FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/コルシカ島.オルムト[Olmeto]:Chez Antoine

訪問:2014/9/14 19:20
評価点:総合★★☆☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★☆☆
今日のルート by 旅レコ
今日のルート(アジャクシオ[Ajaccio]~プロプリアーノ[Propriano]~サルテーヌ[Sartène])

今回の旅は、宿泊代が高い海辺を避けて山側の街で泊まろうという計画だったことから、グリーンガイドに掲載されていたサルテーヌ[Sartène]という街で宿を確保。

外観 テラス席

掲載されていたレストランは1軒だけで、フロントで予約をお願いすると閉まっていると言うので見に行ったのだが、確かにやっている気配がないし、HPも開けない。仕方ないので、Fufulinaさんのブログに掲載されていた店(☞ こちら)まで20Kmほど戻ることにした。
オルムトの片側交互通行間のアジャクシオ側信号機に近い側にあるのだが(その信号機の近くに目立つ宣伝看板があったことから、昼間に通った際に気づいていた)、夜でないと路駐スペースを確保するのが厄介そうな立地だ。

ハムとチーズがあると記されていた Salade du chef(€12.50)を頼むと、ビッグと言って注文を受けてくれない。
それ以上の意思疎通ができないので、メインまで食べきれないと言っているのか定かではないのだが、私には儲からないからと受け止めてしまう。普通なら、残そうが注文を受けるものなのだが。
仕方ないので、メイン料理の中からコルシカ島の名産である豚肉をいただくことにした。

コーラとオリーブ オリーブ

まずは、パンが出てくる代わりに、注文したコーラとオリーブが出てきた。
このオリーブ、まだ少ししか食べていなかったのに、早々に撤収されてしまった。割と美味しかったのに。
本来ワインの注文に付けるのかもしれないが(スペインだとコーラでも付くけど)、間違えて出してきたにしても何だかなぁ・・(食い物の恨みは大きいぞ!)

Côtes de porc
Côtes de porc (2 piéces)(€16.00)

注文した豚肉は、骨付きリブロース肉が2枚。日本で食べるポークソテーよりも少し厚めという感じ。
炭焼き特有の香ばしさと、ミディアムな焼き加減でジューシーな味わいのある肉で美味しいのだが、塩が足りないと感じたらテーブルの塩で補った方が良さそうだ。

フランスの食堂では薄味ベースで、足りなければ各自でテーブル備え付けの塩胡椒で補うというスタンスが普通だが、日本のフレンチでは塩胡椒を置いてある店はわずかだし、そもそも味付けが濃すぎることが多いので(だから日本人は塩分過多になるんだ!)、ぜひともフランス本場を見習ってほしいものだ。

gratin de pommes de terre

実は、肉よりも付け合せに選んだ gratin de pommes de terre(ポテトグラタン)の方が印象に残った。
丁寧に薄切り(一般店で出てくるものの半分ぐらいの薄さ)にしたポテトを積み重ねてある上に、味も決まっていて過去1・2を争う出来だったのだ。

グラタンの断面 パン

日本だったら1品料理で出てくるようなボリュームなので、これで満腹になってしまった。
デザートを勧められたものの、食堂デザートで良い思いをしたことはほとんどないので、ちょうどよかった。

ということで焼いただけのメインと付け合せだけで満足感は無いものの、いまさらサラダを頼んでも入らないのでお会計をお願いしたのだが、日本の安い店と同じような店名無しの金額表示だけのレシート。しかも、カードは使えないと。(フランスのレストランでは初めての経験!)

後でFufulinaさんのブログを読み返すと、コースを食べられていたことに気付いたのだが、私の左斜め前に着席したカップルにコース料理の案内をしていたので、なぜ私にムニュの案内をしなかったのだろうかという疑問もわいてきた。

英語がカタコトも通じないうえに、カード払いもできず、アラカルトのお値段は観光地価格。観光で成り立っているコルシカ島のレストランのサービス姿勢としては疑問を感じざるを得なかったというのが正直な感想だ。人はいいんだけどね。
そこそこ繁盛していたので、フランス語が出来る方のみにお勧めできる店なんだと思う。

※メニュー:前菜・メイン①メイン②・デザートワイン

【詳細情報】
店名:Chez Antoine
電話:06 13 52 13 14
住所:12 crs Antoine Balisoni, 20113 Olmeto
GPS:41.718345,8.919034


※イタリアのサルデーニャ島、パラウ{Palau]という港町のホテルから登録しました。
 

【サルテーヌ(Sartène)の風景】
(☞ GPS:41.621101,8.971972)

▲左:丘の上にある街  右:街の中心


▲左:広場に面した町役場  右:その隣の教会


▲左:観光通り(?)  右:コルシカのものを集めた土産物屋


▲左:所狭しと並ぶコルシカ産生ハム  右:仕入れた状態(?)で並ぶ生ハム。何ともいい感じ。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>