« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポルトガル/ポルト[Porto]:カフェ・グァラニー[Café Guarany]

訪問:2014/10/30 19:15
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
昨晩アバディア・ド・ポルトで食べたポルトご当地メニューの「トリパス」を別の店でも試してみたいと、チェックインした古城ホテルから2Kmほど歩いて街の中心まで探したのだが、なかなかフィットする店が見つからない。

店内 テーブルセッティング

この店は5割増しの価格だったことから一度パスしたのだが、結局戻ってきた。
他にめぼしい郷土料理を置いているレストランが見つからなかったからだ。

案外、地元料理を出すレストランって少ないようだ。(ガイドブックって郷土料理を蔑ろにしているので腹立たしい。郷土料理を紹介するなら、最低限料理写真を掲載した店だけでも載せるのが筋だと思うのだが。ポルトガルの話ではないが、他国料理なのに数店舗の取材だけで郷土料理はこれです!なんて書いているケースも見かけるので、裏付け調査は必要だ。)

Olive oil, balsamic, vinegar, tuna pàtê
Couvert(€2.50)
Bread, Olive oil, balsamic, vinegar, tuna pàtê


まずは、コベルトに付くツナのパテ(というか、ツナ缶に少し薬味を入れただけのもの)に、オリーブの実とバルサミコ入りのオリーブオイルがテーブルにセットされた。

Bread

続いてバスケットに入ったパンがたっぷりと出てきた。
軽く温められているからか、布で覆われて出てきたのは高級店仕様。
でも、お味の方はパッとしない。昨晩の方がポルトガルらしくて良い気がした。

Caldo verde
"Caldo verde"(€3.50)
Traditional Portuguese cabbage and potato soup


まずは、ポルトガルの定番スープ「カルドベルデ」の比較。
お値段は1ユーロ高いが、量はほぼ同じ。でもって、見た目が全然違うのだ。
大通りに面して観光客が多く来る立地だからか、まるっきしポテトポタージュっていう感じ。そこに、縮緬キャベツと、目立つようにトッピングされているハム(何となく叉焼と称して市販されているハムに似ている)が浮かんでいる。

Caldo verdeの縮緬キャベツ

実際のお味も、ぜんぜんポルトガル的な要素は無く、単に日本でも普通にいただけるポタージュスープに具材を入れただけ。これでは、なんのためにポルトガル料理を頼んだのか分からなくなってしまう。

ただ、昨日の店が独特なだけであって、今までポザーダ等で飲んできたものと同じ感じなので、決して不味いわけでは無い。むしろ、異国料理に対する許容度が低い普通の観光客には、この方が良いのかもしれない。

Tripe Porto Style
Tripe Porto Style(€13.50)
Served with various sausages, chicken and white rice


「トリパス」は昨晩の店の5割増価格で、鍋ではなく、皿にたっぷり盛って出てきた。

量は概ね半分。(肉の量は3分の2程度はあると思う)
観光客仕様なのか、内臓肉は控えめでハムやソーセージ類が多い点でも違う。

バターで炒めた御飯が添えられている点は同じ。(御飯の量も半分位かな?)

Tripe Porto Style

肉質に関しては、価格が高いだけあって良かったものの、煮込みソース側の味の深みという点では負けていた。

メニューには内臓肉の記載が一切無いので(まさか「various sausages」に含めている?)、内臓肉苦手な方で、語源になっていると思われるイタリア料理のトリッパやフランス料理のトリップという言葉も知らない方が頼むと、ちょっと引いてしまうかもしれない。
でも、内臓肉特有の食感はどうにもならないものの、臭みはまったくないので食べやすいとは思う。

量が少ないので(と言っても、日本的には大盛り水準)楽々完食できたが、なんだか欲求不満。
かといって、デザートまで食べる気も起きなかったのは、やはり昨晩との価格差からかも?(相変わらずケチだ!)

お会計 外観

お会計は、コペルトとコーラを加えて €21.55。
カード払い時にサービス料入力欄があったので無視したけど(英語表記でないので分からないし、特別なサービスを受けた記憶も無いので)、上の階がホテルみたいなので、ホテル直営店だったのかな?

あと、編集時に気になったのはメニューに「Price last update on 17/03/07」と記されていた事。
7年以上も値上げしていないことになるが、そうであれば近々値上げがあるだろう。
現時点で昨晩の店の5割増しだから、値上げすればCP点はもう1ランク下がることになると思う。

※メニュー(英語版):通常曜日別アイスクリーム・クレープその他デザートドリンク

【詳細情報】
店名:Café Restaurante Guarany
電話:223 321 272
住所:Avenida dos Aliados 89, 4000-066 Porto
GPS:41.147820, -8.611398

関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
クロアチア/セルツェ [Selce]: Hotel Marina 2018/06/22
クロアチア/ザダル [Zadar]: Pekara Dalmatinka 2018/06/22
クロアチア/ロシキ・スラップ[Roški Slap]: Restoran Roški slap 2018/06/21
クロアチア/ロシキ・スラップ[Roški Slap]: Panorama Roški Slap 2018/06/20
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Hotela Jezero 2018/06/19
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Plitvice@Hotel Plitvice 2018/06/17
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Pekarne Dinara 2018/06/16
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Vinodol 2018/06/15
ザグレブ~リュブリャナ間 バスと鉄道でのアクセス方法と乗車記 2018/06/14
スロベニア/ベレニエ [Velenje]: Okrepčevalnica Mladost 2018/06/12
スロベニア/トリグラフスキー国立公園 [Triglavski narodni park]: Tičarjev dom 2018/06/11
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Best Western Premier Hotel Lovec 2018/06/10
プリトヴィツェ湖群国立公園絶景ポイント(VIDIKOVAC Sightseeing Point)への行き方 2018/06/09
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Jezero Lounge@Grand Hotel Toplice 2018/06/08
スロベニア/ボーヒン湖 [Bohinjsko jezero]: Vrtovin@Hotel Jezero 2018/06/06
スロベニア/リュブリャナ: Open Kitchen Ljubljana [Odprta Kuhna] 2018/06/04
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: ユリヤ [Julija Restaurant] 2018/06/03
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: Dobra Izbira! 2018/06/02
ビジネスクラス機内食/フィンエアー(フィンランド航空): ヘルシンキ(HEL)⇒成田(NRT) 2018/06/01
ビジネスクラス機内食/ノルディック・リージョナルエア: ワルシャワ(WAW)⇒ヘルシンキ(HEL) 2018/05/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>