FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ロンボク島 空港~マタラム~スンギギ 路線バス詳細情報(2014.6現在)

ロンボク空港[LOP]から約30Km離れたマタラム[Mataram]のバスターミナルを経由して、その先20Kmにあるロンボク島の代表的なリゾート地であるスンギギ[Senggigi]まで、国有企業であるDAMRI社(Djawatan Angkoetan Motor Repoeblik Indonesia)の路線バスが1時間に1本運行している。

DAMRI社のHP

走行ルートは左の通りだが(GPSLOGで復路を取得、クリックで大きな画像で見れます。スンギギ側はホテルからバス停までの約500mの徒歩を含んでいます)、空港発の時刻表は存在しないものの、スンギギ発は朝3時から夕方5時まで1時間毎の定時発車となっている。

ここでは、私が実際に往復乗車した際に調査&情報収集した内容を紹介したいと思う。
なお、あくまで私がロンボク島に滞在した 2014/6/28~30 の話なので、時間経過と共に状況が変わる内容であるという点を認識しておいてほしい。

特に、ロンボク空港(ロンボク プラヤ国際空港 | Bandar Udara Internasional Lombok | Lombok International Airport)は、3年前にマタラムから30Kmほど離れたプラヤ[Praya]に移転しているが、古い空港をベースとした情報が氾濫している点も注意してほしい。

■ロンボク空港からマタラム・スンギギまでの路線バス■

ロンボク空港のカウンター

空港到着後、制限区域の外への扉を抜け到着ロビー側に入ると、タクシー業者のブースが先に目に入る。そこを通過して、空港の建物の外に向かう途中に、上の写真のような「BUS DAMRI」と記されたチケットカウンターがあるので、ここで乗車券を購入する。

チケットカウンター緯度経度:-8.762298, 116.273502(☞ Google Map...航空写真で見ると分かる)

ちょっと厄介に思ったのは、写真の通り「BUS DAMRI」の案内表示が空港側ではなく、外側に向けて表示されている事。搭乗客から見ると、通過して振り返らないと見つからないことになる。

ロンボク空港~スンギギの路線バスチケット

運賃は、マタラムまで Rp.20000≒170円、スンギギまで Rp.30000≒260円

路線バス

バス乗り場は、空港正面出口を出て駐車場に向かう中央の道の右側。
DAMRI社のバスが停まっていなければ、路上に「DAMRI」とペイントされた枠があるので、その辺りで待っていれば大丈夫だろう。ただし、別の場所から出る可能性も否定できないので、チケット購入時に乗り場を聞くのを忘れずに。

ロンボク空港バス乗り場:-8.762386, 116.273067(☞ Google Map...航空写真で見ると分かる)

バスから空港を見る

上の写真は、停まっていたバスの前から空港側を撮影したもの。(手前にバスの影が見えている)
黄色い斜線部分で、街から空港に来たバスの客を降ろしていたので、この辺りで乗せてしまう可能性もありそうだ。

バスは、マタラムの街のDAMRI社専用ターミナルを経由してスンギギに向かう。
空港からスンギギに向かうバスは、最初に掲載した走行ルート地図の盲腸部分にある大きなバスターミナルには寄らなかったが、スンギギからの早朝バスは寄っていたので(誰も乗らなかったので、単に通っただけ)、マタラムで乗降する場合はDAMRI社専用ターミナルだと思った方が良さそうだ。

このDAMRI社専用ターミナルでほとんどの客が降りてしまい、新たに何人か乗車してきたものの、海岸線に出る前に全員降りてしまった。ゆえに、スンギギまでは私ひとりの貸切。そのせいか、正規バス停の400mほど先にあるホテル前まで乗せてくれた。国有企業とは思えない親切さだ。

◆マタラム[Mataram]のDAMRI社専用バスターミナル:-8.595494,116.146801(☞ Google Map

空港からの所要時間は、GPSLOG記録による実測ベースで、マタランのバスターミナルまで48分、スンギギまでは1時間26分だった。
推測ベースだが、空港発は毎時45~55分頃と見た。40分頃から地元客ばかりが続々と乗り込んできたのだ。

なお、当方が乗車したバスは17:58に発車したが、カウンターでチケットを購入した16:45に聞いたら、今発車すると言われたので、ひょっとすると目の前に見えていたバスではなく、他にバスがいたのかもしれない。
結構な客が乗り込んでいたので、空いていたり運転手がいないバスだったら、周りを注意深く見た方が良いと思う。

■スンギギからロンボク空港までの路線バス■

ASMARA前からバス停を撮影

スンギギのバス停は、帰国前夜に利用した高級レストラン ASMARA の50mほど街の中心に向かったところにある。上の写真は、ASMARA の前からバス停前に停まっているバスを撮ったものだ。

スンギギ発の時刻表

空港発と違って、こちらはしっかりした時刻表が掲示されている。
日中観察していると、かなり前からバスが待機しているようだが、朝6時発のバスに乗ったものの、実際の発車時刻は05:57だったので、少し早めに来た方が良さそうだ。

乗車券は、早朝便だからか窓口が開いておらず、車内で運転手に支払い。お釣りは期待できそうもないが、途中のマタラムのターミナルに窓口があるので、そこに案内される可能性もありそうだ。
トラブルを避けるためにも、事前にバス停で運賃を確認しておき、ぴったり用意しておくことをお勧めする。

スンギギ[Senggigi]バス停:-8.496206,116.046808(☞ Google Map



■ロンボク島スンギギ地区で食べたレストラン情報
いつものように、現地で食べたレストラン情報(ホテル宿泊に付く食事を除く)を、おすすめ順に並べておく。
といっても、中1日なので3軒しか試していないが・・
詳細はレストラン名をクリックして、レビューページを開いてみてほしい。

■第1位:ASMARA
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★CP★★★★★

寸評:ホテルを除けばスンギギ唯一の高級レストラン。丁寧な調理とサービス姿勢の良さが光った。

■第2位:The Office
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆

寸評:ビーチフロントに立地する店。立地の良さに対して安価な価格設定が魅力。内容も悪くない。

■圏外:Yessy Café
評価点:総合★★☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆

寸評:腹を満たす以外に価値を感じなかった。
関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム⑨:ホイアン
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
モルディブ/フルマーレ Hulhumale: Oryza Restaurant 2019/01/20
モルディブ/マーフシ島 Maafushi: Stingray Cafe 2019/01/19
モルディブ/マーフシ島 Maafushi: Hiyala Mariyaad 2019/01/18
2019年モルディブ・マーレ空港~前後泊に便利なフルマーレ島の路線バス情報 2019/01/17
モルディブ: Adaaran Prestige Vadoo Day Tour 2019/01/16
モルディブ/マーフシ島 Maafushi: Arena Beach Hotel (BBQ Dinner Buffet) 2019/01/15
モルディブ/マーフシ島 Maafushi: Kaalamaa Multi-Cuisine Restaurant 2019/01/14
ビジネスクラス機内食/スリランカ航空: コロンボ(CMB)⇒マーレ(MLE) 2019/01/13
スリランカ/コロンボ Colombo: t-Lounge by Dilmah(Chatham Street店) 2019/01/12
ビジネスクラス機内食/スリランカ航空: 成田(NRT)⇒コロンボ(CMB) 2019/01/11
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>