« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イギリス/エディンバラ:Café at the Palace@ホリールードハウス宮殿[Palace of Holyroodhouse]

訪問:2014/7/17 9:30
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービスN/A雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
7日目。朝から晴れていたので、ホリールード公園[Holyrood Park]の山頂に登ってから、麓のホリールードハウス宮殿[Palace of Holyroodhouse]へ。
ただし、展示物には興味が無いので家内だけ中に入場(£11.30≒2000円)。
私は、併設のカフェで朝食をいただいてから、カールトン・ヒル[Carlton Hill] を経由してホテルに戻り、家内を待つことにした。英語が通じるということで、方向音痴の家内もひとりで歩くのに不安を感じないようだ。

Café at the Palace

家内と宮殿へのゲートで分かれ、右手にある併設のカフェに入店。
宮殿に入れる9時半から営業開始するのか不安だったが、特に問題なく注文を受けてくれた。
もちろん1番のりだ。

品揃え① 品揃え②

ケーキやパン類もあったが、イギリスの朝食ならスコーンと紅茶だろう。
ということで、普通のスコーンではつまらないので、クリームとイチゴが入ったものをチョイス。
きれいに並べられている中から最初の1つを取るのは、ちょっと緊張する。(隣を崩してしまうとか・・)

裏側の雰囲気 一等席を確保

注文と精算を済ませて、スコーンと紅茶を受け取ったら、イザ裏口の外へ。
最初の写真のように、宮殿入口側の雰囲気は何でもないのだが、ホリールード公園側から来たので、裏口側の雰囲気が良い事は知っていたのだ。

朝1番だから楽々良い席をゲットできたが、お昼だとどうだろう。
気づかない人が多いだろうから、案外空いているかもしれない。

Strawberry e cream filled fruit scone & Tea
Strawberry e cream filled fruit scone(£3.35≒590円)+紅茶(£2.10≒370円)

イギリスで紅茶を注文すれば、黙っていてもミルクティーになるわけだが、ポットで出てくるのは当然として、写真のようにカップの中にミルクピッチャーを入れてくるケースが多い。
カップとミルクピッチャーがセットで売られているのかもしれないが、日本ではまず見かけない供し方だ。(今のところ、経験した記憶は無い)

Strawberry e cream filled fruit scone

で、お楽しみの本場のスコーン。フルーツスコーンと書いてあったが、単にレーズンを入れてあるだけと思ったら、微かにハーブを入れているようだ。写真では見えないが、イチゴジャムも挟んである。

このスコーンを単独でいただくと、これが本場のスコーンなのか? と思えるほど美味しくないのだが、クリームとジャムを合わせていただくと不思議なことに美味しく感じてしまう。
スコーンって単独で食べてはいけないんだと、新たな発見。

紅茶は例によってたっぷり2杯分あるので、結構長い時間まったりと過ごしてしまった。
雰囲気が良いと、オッサンでも長居したくなるものだ。私だけかな?

※メニュー:黒板表記

【詳細情報】
店名:Café at the Palace
電話:0131 652 3685.
場所:ホリールードハウス宮殿有料ゲート手前右側、または以下の地図が示す公道側入口
緯経:55.951939,-3.173343

 

【ホリールード公園(Holyrood Park)の風景と山頂への行き方】
 
▲左:宮殿の横から山頂のアーサーズ・シート[Arthur's Seat](標高251m)目指してスタート
 右:ホリールード公園の地図(クリックで大きな画像で見れます)。黒の破線が山頂への道。


▲左:約30分で山頂到着。カップルがいる所の方が山頂?  右:エディンバラ城を見下ろす(望遠撮影)



地球の歩き方には載っていないので、山頂までの歩き方を書いておこう。
標識がしっかりあるというブログも見つけていたが、実際はほとんど無いので間違えると山頂にたどり着けないのだ。

最初の関門は、左写真の分岐点。
中央の標識らしきものは、地図では無く別の案内だったので役に立たない。

ここで先行していた速足の若い男性が間違えて右に歩いて行ってしまったが(後で気づいたらしく我々に追いついてきた)、山の方向的にも登り坂になっている右を選んでしまうのは仕方ない。
ここは、山の裏側の車道に出てしまう登る右側ではなく、左の平坦な道を進もう。
この先に急勾配(大袈裟!)が待っているので安心して進んでほしい。

その先にも分岐点があるが、そこは左でも右でも。我々は左に向かったが、右に進路を取ると左の写真のような分岐点には見えない場所がある。ここは、山から下りる時に使った少し細い道を下りて行き着いた分岐点だ。

最初の分岐点を間違えると山頂に行けないが、その後は多少間違えても山頂が見えるので修正可能。
実際、獣道みたいな細い道がたくさんあるので、みなさん勝手に通っているみたいだった。犬を連れて散歩している人達は、好んでそれらの道を使っていた。



ということで、GPSLOGでの歩行記録。(麓から山頂に行き、宮殿とカールトン・ヒルを経由してホテルまで)
クリックすると航空写真版が開くようにしてあるので、そちらの方が感覚的にルートが分かると思う。
往路の右上に変に迂回している記録、標識が無くて大回りした結果だ。前後を歩いていた人達も同様だった。
 

【ホリールードハウス宮殿(Palace of Holyroodhouse)の風景】



▲左:宮殿入口ゲート(カフェは、この写真の手前右手にある)
 右:街から向かうと別料金のギャラリーが正面にある。宮殿の入場券売場は、建物右手裏側にある。


▲左:ホリールード公園の山から宮殿を見下ろす  右:カールトン・ヒルから見た宮殿
 

【カールトン・ヒル(Carlton Hill)の風景】

▲ホリールードハウス宮殿側から行くと、裏側から入ることになる


関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
3月:台北・高雄/台湾
3月:ハノイ/ベトナム
6月:クロアチア②、スロベニア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・西門駅: Ice Galaxy 金庫 2017/08/24
台湾/台北・大直駅: 好奇營養豆花 2017/08/23
台湾/台北・松山駅: 七丸魯肉飯 2017/08/23
台湾/台北・松山駅: 大方氷品 [大方冰品] 永吉店 2017/08/22
台湾/台北・中山駅: 21街氷桟 [21街冰棧] 2017/08/22
台湾/台北・三和國中駅: 土庫鴨肉富 三重溪尾店 2017/08/21
台湾/台北・徐匯中學駅: 台湾芒果氷専売店 [台灣芒果冰專賣店] 2017/08/21
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 2017/08/20
台湾/台北・東門駅: 芒果皇帝(King Mango) 2017/08/20
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>