« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イギリス/エディンバラ[Edinburgh]:Hadrian's

訪問:2014/7/16 19:30 (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★☆☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★☆☆☆☆
昼が遅かったので、いつもより遅めにマークしていた英国料理系のレストランに向かったら2軒とも満席。
やはり、評価の高い店に予約無しで開店時間を過ぎて入れると思ってはいけないようだ。
仕方ないのでフレンチ系でマークした1軒に行ってみるが、そこも満席。
昼間にウロウロしている時にミシュランシールを見つけたこの店が最後の候補だった。

橋の反対側にある店に振られた後だったので、満席で断られるかと思っていたら、すんなり入れた。
立派な建物の1階部分を広く占めている店だが、思ったよりもカジュアル。
振られた店は重厚な感じだったので、拍子抜けだ。

カジュアルな雰囲気だけにコースの価格設定が安かったが、内容に魅力が無かったのでアラカルトで。
前菜とメインだけにしたが、コースなら同じ金額でデザートまで付く3皿コースを食べることが出来る。

店内 バゲット

ブラッセリーとの表記なので、フランス流にバゲットとパンが出てきた。イギリスらしくないお洒落な出し方だ。
このバゲットが、メゾンカイザーのものに近い風味で美味しい。
普段は炭水化物は必要最小限というスタンスだが、珍しく家内の分の1枚も横取りして食べてしまった。

Hadrian's Classic Steak Tartare
Hadrian's Classic Steak Tartare, Scottish Beef Fillet, Quail's Egg Yolk(£9.00≒1600円)

前菜から私が選んだのは、牛肉のタルタル。この店のオリジナルであるような名が付いている。
カリカリに焼いたパンも付いてきた。サンドイッチ用のパンみたいなものが2切れだが、こちらは家内の口へ。

肉は包丁でたたいたという感じで、筋が残っていたり、サイズもまちまち。
ビネガーの酸味が施されていて、ちょっと趣味でなかったなぁ。でも、周りのマヨネーズを加えると、肉の下味に付いていたビネガー感が一体化して気にならなくなったので、そこは考えられているのだろう。
反面ウズラの卵の存在感は、いまひとつ感じられなかった。


Langoustine Bisque, Saffron Rouille(£7.00≒1250円)

家内はラングスティーヌのビスクをチョイス。
ちょっと味見してみたが、かなり薄めながらもビスクらしい甲殻類の味が出ていてまずまず。
トッピングのクルトンは、席でリクエストベースで入れてくれた。

Braised Shoulder of Lamb
Braised Shoulder of Lamb, Gremolata Crust, Confit Tomatoes, Asparagus(£17.50≒3100円)

メインは、2年前の古城巡りの際に印象が良かったラム肉を頼んでみた。
刻んだパセリとニンニクを合わせたペーストを上に塗ってから蒸し焼にした料理だが、ソースはまるでパスタソースという感じのもの。フレンチの店だが、まるでイタリアンだ。

ラム肉をアップ

期待の肉だが、ぜんぜん羊肉の感じがしない。それに、やたらと硬い。
もちろん、2年前の感動の再現も無かったわけで、羊肉を受け付けない家内に極小カットを食べてもらったところ、羊肉と認識できなかった。

日本では100%、それも少し風味があるだけで拒否反応を起こす家内が、この羊肉といい内臓肉を使ったハギスも食べられるというのだから、スコットランドの羊肉は不思議だ。


Seared Hake Fillet, Provencal Crumb, Mussels, Clams, Radish, Green Peas, Shellfish Cream(£15.50≒2750円)

家内は無難に魚料理を選んだのだが、こちらも羊肉と同じ様に緑のペーストを塗ってある。芸が無い店だ。

ムール貝が不味いと私によこしてきたが、確かにひどいもの。スカイ島の The View Restaurant で食べたムール貝が過去最高だったが、過去最低のフランスのリールにあるブラッセリー Le Napoleon よりはマシであるものの、かなりひどい状態。スコットランド産のムール貝だとは思うが、ここまで違うのには驚きだ。

外観
外観全景

ということで、デザートはやめて会計をお願いしたが、伝票の下に「number one」というミシュラン1つ星店の名前が入っていることで、初めてこの店が同じホテルのレストランであることに気付いた。(上右下の外観写真の通り、駅構内立地の立派な建物にある)

ただ、そこはフランスではなくスコットランドだ。
2年前に、当地から北に80Kmほどのダンディー[Dundee]という街で、最悪の自称フレンチを食べた経験があるので(☞ Bon Appétit)、検討対象になった1つ星店を選択しなくて良かったという安堵感を感じてしまったのだ。

※メニュー:コース・前菜・メイン・サイドコースの選択肢グリル・デザート

【詳細情報】
店名:Hermann's Restaurant
電話:0131 557 5000
住所:The Balmoral Hotel, 1 Princes St, Edinburgh EH2 2EQ
緯経:55.95306,-3.189176

 

【エディンバラ(Edinburgh)の風景】

▲エディンバラ城からの新市街側の風景。中央の時計台のある建物に、このレストランがある。


▲左:ノースブリッジから南方面  右:Princes St.をカールトン・ヒル側から


▲右:ノースブリッジを東側から  右:ノースブリッジからカールトン・ヒル

関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・三和國中駅: 土庫鴨肉富 三重溪尾店 2017/08/21
台湾/台北・徐匯中學駅: 台湾芒果氷専売店 [台灣芒果冰專賣店] 2017/08/21
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 2017/08/20
台湾/台北・東門駅: 芒果皇帝(King Mango) 2017/08/20
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>