« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/ヴァンヌ[Vannes]:ブラッスリー・デ・アール[des Halles]

訪問:2014/8/19 19:20
評価点:総合★★☆☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
いよいよ私にとっての楽しみだったブルターニュ入り。

今日のルート by 旅レコ
今日のルート(地図をクリックすると、大きな地図が開きます)

最初の夜は、ヴァンヌの1つ星店「Roscanvec」を狙って開店前から店頭で構えていたが、予約で満席と見事撃沈。ブロワ[Blois]の1つ星店「L'Orangerie du Château」で食べたオマール・ブルーのコースと同価格帯の「Menu homard bleu nuit(€70)」をHPで見つけていたので、狙っていたのだ。

外観 店内

仕方なく、見た目判断で選んだのがすぐ近くのこの店だ。
何しろ周囲は、観光地特有のガラの悪い(身なりや髪型が飛んでいる)店員がいる店が多く、そういった店員が見えなかったことが選択理由になっている。

パン 追加のパン
▲左:最初に出てきたパン  右:追加のパン

注文を終えると出てきたのは、クラッカー類。お通しなのかワインのおつまみなのか?
最後にレシートと共に掲載したが、日本のような「お通し代」は取られなかった。
やはり日本の「お通し」は悪しき慣習だ!

続いてパン。フランスのパンは大抵美味しいので、特にバターが付いているとついつい食べすぎてしまうのだが、後から追加を打診してくれて出てきたのが右側。バターもちゃんと付けてくれた。
料理の方だが、家内は2皿+ワインのセットで、私はアラカルトで前菜とメインをお願いすることにした。

まずは、私のアラカルトから紹介しよう。

Moules Farcies gratinées
Moules Farcies gratinées au beurre persillé(€8.50)
Stuffed mussels au gratin with butter seasoned with parsley


前菜からは、ムール貝のファルシ。
ムール貝大好きなので、本場ブルターニュ産のムール貝は食べてみたいと、真っ先に飛びついたのだが・・

ありゃ? 良いお値段の割には量が少ないし、サイズも揃っていない。
わずか7個で、バケツ1杯出てくるワイン蒸しに入っているサイズがそのうち3個。これは無いだろう。

ムール貝をアップ

ブルターニュらしくバターたっぷりは良いのだが、パセリとニンニクだと日本ではエスカルゴバター。(和製英語なのかなぁ?)
メニュー上にはパセリとだけ記してあるが、ガーリックはもちろん入っている。

ムール貝はまずまず美味しいのだが、エスカルゴバター風の味付けが素人っぽくてイマイチだ。
そうそう、後でムール貝の本場であるモンサンミッシェル近隣の3か所で食べているが、明らかに種類が違ったので、この地域のムール貝だったようだ。

La salade Périgourdine
La salade Périgourdine(€14.80)
(salade, gésiers confits, lard rôti, pommes de terre sautées, foie gras maison, magret fumé)

"Perigourdine" salad
(salad, conserve of gizzards, roasted bacon. potatoes sauté, homemade foie gras)


メインはサラダにした。サラダがメインっていうのは、日本では馴染みが無いが、ちゃんと「Les Grandes Salades Repas | Laege Salades Meal」と記されているので問題ない。

フォアグラとマグレ鴨のスモーク

いくつかある中で、ペリゴールサラダをチョイス。
もちろん、ペリゴールと言えばフォアグラなので、フォアグラとマグレ鴨が入っているということで選んだ。

日本ではニース風サラダというのが有名だが、フランスでは地名を被せたいろいろなサラダがあるようで、ペリゴールサラダというのは初めてだ。(フォアグラと鴨肉がマストなのかな?)

砂肝とベーコン、ポテト

フォアグラと鴨ハムはまずまずだったが、反対側のスモーク肉と芋の盛り合わせがいただけない。
日本のスーパーで普通に売っているようなベーコンに、スモーク感が微妙な感じの砂肝。

ランチでいただいた店と同じ料理なので、その差がハッキリわかってしまった。
どちらかと言うと、ドイツおよび周辺国の定番料理そのものという感じ。

家内は、3つあるコースの中からMenu Mer(€24.00)でワイン付の2皿コース。

6 huîtres du Golfe
前菜(3択):6 huîtres du Golfe
6 oysters from the Morbihan Gulf


前菜は、モルビアン湾[Golfe du Morbihan]産の生牡蠣を選んでいた。
昨晩の生牡蠣と比べてみようということらしいが、貝殻の残骸が混じっている事も無いし、鮮度もまずまずとのこと。昨晩の店の水準が低さが証明された。

フランス語版では単に Golfe(湾)と記されているが、この辺りで Golfe と言えばヴァンヌの街の沖合にある(正確には半島でふさがれた内海の外側にある大きな湾)英語版には記されているモルビアン湾を指すようだ。

Le tourteau mayonnaise
メイン(3択):Le tourteau mayonnaise
Large crab with mayonnaise


メインも、昨晩の店で食べたカニを選んでいた。途中のカルフールでこの蟹のパックが5ユーロで売られているのを見ているが、それよりも大きなサイズが丸ごと1匹!
迫力満点だ。

Le tourteau

中を開けてみると、内子らしきものも見えるしカニ味噌もたっぷり。
これも昨晩の店とは全然違う。海鮮系そのままという皿を選べば、まずまずのものが出てきそうだ。

でも、手を入れた料理系はダメかな。例えば、ムール貝のワイン蒸しも怪しい気がする。

お会計  お通し?
▲左:お会計  右:お通し(たぶんコースに付くワインのお供だと思う)

ということで、お会計。
観光地のど真ん中となれば、こんなものだろうという気はするが、やはりCPは悪いな。

後で調べたら地球の歩き方掲載店だったようで、まあ納得。
クレープ屋とかピザ屋の数は多いものの、フレンチ系の店は意外に少ないので仕方ない。

※メニュー:前菜・パスタ・メイン魚介類・サラダコースドリンク

【詳細情報】
店名:Brasserie des Halles
電話:02 97 54 08 34
住所:9 rue des Halles, 56000 VANNES
GPS:47.656909,-2.757732

 

【ヴァンヌ(Vannes)の風景】





関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯③ 2018/07/20
台湾/台北・動物園駅: 悅餐廳@台北深坑假日飯店② 2018/07/19
台湾/斗六: 吳記肉圓 2018/07/18
台湾/台南: 聚福香古早味 2018/07/17
台湾/台南・大東夜市: 旗魚黒輪・無骨排肉酥・原木烤肉 2018/07/17
台湾/台南: 好地方蝦仁肉絲飯 2018/07/16
台湾/台南: 阿娟肉粽魯麵 2018/07/16
台湾/台南: 開春古早味 2018/07/15
台湾/台南: 友誠蝦仁肉圓 2018/07/15
台湾/台南: 永棋蝦仁肉圓 2018/07/14
台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店) 2018/07/13
台湾/高雄・市議會駅: (薛)富錦順小籠湯包② 2018/07/12
台湾/高雄・凹子底駅: 博義師燒肉飯 自由店 2018/07/11
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ⑤ 2018/07/10
台湾/台北・松江南京駅: 綠豆蒜啥咪② 2018/07/09
台湾/台北・迪化街: 枝仔冰城 台北大稻埕形象店 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: Mr.雪腐 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: 冰果天堂② 2018/07/07
台湾/台北・萬芳醫院駅: 芮比特 2018/07/07
台湾/台中: show 喫冰小棧 2018/07/06
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
14位
アクセスランキングを見る>>