« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イギリス/スカイ島.ポートリー[Portree]:The View Restaurant

訪問:2014/7/12 18:20 (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
2日目は、インバレリー城[Inveraray Castle]、キルカーン城[Kilchurn Castle]、ダンスタッフネイジ城[Dunstaffnage Castle]、そして孤島に建っているストーカー城[Castle Stalker]を丘の上から眺めてから、スカイ島[Isle of Skye]にやってきた。(☞ スコットランド古城めぐり情報

外観 店内

夕刻の時間帯に加えて雨模様で風景写真など撮れる状況ではなかったが、スカイ島の中央部分に位置するポートリー[Portree]という街まで来て、スカイ島自慢のシーフードをいただくことが目的。

店選びは、おなじみミシュラン旅行ガイド掲載店の中からHPに掲載されているメニューを吟味したうえで選んだ。
このレストランを運営するホテルは、ポートリーの街を見下ろす高台にあり、晴れていれば素晴らしい景色を堪能できたはずだ。

窓の外は雨 帰り際に店の前から街を見下ろす
▲左:レストランの窓からは、港を見下ろす絶景が見えたはずだが、土砂降りでは無理だ
 右:帰り際に、小降りになったのでレストラン前から街側の風景を撮影

予約なしだけど大丈夫かと聞くと、問題ないとその景色を堪能できる窓側席に案内してくれた。
通常なら宿泊客を優先するだろうに、早い者勝ちで席を埋めていく運用のようだ。

パンとバター

まずは、温められたパンとたっぷりのバター。このバター、塩がかなりきつい。
フランスと同様に無料のパンが出てきたと思ったのだが、どうもスープに付いてくるパンのようだ。
出てきたタイミングがまったく違うのだが、スープを下げると同時に余りを回収されてしまったのだ。
翌日の店でもそうだったが、当地ではパンは前菜を下げるタイミングで下げてしまうみたい。

Loch Eishort Mussels
Loch Eishort Mussels(£7.95≒1450円)
Cooked in White Wine, Shallots Garlic and Cream


前菜から選んだのは、またまたムール貝。牡蠣とかムール貝は大好物なのだ。
日本とは比べ物にならない量で出てくるのは欧州では当たり前だが、貝の大きさの割には身が大きい点では1・2を争いそうな感じ。

ムール貝の身をアップ フィンガーボウル

このムール貝、スカイ島の一番奥にある Loch Eishort という湖で採れたものだそうだが、身が甘くて過去食べたムール貝の中で一番おいしかった。
牡蠣の過去最高がタスマニア島で食べたもの(☞ the Taste Festival 2010-11)だったし、離島産の貝って美味しいのかもしれない。

ちゃんとフィンガーボウルも用意されたが、アジアではウーロン茶だろうけど、イギリスでは紅茶を使うのだろうか?
さすがに手を洗うものを飲んで試すわけにもいかなかったが、気になる。ウーロン茶にレモンは無いだろうから、やっぱり紅茶かなぁ・・

Homemade Seafood Chowder 具だくさんのスープだった
Homemade Seafood Chowder(£6.50≒1150円)
Served with Homemade Bread


家内はシーフードチャウダー。写真では分かりづらいが、深さのある皿でかなりの量だ。
クラムチャウダーをベースにしたものと勝手に解釈して頼んだみたいだが、サーモンベースだった。

スープを飲み進めていたら、中から大量の具材が出てきてビックリ。
とても飲みきれない(食べきれない?)ということで写真の状態から私が引き受けたのだが、クリーミーで美味しいスープ。サーモンベースとはいえ、それほど強く主張しすぎているわけでも無いので、よく味をまとめていると思う。

Chilled Skye Seafood Platter
Chilled Skye Seafood Platter(£38.95≒7100円)
Langoustine, Lobster, Oyster, Crab, Smoked Salmon, Potato and Chive Salad, Saffron Aioli and Warm Crusty Bread


さて、メインはスカイ島の魚介類を使った冷製シーフードプラッター。
この店を選んだ決め手は、HPに掲載されていたメニューにスカイ島のシーフードと銘打った料理が並んでいたからだ。

シーフードプラッターを反対側から

反対側からの写真も載せておこう。
良い魚介類を食べなれている日本人から見れば、鮮度・質ともにやや期待外れだったが、豪華な見栄えで満足だ。

特筆すべき点を挙げるとすれば、手長エビの殻が硬くしっかりしたタイプだったこと。
ラングスティーヌは、スカイ島の主要漁獲品のようで、他の産地とは種類の違う固有種なのかもしれない。というのも、海老というよりは尾の部分がシャコに近い薄い形状と味わいで、胴体の大きさの割には可食部が少ないものだったからだ。

牡蠣をアップで

大好物の牡蠣も、ムール貝の感動とは違って身がつぶれた感じで今一つ。日本で食べる普通の牡蠣と同じようなものだが、身が崩れているのは牡蠣のむき方に問題があるのかも?
レモンに軽くビネガーを加えたようなタレを事前にかけてしまっているので、牡蠣本来のミルキーな味を楽しみにくい供し方という点でも残念だった。

Potato and Chive Salad

シーフードプラッターには、別皿でパンとポテトとサラダが付いてくる。
このうち、ポテトが意外に美味で、普段なら残すところを完食。アイオリソース(サフラン入り?)が良かった。

Warm Crusty Bread

まだお腹に余裕があったので、デザートも試してみることにしたのだが、残念な結果になってしまった。
やはり、イギリスで他国のケーキ類を頼んではいけないようだ。

Fresh Scottish Strawberry Parfait
Fresh Scottish Strawberry Parfait(£6.50≒1200円)
White Chocolate, Macerated Strawberries and Basil Cream


私が選んだのは、スコットランド産のイチゴを使ったパルフェ。
フランス菓子というよりは、イタリアのセミフレッドのような感じで、イチゴも薄くて出来が悪い。
ちょっと気になったのは、添えられていた緑色のキューブ状のムース。バジルかなぁ?

Dark Chocolate Cheesecake
Dark Chocolate Cheesecake(£5.95≒1050円)
Caramel Gel, Pistachio Ice Cream and Vanilla Foam


家内はピスタチオのアイスクリームに惹かれてダークチョコのチーズケーキを選んだのだが、こちらもメインとなる食材の味が薄くてぜんぜんダメだとのこと。
チーズケーキは私の専門だが、チーズの味はほとんどぜず、チョコもハーシーのシロップを加えたようなバタークリーム製のムースみたいな出来だった。激マズといって良いだろう。

今日のルート by 旅レコ お会計
今日のルート(地図をクリックすると、大きな地図が開きます)
  スカイ島部分の走行実績が電池切れの影響で消えています。

ということで、水代を加えた総額は £70.10≒12600円
観光地の4つ星リゾートホテルのレストランと考えれば高いとは言えないだろうし、サービスも一流とは言えないまでも、イギリス仕様で考えればまずまずだったし、天気が良ければ景色は抜群だろうし、そう否定的な評価にはならないと思う。

※メニュー:前菜・サイドメイン・海鮮料理デザート・珈琲

【詳細情報】
店名:The View Restaurant
電話:01478 612003
住所:Cuillin Hills Hotel, Portree, Isle of Skye IV51 9QU
緯経:57.416104, -6.185142


※スコットランドのスターリング[Stirling]のホテルから登録しました、
 

【インバレリー城(Inveraray Castle)の風景】



 

【キルチャーン城(キルカーン城|Kilchurn Castle)の風景】

▲左:対岸の道路から望遠撮影  右:半島の先端に向かう道の途中から




▲無料の割には、整備されているし案内表示もある。(道路からの案内表示は一切ない)
 

【ダンスタッフネイジ城(Dunstaffnage Castle)の風景】

 

【ストーカー城(Castle Stalker)の風景】

▲船で渡るしか入城できないうえに開放期間も月に1週間程度(写真は対岸の車道から)

※今回の旅行で訪問したスコットランドの古城情報については、2012年の第1弾で登録した「スコットランド古城めぐり」に加筆する予定です。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>