FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/オルヴィエート(Orvieto):デルモーロアローネ[Trattoria Del Moro Aronne]

訪問:[2014/2/28 19:40] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
今日のルート by 旅レコ← 今日のルート by 旅レコ
 (地図をクリックで、大きな地図)

世界遺産の街ピエンツァから、すぐ近くのモンテプルチャーノを経て、ウンブリア州のオルヴィエート(Orvieto)へ。

フィレンツェ側から来ると、右手に高さのある崖の上に広がる、いかにも要塞都市といった感じの街が見えてくる。

ピエンツァモンテプルチャーノも丘の上に建つ街だが(注:西欧では珍しくない光景)、外から見た印象がまるで違うのだ。

天空の街という煽りもあったけど、ちょっとイメージ違うなぁ・・
1月に出かけてきたポルトガルのモンサラーシュ(Monsaraz)(☞ 写真)のような街をを「天空の街」と言ってほしいものだ。

店内 パン

夕食は、グリーンガイド掲載店から選んだ。
19:20頃に出向いたら明かりがついていなかったので休みかと思い、別の店を探してから念のため戻ってきたら開いていた。
たぶん19:30開店なんだろうが、既に客で半分以上が埋まっていたのには驚き。

後から来る客を観察していると、常連風の方が多い。観光客はHPにも掲載されている店に入ってすぐの部屋に通されるようで、常連は奥の部屋に通されるみたいだ。

グリーンガイド掲載店だけあって英語は通じるものの、メニューはイタリア語だけ。
ご当地料理はどれかと聞いて、前菜、パスタ、メインを選んでみた。

ちなみに、コペルトは €2.00 で、100均で売っているような安っぽいプラスチックバスケットに入って出てきた。
大丈夫かなぁ・・

Affettati misti
Affettati misti(€7.50)

まずは前菜。地元のハムとサラミの盛り合わせだという。
出てきたのは、ハムとサラミがそれぞれ2種類ずつと、反対側から滴るほどにオリーブオイルタップリ塗ったトースト。
さすが、わが地元埼玉イタリアンで出てくるような生ハムやサラミとは次元が違う。

見た目でも生ハムの違いが出ているが、もっと違ったのがサラミ。特に右奥のウインナーサイズのものを半分にカットしてあるものが、滅茶苦茶美味しい。手前のサラミと断面ベースでは同じなのに、食感からしてまったく違った。
いったいそれが何なのか聞きたいところだが、英語を話すスタッフがひとりだけで、結局分からずじまい。混雑しているので、オーダー時と会計時ぐらいしか出てきてくれなかった。

Nidi di rondine
Nidi di rondine pecorino e miele caldo(€9.00)

パスタは、見たことの無いスペルのものを頼んでみた。(縦置で出されたが、横にして撮っている)
この Nidi di rondine を調べてみると、ツバメの巣という意味が出てきてしまうが、画像検索してみると同じようなパスタ料理がたくさん出てきた。どうもイタリアでは普通に通じるパスタ料理らしい。

Nidi di rondine の中身

それほど暗い部屋では無かったものの、カメラと相性が悪いのか全体的に上手く撮れていないが、いつものように断面(というか中身を崩した)写真も撮ってある。

ラザニアの変型のようなパスタだがラザニアよりも薄く、蜂蜜の甘さがあることから食感はクレープにかなり近い。ミルクレープのように何層にもなっていて、ペコリーノベースのホワイトソースが間に挟まれている。
パスタとデザートの中間のような味わいで、ちょっと面白い料理だ。

Coniglio alle erbette
Coniglio alle erbette(€12.00)

メインは、ウサギ料理。のはずだったが、出てきた皿は一瞬鶏肉ではないかと思えるもの。

Coniglio alle erbette

しかし、複数の部位の肉を鳥の腿肉風に盛りつけているだけであって、ハーブを効かせたウサギ肉だった。
加熱具合が非常によく、肉はジューシー、ハーブ使いも絶妙。日本も含めてなかなか美味しいウサギ肉料理に出会えていないのだが、4年前にアンドラの Restaurant COMA で食べた水準に次ぐ美味しさだった。

でも、付け合せは葉っぱ1枚だけというのは、ちょっと寂しいなぁ・・

お会計 外観

以上に水代を加えて、お会計は33ユーロ。店は狭くてチープな印象だが、料理の水準が高いことから満足できる店だと思う。

なお、オフシーズンでこれだけ混むことから、オンシーズンに出かける場合は開店前に店頭で待つか(開くのか休みなのか分からず、不安を感じそうだが・・)、予約した方が良いかと思う。

※メニュー:前菜・パスタ・メイン・サイドドリンク

【詳細情報】
店名:Trattoria Del Moro Aronne
電話:0763-754145
住所:Via S.Leonardo 7, Orvieto

大きな地図で見る
 

【オルヴィエート (Orvieto) の風景】
(☞ 公式HPwiki現地掲示地図写真





▲この街の見どころは、この大聖堂(ドゥオーモ)の外観につきるという印象だった(中はショボイ)



▲大聖堂のある広場に面した建物たち


関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>