« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イギリスの古城ホテル:タラック城[Tulloch Castle]

訪問:2014/7/13~14 (Room Type: Four Poster Room(No.12)、朝食付 £155/2人)
評価:総合★★★★☆、味★★★★☆、サービス★★★☆☆、雰囲気★★★☆☆、CP★★★★☆
宿泊:総合4.0、予約個室4.5、建物全体3.5、サービス3.0、CP3.0
Tulloch Castle

【インデックス】
直営レストランのディナー
朝食の紹介
泊まった部屋の写真
タラック城の写真
この日の行程と風景
[参考] 宿泊した欧州の古城・シャトーホテル一覧

掲載順が前後するが、3日目はアイリーン ドナン城[Eilean Donan Castle] と、ダンロビン城[Dunrobin Castle] を経由して、イギリスでは初めて泊まる古城ホテルであるタラック城[Tulloch Castle]が目的地。
インヴァネス[Inverness]の隣町の中心から徒歩圏にあるので、車が無くても使える立地だ。
 

レストランの雰囲気 テーブルセッティング

レストランは「Turrets Restaurant」という名称で、宿泊客以外にも開放している。
営業時間は18:00~21:00と日本と同じ。スペインだとホテルレストランでも20:00とか20:30からなので、食後の時間が取れるイギリスはありがたい。

メニューは日替わりのコースのみ(☞ こちら)で、前菜7択・メイン5択・デザート4択で 2 Course £20.953 Course £25.00(≒4450円)とリーズナブルだ。

パンとバター

まずは、パンとバター。
ここのバターも、スカイ島のホテルレストラン The View と同様に塩気が強い。

Chicken liver pate
Chicken liver pate, Melba toast, chutney

前菜から家内が選んだのは、鶏レバーパテ。なんだか、こればかり選んでいる。

見るからにボリュームたっぷりのパテで、それなりにおすそ分けにもありつけたが、イギリスでこの手の料理を頼むと必ず付いてくるフルーツを煮込んで作られたチャツネと合わせると、非常に美味だ。

メルバトーストは、なんとなく北欧のパンという感じで趣味ではなかった。

Seared mackerel fillet
Seared mackerel fillet, pickled beetroot, potato scone

私は、狙っていた料理を家内に取られたので、前菜で出てくる焼鯖料理ってどんなものだろうという興味から選んだのだが、鯖というよりはホッケの塩焼きみたい。
どうも焼いた魚は、どこで食べても美味しく感じないみたい。日本人的ではないな。>自分

それにしても、量を抜きにすればメインのような皿が前菜だという感覚に付いて行けない。

Duo of feather blade & ox cheek
Duo of feather blade & ox cheek, wild mushrooms, fondant potato, red wine jus

メインから家内が選んだのは、牛ほほ肉。
「feather blade」の意味が分からなかったので、「ox cheek」だけで選んだ。

肉をアップで

断面を見た感じでは、たしかに牛ほほ肉。
家内は美味しいと言っていたが、私は埼玉イタリアン等で食べすぎたせいか、牛ほほ肉が苦手になっているので、パス。
だんだん苦手な食材が増えてきているのは、困ったものだ。食べられる量も減ってきているし・・

Slow roasted pork belly
Slow roasted pork belly, wholegrain mustard mash, seasonal vegetables. cider jus

私の選択は、じっくり焼き上げたという豚ばら肉のロースト。
豚ばら肉も脂身が苦手なのだが、Slow roasted とあったので、油脂分は抜けているだろうと判断した。

豚バラ肉をアップで

皮付きバラ肉を、本当にじっくり焼いたという感じのものが出てきた。
皮はカリカリで脂身を感じさせない仕上がり。それでいて柔らかい食感を保っているのだから、非常に美味だ。

ソースはおなじみウイスキーではなくリンゴ酒ベース。肉の旨味が十分出ているソースで旨い。
食感的には、スペインやポルトガルの仔豚の丸焼き(例:O Parque dos Leitões)に近いのだが、宿泊客が少なく数が出ないであろう料理なのに、この水準を保てるとは驚きだった。

Sticky toffee pudding
Sticky toffee pudding, sticky toffee pudding ice cream

デザートから家内が選んだのは、ブラウニーみたいな「スティッキー・トフィー・プディング」というケーキ。
見た目はチョコレートケーキだが、チョコでは無かった。

この「スティッキー・トフィー・プディング」だが、調べてみるとイギリスではかなりメジャーなデザートらしい。(☞ 英国的ローカルスイーツ「スティッキー・トフィー・プディング」

アイスクリームが非常に美味で、クッキークリームのような感じのものだった。

White chocolate cheesecake
White chocolate cheesecake, vanilla ice cream

私は、珍しいホワイトチョコのチーズケーキ。
チーズケーキとあるが、チーズ感がほとんどないので、単なるホワイトチョコのケーキという味だ。

ちょっと間違えると苦手なバタークリームという感じもしないでもなかったが、そこはちゃんとホワイトチョコらしくまとめてあった。美味しい水準ではないものの、甘さも控えめで、まずまずのお味。
 

朝食のテーブルセッティング

ホテルの朝食は、シティホテルのような規模の大きなホテルでなければ宿泊者以外の利用は受け入れていないのが普通だが、ここのホテルは、入口の壁に £14.50 という金額が記されていた。

Full Scottish Breakfast
Full Scottish Breakfast
Pork sausage, Unsmoked back bacon, Grilled tomato, Black pudding, Haggis, Mushrooms, Baked beans, Fried bread, Potato scone, Fried (or Scrambled, Poached, Boiled) eggs


メインとなる皿の選択肢があり、それ以外に種類は少ないもののバイキング形式のパン・ドリンク・フルーツ・チーズ類が用意されているが、私はスコットランド仕様のフルブレックファストを注文。卵の調理方法は4種類から選べる。

Egg Benedict
Egg Benedict
English muffin topped with ham & poached eggs glazed with hollandaise sauce


家内は、それほど食べれないということでエッグ・ベネディクトを頼んでいたが、内容が貧弱になるだけで総量的には変わらない気も・・

【タラック城の詳細情報】
名称Tulloch Castle Hotel
電話: 0843 178 7143
住所:Tulloch Castle Drive, Dingwall, Ross-Shire, IV15 9ND Scotland
緯経:57.608808,-4.433682(敷地入口)、57.609177,-4.433362(建物入口)

駐車場:無料(緯経:57.609351,-4.433826)
ネット:WiFi無料
 

【泊まった部屋(No.12)の写真】

▲最上級はとてつもなく広いスイートルームだったので、上から2番目の Four Poster Room を指定。


▲左:Four Poster Room はたくさんあるが、テラスのある部屋はここだけ。ラッキー!
 右:テラスからは、こんな風景を楽しめる。


▲テーブルと、お茶のセット。水とスコットランド銘菓のショートブレッドも2種類ずつあった。


▲左:暖炉にはオイルヒーターが置かれていた  右:バスルーム
 

【タラック城(Tulloch Castle)の写真】

▲左:西側の横から  右:公道側入口から


▲左:建物入口(何故か道路側にホテル名が記されていなかったので不安だった) 右:ロビー


▲ロビーラウンジ


▲ロビーからレストランへ


▲階段を上がって上階へ




▲ダイニングルームかな?(物置と化していた)


▲大広間。こちらは、パーティやイベント受け入れに使っているようだ。


 

今日のルート by 旅レコ
今日のルート(地図をクリックすると、大きな地図が開きます)
 

【アイリーン ドナン城(Eilean Donan Castle)の風景】



▲左:日曜日だったからか、当時の衣装を着た人達がお出迎え  右:横から見た城


▲左:メインゲート  右:その上にあった紋章類


 

【ダンロビン城(Dunrobin Castle)の風景】

▲左:正面駐車場から  右:この出口ゲートから入口ゲートまで1Km以上離れている


▲海側には2種類の庭園が整備されている


▲左:城内撮影禁止だが、城内から右側の庭園を撮影  右:開催中のFalconry Displaysが見えた


▲左:終盤のショーに参加できた  右:親子でファルコンを操っていた
関連記事

テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
31位
アクセスランキングを見る>>