FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/タオルミーナ(Taormina):グリグリア [Ristorante la Griglia]

訪問:[2013/12/28 13:30]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
Ristorante la Griglia 内扉

3日目は全州制覇の対象外としている離島州のシチリア州
離島といってもフェリーで20分の距離なのと、日本からのツアーも多い土地なので行ってみることにした。

カラブリア(Calabria)州とシチリア(Sicilia)州を最短区間で結ぶカーフェリーの話は後でミニ情報として発信するつもりだが、まずは1番の目的地である世界遺産の街タオルミーナ(Taormina)へ。

前日昼を食べ損ねているのと時間的にも遅いことから、特に物色もせずに「日本語メニューあります」の表示が目についたこの店に素直に(笑)入ってしまった。カモ覚悟で入ったのは、どこかで見た気がした名前だったからだが、歩き方にも他の方のブログ記事にも存在しなかったので、勘違いだったのかも?

店内 テーブルセッティング

店内は広々。写真の左側にも広がっている。
空いていたので窓側一等席に案内されたが、谷になった家の屋根が見える程度で景色は望めない。

日本人と思われなかったのか、通常のイタリア語と英語が併記されたメニューを渡されたが、過去の経験から欧州観光地で日本語メニューを渡されてもロクなことが無いので(価格表記がなかったり、説明不足の日本語で内容が正確に分からなかったり、そもそも怪しい日本語で意味不明だったり・・)、特に要求はしなかった。料理名だけは比較的なじみのあるイタリア語と英語があれば大丈夫だ。

パン
Coperto(€2.00)

パンは3種類で山盛りで出てきた。南イタリアのパンの傾向だが、非常に硬いものが多い。
珍しくグリッシーニが付いていたが(最初からテーブルに出ていた)、袋入り市販品だったので手を付けず。

ブルスケッタ

ここで、サービスですとブルスケッタが出てきた。
カリカリに焼かれたトースト(このパンはそこまで硬くない)の上に、見た目は缶詰トマトだが生のトマトを半ペースト状にして乗せてある。素直に美味しいと思う。

I Casarecci alla Vecchia Taormina
I Casarecci alla Vecchia Taormina(€10.00)
Small pasta cubes cooked Taormina Style


パスタは、当地タオルミーナの名前の入ったものを選んでみた。
このカサレッチ(Casarecci)というパスタは、シチリア生まれのパスタだそうだ。(☞ 参考

やはり、シチリア名物のトマトベースにモッツアレラを溶かし込んだような感じのソース。
トッピングは、スモークチーズだと思うが、このタイプのチーズは日本ではお目にかかれないものの、フリウリ料理のチャルソンス(Cjalsons)(☞ Osteria Da Alvise)にかかっていたものと同じタイプだ。

ミニトマトもアクセントに加わり、普通に美味しいというか、パスタに関しては埼玉イタリアンと大差ないなぁというのが感想。北イタリアのように手打ちパスタだと差が大きくなるが、所詮乾麺だと何もイタリアで食べる必要はないという感想になってしまう。この程度なら自分でも作れるし・・

Filetto di Mupa su Crema di Carote e Ciliegino
Filetto di Mupa su Crema di Carote e Ciliegino(€13.00)
Fish Fillet with carrot Cream and Cherry tomatoes


メインの魚料理は、ようやく真っ当なものが出てきた感じだ。
蒸し焼きにした Mupa という白身魚に、シチリアレモンの効いたたっぷりのソース。でも下手にレモンだけ強調した感じはしない真っ当なソースだった。ちょっと塩気が強いかな。貝からたっぷりの旨味と塩気が出てくるのだから、塩を足さなくても良いのに。

貝を除けてみた

表面を覆っていたムール貝とアサリを除けて(身は取り出して)撮ってみたが、確かにメニューに記されている人参が千切りで加わっている。もちろん貝はフレッシュもの。茹で加減も良い感じ。
この街ではないが、南イタリアの魚屋を見るとムール貝がやたらと目についた。

お会計以上、水代 €4.00(高い!)を加えて、お会計は €29.00

前夜まで外れの店ばかりだったので、ようやく真っ当な料理(といっても、埼玉イタリアン標準レベルだが・・)を出す店に出会えることができた。


※メニュー
お勧め前菜プリモ魚料理肉料理サイド・デザート

※イタリアを出国してドイツのフランクフルト中央駅(Frankfurt Hbf)前のホテルから登録しました。


【詳細情報】
店名:Ristorante la Griglia
電話:0942-23980
住所:Corso Umberto, 54 - 98039 Taormina

大きな地図で見る
 

【タオルミーナ (Taormina) の風景】

▲左:この広場からの海の眺めもなかなか良い  右:広場の山側の境界


▲左:外国人ツアーのガイドがコレの前で長々と説明していた  右:教会内でちょっと気になった



▲入場無料のよく整備された市民公園(から)の風景
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>