝っていたのだが、なんと宿泊客は(たぶん)私ひとりだけ。
そりゃあ、こんな僻地にあると車でしか来れないだろうが、1月に泊まったサン・フィリペ城(Castelo de São Filipe)のポザーダ(Pousada de São Filipe)の倍以上の規模を考えると、この集客力の無さの原因は部屋の内装を現代風にしたことではないだろうか、と思ってしまう。(後半の部屋の写真で確認してほしい)
 

レストラン(入口から) レストランの最奥部

さて、お約束のディナーの紹介。
いつもは、選択肢の少ない3皿コースの価格が前菜+メインのアラカルトと同じ水準なのでアラカルトを攻めることが多いのだが、コベルトが €6.80 もするので断念。
それに客が私ひとりでは、下手にアラカルトを頼むのも食材の質という面でリスキーだ。

ということで、2食付で予約した場合と同じメニューである €32.00Menu Pousada をお願いすることにした。

Couvert
Couvert
Variedades de Pão, Manteiga, Azeitonas, e Petiscos(€6.80)

Variety of Bread, Butter, Olives and Appetizer


まずは、コベルトの内容。
他のポザーダと比べて2ユーロ高い設定の理由は、アミューズ(アペタイザー)の皿の内容にあるようだ。

Petiscos

しっかり塩抜きされた干しダラをニンニクオイルと海藻でマリネしたものに、地元のチーズをカナッペ風にして出してきた。
このバカリャウが美味しい。塩分を完全に抜いているのに、水っぽさが無い。鮮魚ではないので、バカリャウ特有の旨味はちゃんと残っているのだから技術なんだろう。我が家では真似できないや。


スープ(2択):Canja de Galinha com Folhas de Hortelã(€4.70)
Home Chicken Broth with Mint


コースには前菜かスープが選べると記されていたが、実際はスープしか選べない。
アミューズでしっかりした皿が出てくるからだとは思うが、仕方ないのでミント入りチキンスープをお願いしてみた。

ミントの葉はトッピングされているだけで、米粒パスタがタップリ入ったチキンスープ。
インスタントでないことは確かで、しっかり鶏ガラから作っている事が分かるお味で美味しい。

Arroz de Galo Pica no Chão Malandrinho
メイン(5択)Arroz de Galo Pica no Chão Malandrinho(€19.00)
Country Chicken Rice


ポルトガル料理系であるマカオのアントニオ [EST. DE COMIDAS ANTÓNIO] で食べたチキンライスと比較できるかと思って、ご当地のチキンライスをお願いしてみたのだが、出てきた皿は予想とまったく違うものだった。

ご覧の通り、洋食のハヤシライスといった感じのもので、ハヤシライスとの違いは牛肉ではなく鶏肉であることと、最初から米をシチューの中に入れて混ぜてあることか。
味は、見た目通りで日本のハヤシライスに近い。

Maçã Caramelizada em Mel
デザート(10択)Maçã Caramelizada em Mel e Vinho do Porto com Gelado de Baunilha(€7.90)
Toffee Apple with Honey, Port Wine and Vanilla Ice Cream


デザートの選択肢は非常に多く、スペシャリテ側からも選べるとのことで、そちらから選んだ。
なんとも魅力的な文字が並んでいたのだ。

シナモンを加えた甘いポートワイン(ポルト酒)で煮込んだリンゴを軽くキャラメリゼした感じのデザート。
中央には、煮込んだ時に使った太いシナモンが添えられていた。

以上、ディナーの紹介だが、客は私ひとりだけということで、フラッシュを使って撮影させていただいた。
フラッシュ無しで撮影したものと比較して、きれいに再現できた方を掲載している。
 

朝食セッティング

朝食は、ディナーと同じ席に用意されていた。
宿泊客は私ひとりだけなので、Pousada de São Filipe のように完全オーダー制かと覚悟していたら、黙っていても上の写真のようにセットしてくれた。助かる。

パン ジャンボクロワッサンもどき

パンは例によってたっぷり。
クロワッサン風に焼いたパンは、やや甘めのケーキ風。

ケーキ

パンがタップリなのに、ポルトガルとかスペインでは、この手のケーキもたくさん並んでいる。
私一人用なのに、ここまで出して来るとはサービス精神旺盛。それに、意外にも美味しかった。

フルーツ

フルーツポンチもすべてフレッシュもので5種類。
かなり豪華な盛り合わせになっているし、これも美味しい。満足満足。

ハムとチーズ ミルクティー

ハムとチーズはサラミとか生ハム類が無くて残念だが、ミルクティーをお願いしたら温めたミルクも大量に持ってきてくれた。これは日本では珍しいけど、真っ当な欧州のホテルの朝食なら普通の光景だ。

ソーセージ 目玉焼き

これで全部かと思っていたら、後から卵料理とソーセージ・ベーコン類は要るかと言ってきたので、卵1個の目玉焼きにソーセージを付けてとお願いしたのだが、ソーセージの量が半端ない。
自家製なら無理してでも食べたが、安物の市販品だったので半分以上残してしまった。

※ディナーメニュー:シェフのお勧め前菜メインデザート

【ポザーダ詳細情報】
名称Pousada Santa Maria do Bouro
電話:253 371 970
住所:Largo do Terreiro - Santa Maria do Bouro, 4720-633 Amares
GPS:41.659375,-8.270662

駐車場:無料(正面階段下の広場 入口GPS:41.659603,-8.271383)
ネット:WiFi無料
予約先ポザーダ公式HP
 

【泊まった部屋(No.209 Suite Room)の内部写真】
ルームキー ベッド
ベッドルーム 古風な机と椅子
▲せっかくの歴史ある建物なのに、中は斬新でがっかり(快適さを求めても仕方ないのに・・)

リビングルーム リビングルーム
▲リビングルームはテーブルが無いので、使い勝手が非常に悪い。

壁に冷蔵庫が隠れていた 部屋の窓からの眺め
▲左:壁に冷蔵庫が隠れていた  右:部屋からの眺め

バスタブ 洗面所
▲バスルーム
 

【上記以外のポザーダの写真】

▲なんとなく新しく作られた感じのする館内2階部分



▲1階部分にはラウンジ的なスペースがたくさんある




▲正面裏側から見た建物外観



▲中庭が1番の見所かな? 柱の横にはハロウィンのカボチャがたくさん!
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>