« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/コルシカ島.プロプリアーノ[Propriano]:Tempi Fà

訪問:2014/9/14 13:40(☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
ついにフランス全州走破の最後に残ったコルシカ島(コルス地域圏{Corse])に上陸!
空港でレンタカーを借りて向かったのは、当地の情報収集に大いに参考にさせていただいた世界中からBon appétit ! 〜恋するコルシカ島〜のFufulinaさんがお住まいのプロプリアーノ[Propriano]という人口3千人の海辺の街。

店頭外観 ワイン樽がテーブル

Fufulinaさんのブログ記事(☞ こちら)に掲載されているこの店が、愛用しているグリーンガイドにも掲載されていたことから、遅めのランチはこの店でコルシカ産のハムとチーズを楽しむことにした。

店内に並ぶコルシカのハムとワイン ハムの形状が独特なものもある

この店、Google Mapではレストランではなくショップとして登録されていたが、なるほど店内はコルシカ産のワインやコルシカ産の生ハムがずらりと並べられていて、一番奥に小さなレストラン用スペース、店頭にワイン樽をテーブルにしたワインバーという配置になっている。
確かにレストランというよりは生ハムとワインを専門とした販売店という感じだ。(HPも通販メインの構成になっている)

ランチなので奥のレストランに入ろうと思ったのだが、そこではハムやチーズの盛り合わせは無いとのこと。(メニュー参照)
仕方ないので、店頭でいただくことにした。
みなさん盛り合わせを頼むようで、ハムとチーズが盛られていた皿を指差し注文。

テーブルセッティング パン

ワインバーなのにワインを注文せず水だけお願いしたのだが、フランスらしくパンも出てきた。
元々イタリア領だったうえに、すぐ南隣のイタリアのサルデーニャ島文化も入っているだろうから、コペルトを請求されるかなと思っていたが、やはりフランス。コペルトの請求は無しだった。(食文化としては、パスタがかなり浸透している印象も受けていたので警戒した)

Assiette de charcuterie fermière et fromage
Assiette de charcuterie fermière et fromage(€21.90)
(Prisuttu, Salamu, Lonzu-chèvre et brebis)


お目当てのコルシカ産ハムとチーズの盛り合わせの到着。
サービス担当の若いお兄さん、英語堪能でひとつひとつ丁寧にボディランゲージ付で説明してくれた。

コルシカ産の生ハム盛り合わせ

まずは、生ハム側から。
全体に散らしてあるサラミは普通な感じだったが、ちょっと隠れて見えないロース肉(だと思う)のハムが抜群に美味しい。
普段はよく噛まずに飲み込むクチなんだが、じっくりと噛んで味を噛みしめながらいただいた。

他には、左の肩ロース肉(だと思う)の生ハム、右の三枚肉の生ハムが盛られていた。
三枚肉の生ハムはほとんどが脂身だが、コルシカ島名産の豚肉の味の違いが分かる感じだ。

豚のリエット

皿の端にちょこんと乗っているのは、パンにつけていただく豚のリエット。
この柔らかい食感、好みだなぁ。

Fromage

コルシカ産のチーズは3種類。
左は羊乳で5か月熟成、真ん中は羊乳の3か月熟成で少しスモークしているとか。
ちょっとスパイシーな感じもして、これが一番美味しかったかな。
右のは忘れてしまったが、クリーミーなタイプ。

チーズのお供のゼリー

チーズとサラミの間に見える透明の物体、ゼリーと説明されたがチーズに付けていただくジャムのゼリーバージョンだった。

お会計 Bastelleというパン

チーズはそれほど好みとは言えなかったが、生ハムはなかなかのクオリティで満足。
記事にまとめる際に写真を整理していたら、テーブルの横にあった Bastelle というパイみたいなパンを買うのを忘れていたようだ。たぶん、この後どこかで見つけられるだろう。

※メニュー:レストラン側専用メニューワインバー側専用メニュー

【詳細情報】
店名:Tempi Fà
電話:04 95 76 06 52
住所:7 av. Napoléon-III, 20110 Propriano
GPS:41.675715,8.9026


※コルシカ島のサルテーヌ[Sartène]にあるホテルから登録しました。
 

【プロプリアーノ(Propriano)の風景】

▲左:大型フェリーが入港する港町  右:プレジャーボート用の海のガソリンスタンド


▲左:ビーチは小さいが抜群の透明度  右:実が付いたこの木は初めて見た


▲左:町役場(右の建物)前のメインストリート  右:丘の上の教会
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>