FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/ロッチェッラ・ジョニカ(Roccella Jonica):Parco dei Principi

訪問:[2013/12/29 20:30]
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★★CP★★★★☆
今日のルート by 旅レコ
▲今日のルート by 旅レコ(GPSLOG)  (不調で一部計測不可だった)

シチリア島の北側にあるミラッツォ(Mirazzo)の街の城を拝んでから、ランチを食べようと思ったものの、日曜日とあってレストランはみんなお休み。人出があるのにカフェすらほとんど開いていないのだ。
こちらの人たちは、みんな昼抜きで休日を楽しんでいるのかしら?

仕方ないので、フェリーでカラブリア州(Calabria)の本土側に戻る際に、船内売店でシチリア名物のでっかい円錐形ライスコロッケ「アランチーニ(arancini)」を食べてランチはおしまい。(車でカラブリアからシチリアに渡るフェリー情報の記事の中で紹介する予定)

イタリア半島南端をぐるりと回り、今夜はロッチェッラ・ジョニカ(Roccella Jonica)という日本人には全く知られていない街の外れにある5つ星ホテルに泊まることにした。5つ星といっても1泊朝食付€69(2人だと€79)と、らしからぬ宿代だったので事前予約したのだが、宿的には4つ星半というところ かな。
4つ星表示で内容は3つ星というホテルも多いので、最初から5つ星に期待しなければ快適だ。

入口側から店内 店内から入口側

日曜日の田舎町で外で食べることは不可能と判断し、おとなしくホテルのレストランで夕食。
5つ星ホテルらしく、豪華な内装はここまで一番だ。サービスマンもなんとなく洗練された雰囲気。

テーブルセッティング パン

イタリアらしくないパンが出てくるのは、世界各国の方が来る(はずの)5つ星ホテルだから、無難なものにしているのかも?

Scottata di polpo verace
Scottata di polpo verace con tocchi di patate aromatizzate al rosmarino(€13.00)
Seared octopus with pieces of potatoes flavored with rosemary


タコのぶつ切りとサイコロ大のジャガイモにローズマリー風味のオリーブオイルで炒めて塩胡椒で味付た典型的な家庭料理的な料理。
安心していただける味なのだが、何も5つ星ホテルのレストランで食べるような皿ではないなぁ。普通の家庭料理っていう感じ。

Linguine con scampi e gamberetti
Linguine con scampi e gamberetti(€14.00)
Linguine pasta with prawns and shrimps


なかなかスカンピの文字に出会えていなかったので、これをチョイス。
英語だと prawns and shrimps って、どっちも海老という単語だけど、出てきたのはスカンピ1.5尾分とブラックタイガー風の海老のぶつ切りが大量、それにズワイガニ風の足が1本が載ったボリューム満点のリングイネだった。

これだけ海老海老しているのだから、さぞかし出汁をしっかりとったソースで美味しいだろうと思いきや、ぜんぜん出汁が出ていない。やっぱりなぁ・・
もちろんパスタは南イタリアらしく乾麺なので、パスタ本体に味を求めることはできないが、不味いわけではないのと、昼はシチリアフェリーの売店で買った巨大ライスコロッケだけだったので、完食してしまった。

Entrecote di manzo
Entrecote di manzo con demi-glaces e tartufo nero(€14.00)
Entrecote of beef with black truffe and demi-glaces


魚料理の美味しい日本と比べると、南イタリアの魚料理のレベルの低さにいい加減飽き飽きしていたのでメインは肉料理を選んでみたのだが、仔牛肉っぽい癖の少ない牛肉が出てきた。
量も300gはあるだろうサイズだが、これは想定通り。

黒トリュフは、前にイタリアで買った瓶詰トリュフっぽい感じのものをスライスしたもの。
日本でおなじみの生のトリュフをスライスしたものよりもトリュフの主張が強いので、しっかりアクセントになっている。日本の生のトリュフって、超高級店で食べないからかもしれないが、あまり美味しい(香る)と思ったことがないので、こちらの方がいいな。

肉の断面

デミグラスソースは、野菜の旨味が無い肉々しい味で、好みではないもののよくあるタイプ。
さすがに、前菜・パスタ・メインと今回初めてフルで選んだので残してしまった。

5つ星ホテルのレストランっていう味ではないが、それなりに無難にまとまっていたと思う。
お値段は5つ星ホテルらしくない良心的な設定なので、決して満足できる味ではないけど否定的にはなれなかった。雰囲気とサービスが伴っているので、味の面を十分カバーしているし、食材的にも悪くは無いからだ。

実際、宿泊者以外の利用も何組か見られたので、地元の方たちが特別な時に利用するレストランという位置づけなんだと思う。

※メニュー:今日のメニュー

※イタリアから帰国して3日後に出かけているポルトガルの世界遺産の街エヴォラ(Évora)で登録しました。

【詳細情報】
店名:Parco dei Principi
電話:0964-860201
住所:SS106 - 89047 Roccella Jonica

大きな地図で見る
 

【ロッチェーラ・ヨーニカ (Roccella Jonica) の風景】

▲車道で城の入口を目指したものの、公開していないみたい


▲そこから歩道で別の塔に向かう道があったので上ってみた


▲左:塔から未公開城(修復中?)の眺め  右:山の反対側麓から見た城
 

【コリヤーノ・カーラブロ (Corigliano Calabro) の風景】 (☞ Google Map

▲左:城があるとの表示で目指したら、谷間の丘に建つこの城というよりは小さな宮殿風の建物
 右:城側から左の写真を撮った付近(教会前から撮影。教会前は谷)


▲左:なかなか城にたどり着けず、最後は車幅ギリギリで行き止まり(麓から徒歩で向かうべきだった)
 右:なんとか路駐して、そこから徒歩で向かう途中


▲登ったり降りたりしながら、ようやく城のすぐ横に出た


▲左:城に隣接する隣接教会
 右:Castello di Corigliano Calabro(Museo Castello Ducale/09:30-13:00,15:00-18:30)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ベトナム/ハノイ・ホアンキエム: Bánh Cuốn Bà Hanh 2019/02/17
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場A41): 家蚵仔煎 2019/02/16
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場220,221): 曾鮮生魚片 2019/02/16
台湾/屏東・東港漁港(華僑市場331他): 漁郎生魚片② 2019/02/15
台湾/高雄・三多商圏駅: 冠霖手工包子饅頭専売店 2019/02/15
台湾/高雄・三多商圏駅: 屏東肉圓② 2019/02/14
台湾/高雄・凱旋中華駅: 前鎮夜市 無名鴨肉麺 2019/02/14
台湾/高雄・凱旋中華駅: 屏東最好肉圓蚵仔煎(前鎮夜市) 2019/02/13
台湾/高雄・凹子底駅: 懷舊列車鐵路便當 2019/02/13
台湾/高雄・巨蛋駅: 佳味焼肉飯 2019/02/12
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>