FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/バーリ(Bari):Osteria dei Quattro Gatti

訪問:[2014/1/1 20:30]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
昼食を食べ終えた時点で午後3時と、サレント半島の東端にあるオトラント (Otranto) に着いた時点で夕暮れだ。ホント、冬場の北半球は日が短くて、行動範囲の制約が大きすぎる。
最大の楽しみだったアルベロベッロ(Alberobello)周辺は、50Km強戻ることになるが翌日回しにした。

元旦という事で、今日も安全策を採ってバーリの大型ホテルを予約していたのだが、なんとレストラン休業だって!
前夜と同じヒルトン系だが、まさかレストランが休業とは・・

店内の雰囲気 テーブルセッティング

フロントで開いている店を聞き、車で出かけたのがこの店だが(徒歩圏では開いていないとのこと)、お隣はシェラトンという立地。ヒルトン周辺はひと気が無かったが、こちらの周辺は活気がある。お隣の飲み屋(バール)は大盛況だった。

こちらの店、HPを見ても分かる通り、大々的にキャラクターを使っている店だ。
こういった店には期待できないが、店頭メニューで見る限り価格設定が安めだったので構わず入店。っていうか、飲めないのでバールに行く気が無いので(スペインのバルなら、コーラでもOKだし、食べ物も安くて美味しいので行きます!)、あとはシェラトンのレストランしか選択肢が無い。街の中心まで行っても、真っ当な店は休みだろうし。

パン

まずは、お決まりのパン。不思議なことにコペルトの請求が無かったが、忘れたのかしら?
コペルトを取らない店はパンが出てこないはずだが、パンが出てコペルト無しという店はホテル以外では初めてだと思う。

そのパンも、隣のシェラトンから流れてくる客を意識してか、南イタリアらしからぬ柔らかパン。
結構嬉しかったりして・・

Insalata Mista 中の方を混ぜた
Insalata verde, radicchio, rucola, carote, mais, cetrioli, pomodorini(€3.50)

野菜不足を痛感していたので、まずはサイドメニューからサラダをチョイス。
日本と違って何が入っているかすべて羅列されている事が多いので、選びやすい。

もちろん量はたっぷりだが、相変わらずというかイタリア人の感性なのか見栄えが悪い。
表面で見えるのは、たっぷりのコーンと人参に胡瓜。日本では表に出てくるはずである葉物野菜やトマトも、右写真のようにたっぷり入っているのにだ。

ドレッシングは、オリーブオイルとバルサミコだけ。
自分で好きな配分で瓶から振り掛けていただくのだが、イタリアや南仏では普通なのに、日本でこの出し方を見ないのは何故だろう? 現地流に拘る店が多いのに不思議だ。

トマトのオレキエッテ
Primi piatti(€6.00⇒4.50?)

パスタのメニューは、単に Primi piatti 6,00と記されているだけ。
写真が3枚載っていたので何でもアリと見て、オレキエッテは有るかと聞くと、トマト(ポモドーロ)でいいかと。

で、出てきた皿がこちら。なんともシンプル。
ミニトマトが少しとチーズが振りかけられているだけで、メニュー写真のような具材が乗っていないのだ。
期待のオレキエッテに関しては生地が薄めではあるものの、一昨日にお隣バジリカータ州で食べたもの(☞ Ragno Verde)と大差なし。北イタリアの手打ちパスタと違って、うどん生地を作る手法と同じ感じなんだろう。

Frittura di pesce
Frittura di pesce(€10.00)

メインは、またまた海鮮フリットを選んでみた。
品数は少ないものの、薄い衣で重い感じがしないことから、完食。これだけ衣が薄いと、レモンが良く合う。
(日本のイタリアンのフリットは天ぷらの影響を受けているのか衣が多すぎだ!)

魚と蛸足

完食したと言っても、内臓を取り除いた魚の丸揚げがやたらと多く、最後の大きな1匹をなんとか片づけたというのが実態。それよりも、写真の左に見える黒い粒々が、イカ墨塩とでも言うのだろうか独特なものだった。

濃度の濃い塩水にイカ墨と香辛料を加えて再結晶化させたような感じで、なかなか美味しい塩だ。
日本のイタリアンだと安直に抹茶塩なんて出す店が多いが、イタリアンならこういった塩を出してほしいものだ。

お会計さて、お会計をお願いすると、€20.00で良いと。

恐らく、オレキエッテが具材なしで申し訳ないと思ったのだろうが、こういった対応をしてくれた店は初めてだ。
こちらも不満はあった(といっても、元々の価格設定が安いので仕方ないとは思っていた)が、この対応で印象は大きくアップした事は言うまでもない。


※メニュー:前菜パスタメインサイド・デザートピザ




【詳細情報】
店名:Osteria I Quattro Gatti
電話:080-504-3446
住所:Via Cardinal Agostino Ciasca 17, 70124 Bari

大きな地図で見る
 

【オトラント (Otranto) の風景】
サレント半島の東端の街。あと1時間もすれば日が暮れるという時間に到着。
海沿いに大きな城壁が築かれているのが特徴だが、城壁の内側は比較的新しい街なので魅力は乏しい気がした。
でも、後で調べると魅力が隠されていたようだ。夕暮れ時とあって、城壁周辺だけしか歩かなかったのは失敗だ。


▲左:海岸からの城壁の眺め  右:新しい階段を上って門をくぐると街に出る


▲一周回ってみたが、かなり大きな城壁だ。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
モルディブ: Adaaran Prestige Vadoo Day Tour 2019/01/16
モルディブ/マーフシ島 Maafushi: Arena Beach Hotel (BBQ Dinner Buffet) 2019/01/15
モルディブ/マーフシ島 Maafushi: Kaalamaa Multi-Cuisine Restaurant 2019/01/14
ビジネスクラス機内食/スリランカ航空: コロンボ(CMB)⇒マーレ(MLE) 2019/01/13
スリランカ/コロンボ Colombo: t-Lounge by Dilmah(Chatham Street店) 2019/01/12
ビジネスクラス機内食/スリランカ航空: 成田(NRT)⇒コロンボ(CMB) 2019/01/11
台湾/高雄・文化中心駅: 銅享鐵路便當 文化店 2019/01/09
台湾/高雄・文化中心駅: 金龍鍋貼水餃 2019/01/09
台湾/高雄・中央公園駅: Wok on the park@Indigo高雄中央公園 2019/01/08
台湾/高雄・巨蛋駅:正宗周焼肉飯 裕誠店② 2019/01/08
台湾/高雄・美麗島駅:博義師燒肉飯(本店)③ 2019/01/07
台湾/台南: 上海黒猪小籠湯包 2019/01/07
台湾/台南: 明卿 2019/01/06
台湾/台南: 森茂碗粿 2019/01/06
台湾/台南: 双生綠豆沙牛奶 2019/01/05
台湾/高雄・鹽埕埔駅:永和小籠湯包② 2019/01/05
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場A26): 旺來蚵仔煎 +東港漁港への行き方 2019/01/04
台湾/屏東・東港漁港: 美鳳旗魚黑輪 2019/01/04
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場331他): 漁郎生魚片 2019/01/03
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場A47): 瑞字號旗魚黑輪 2019/01/02
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
42位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
19位
アクセスランキングを見る>>