« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポルトガル/ポルト[Porto]:アバディア・ド・ポルト[Abadia do Porto]

訪問:2014/10/29 21:00
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★☆CP★★★★★
乗継便の欠航で1日早く出発することになったことから、ポルトで2泊することになってしまった。

外観 入口

同じホテルで連泊を企んだものの、5日前に決まってからの確保では遅かりし。たまっていたポイントを消費できるibisに宿を取って、近隣を歩き回って見つけたのがこの店だ。
人通りの少ない路地(と言っても、道幅はかなりある)の向こうに明かりと人が見えたので行ってみたら、きれいな入口のレストランだったというわけ。

店頭にメニュー掲示があるのでチエックすると、高級感のある店構えにもかかわらず意外にもリーズナブル。
人通りの無いという場所的にも良い店である可能性が高いと踏んで、この店に決定した。

店内 テーブルセッティング

内部は2階建てのような構成で、案内された席から下の階が見える。その外壁に、なにやらこだわりのありそうな飾りがあったりで、なかなか良い感じの店だ。
都度交換していると思える真っ白な布テーブルクロスに、店名入りの白いナプキンと高級感もあるし、何よりスタッフがフレンドリーながらも洗練された振る舞いで気持ち良い。もちろん英語も通じる。

Pão
Bread[Pão](€0.35)

まずは、頼んでいないパンが出てきた。
取らなければ課金されないのだろうが、美味しそうだったのでいただいてみた。
特に左のカステラみたいな色をしたパン、かなりの重量級で甘いわけではないが美味しい。

メニューにも明記されているが、このパン代はわずか50円。
しかも21%の税金を含んでの価格なので、下手にイタリア的にコペルトを取る店よりも良心的だ。

Caldo Verde
Caldo Verde(Portuguese Kale Soup)(€2.50)

スープは、前回までのポルトガル旅行でも何度もいただいている「カルドベルデ」というスープ。
千切りにしたケールがたくさん入っているポテトポタージュだが、この店のはポテトが少な目であっさりしたお味。
さらに、舌触りの悪いはずのケールが、なんとなく海藻のような食感で独特だ。

Caldo Verde に入っている肉

ご覧のようにハムの小片も入っているのだが、そこからスープ側に旨味が溶けている感じがしなかったので、後から加えただけなのかも。そのためか、やや塩分少なめな気がしたが、持参の塩を加えたら(テーブルに塩が無かったのだ)おいしくなった。でも、ハムの旨味が出ていた方が美味しそうだ。

Tripas à moda do Porto(盛付後)
"Tripas à moda do Porto"(tripe stew with beans and various meats)(€9.00/1人用)

メインはポルトのご当地メニューらしい「トリパス」という牛の内臓肉のシチュー。(☞ wiki
上の写真は、スタッフが皿に盛り付けてくれたものだが、混ぜて盛り付けるか、あるいは分けて盛りつけるかと聞かれたところを見ると、混ぜ混ぜしていただくのが主流のようだ。

Tripas à moda do Porto

さて、盛付後の皿の写真だけ見れば、これで9ユーロもするの?っていう感想になるのだが、とんでもない。
上の写真は、盛り付けた後の残り。どうみても、全体の4分の1程度しか皿に盛りつけられていないのだ。

この料理だけでなく、この店のメニューには2人用の通常量に対して1人用(レシートベースでは1/2と記されているのでハーフポーションということになる)が多く並んでいるのだが、もちろん1人用をお願いしたはず。
そこで1人用を頼んだはずだと聞いてみたのだが、これで1人分だと。

4回目のポルトガルとなれば驚きは無いが、さすがポルトガルだなぁと。
間違っても2人で頼む場合でも2人用を選んではいけないということだ。

Tripasを拡大

せっかくなので、内臓肉だけを拡大してお見せしておこう。
最初の盛り付け写真では、内臓肉以外の部分も見えているが、だいたいこんな感じの肉がゴロゴロとたくさん入っている。
十分煮込まれているので柔らかいし、内臓肉の癖もほとんど感じないので、極端に苦手な方でなければ美味しくいただけるはずだ。

ライスは長粒種を固めに炊いてバターで炒めたもの。
シチュー側の味はスープと同様に薄めなので非常に食べやすく、美味しかったこともあって8割程度は食べてしまった。

お会計

さすがにこれ以上は入らないのでお会計。
コーラ代も含めて全部で13.75ユーロと、高級感のある店にしては非常に安い。大満足だ。

あとで調べたら、地球の歩き方掲載店だった。
レストラン情報では最初から相手にしていないガイドブックだが(JTB系とか他のガイドブックは見向きもしないから、まだ相手にしているとも言える)、掲載店一通りをTrip Advisorのランキングで調べてみると、この店だけ2桁順位にランクされている上位店だった。(あとはダメ)

ガイドブック掲載店の店から本当の良い店を当てるのは至難の業だが、安っぽい店内写真で大箱店であると否定的な文面を見れば、広告料をもらっていたり便宜を図った店ではないと納得できた。
まあ、今となっては、ガイドブックではなく日本の食べログの世界版ともいえるTrip Advisorのようなネット情報の方が確実だろうから、ガイドブックのインチキ情報を見抜きやすくはなっているのだが。

※メニュー:英語版

【詳細情報】
店名:Abadia do Porto
電話:22 200 8757
住所:rua Ateneu Comercial do Porto 22-24, 4000-380 Porto
GPS:41.148025, -8.607762


※スペインのガリシア州カンバドスにあるパラドール(Parador de Cambados)から登録しました。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:南チロル周辺/イタリア
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/高雄・西子灣駅: 大碗公(亞熱帶冰品店) 創始店 2017/06/26
台湾/高雄・西子灣駅: 阿伯磚頭冰 2017/06/26
台湾/高雄・西子灣駅:福泉水果雪花冰(福泉布丁豆花)② 2017/06/25
台湾/台南: 蜂橙複合式餐飲(原泡卡芙・禮物水果)② 2017/06/25
台湾/台南: 龍興冰品店 2017/06/24
台湾/台南: 家鄉八寶冰② 2017/06/24
台湾/台南: 麗都大冰果③ 2017/06/23
スペイン/バレンシア[Valencia]: Casa de l'Orxata 2017/06/22
スペイン/バレンシア[Valencia]: Bar la Lonja 2017/06/21
スペイン/バレンシア[Valencia]: ナバーロ[Restaurante Navarro] 2017/06/20
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒マドリード(MAD) 2017/06/19
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:成田(NRT)⇒ドバイ(DXB) 2017/06/18
ミニ情報:エミレーツラウンジ [The Emirates Lounge]@成田空港 2017/06/17
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ専用レストラン2軒を比較 2017/06/16
台湾/高雄・三多商圏駅:南豐魯肉飯(南豊魯肉飯)③ 2017/06/15
台湾/高雄・巨蛋駅:芒果好忙⑤ 2017/06/15
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉珍⑤ 2017/06/14
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店)② 2017/06/14
台湾/台南: 赤崁担仔面[赤崁擔仔麵](Chih Kan Dan Zai Noodles) 老店 2017/06/13
台湾/台南: 亞德當歸鴨 2017/06/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>