« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/サレルノ(Salerno):Novotel Salerno Est Arechi

訪問:[2013/12/26 20:50] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
今日のルート by 旅レコ
▲今日のルート by 旅レコ(GPSLOG)

カゼルタから真っ黒な雲の中を通り抜けて、今日の宿のあるサレルノ(Salerno)に到着。
当初は宿に行く前にアマルフィ(Amalfi)に寄るつもりだったが、こんな雨模様では無意味とパスしてしまった。(☞ 翌日訪問写真等

土砂降りで街のリストランテ探しをする気にもなれず、グリーンガイド掲載店でもあるホテルのレストランでいただくことにしたのだが、21時前というのに明かりが付いていない。開いていないのかと聞くと、電気を付けて営業開始。結局、他に誰一人と来なかったので貸切になってしまった。

店内 テーブルセッティング

見た目は朝食会場みたいだが、朝食は別の部屋だったので正式なレストラン。メニューがノボテル統一のカフェの名称だったので、リストランテではないと考えるべきだろう。(お値段はリストランテ価格だけど・・)
メニューは、ノボテル統一のカラー印刷のもののほかに、この店独自のものがあった。

パン

まずは、コペルトに付くパン。と思いきや、コペルトの請求が無かったので無料のパン。
さすがフランス系のホテルチェーンだ。パンは無料というフランス文化を引き継いでいる。

無料のアミューズ

続いて、サービスですと出てきたアミューズ。コーラ代が高かったので、それに付いてきたのかな?
前菜の選択肢で悩んだタコが出てきたわけだが、頼まなくてよかった。日本でも普通にいただける味だ。

Prosciutto di Parma con mozzarella di bufala
Prosciutto di Parma con mozzarella di bufala(€13.00)
Parma ham and Buffalo Mozzarella cheese


と言いつつ、選んだのは本来避けている非調理品であるパルマハムと水牛モッツアレラ。店独自側のメニューに掲載されていたので、少し期待して頼んでみた。

パルマハムは塩がやや強めで、日本で普通に食べられるタイプでガッカリ。
本場パルマのホテルレストラン(別系列の同じようなホテル)でいただいた時の感動を、同じ国内でも期待してはいけないようだ。

水牛モッツアレラの断面 断面からミルク分がにじみ出ている

少し期待していた本場の水牛のモッツアレラは、押すと牛乳分が染み出てきた。
この手のチーズは日本ではなかなかいただけないので、まあ良かったかもしれない。

Maltagliati con cozze in crema di ceci パスタをアップ
Maltagliati con cozze in crema di ceci(€13.50)
Maltagliati pasta with mussles and chickpeas cream


何枚か撮ったもののピントが合ってくれずにピンボケ写真になってしまったが、マルタリアーティ(あるいはマルタッリャーティ)というパスタも、独自メニューから選んだもの。

運ばれてきた時は貝の香が少ししたものの、ソース側の出汁は少な目。
ソース側には薄くスライスしたひよこ豆を崩さずに残しているといった工夫は見られるものの、量が足りずにパスタばかりが幅を利かせている感じだ。
そのパスタ本体だが、手打ちではなく機械生産風。「手打ち」か機械生産の単なる「生パスタ」は、コシの具合と食感でおおよそ判断しているので、外しているかも。

以上で、コーラ代を加算して €30.50。円換算4500円(\148/€)と考えると、かなり高い印象。
パルマのHoliday Inn Express Parmaでも同じ感じだったので、グリーンガイド掲載店がホテルの場合は選ばない方が良いのかもしれない。といっても、ホテルしか真っ当なレストランが無い街も多いので、なんとも言えないのだが。

※メニュー:当ホテルオリジナルノボテル共通①

※バジリカータ州のポリコーロ(Policoro)で登録しました。
 雨天なので海は諦め、これからマテーラ(Matera)を経由してレッチェ(Lecce)に向かう予定。

【詳細情報】
店名:Novotel Salerno Est Arechi
電話:0899-957111
住所:via Generale Clark 49, 84131 Salerno

大きな地図で見る
 

【アマルフィ海岸(Costiera Amalfitana) の風景】
翌日晴れ間が見えたので、未練のあったアマルフィ(Amarfi)に行ったものの、人ごみと南イタリアの典型的な都市部みたいにゴミゴミした汚い街並みという印象でガッカリ。「ヨーロッパ水風景」というTVの映像で魅せられたのだが、ここまで映像と実際のギャップが激しい街も珍しい。
こういった街は、青空広がる快晴でなければパスするのが良いと思う。僻地なので時間の無駄だ。






▲港から見た街の全景(右側の端に洞窟形式の駐車場がある)

アマルフィの街の駐車場は港周辺のスペースが限られるため、サレルノ側に少し向かった岩を掘って作った駐車場に入れると良いだろう。料金はどこでも1時間3ユーロ。


▲ソレント~アマルフィ間は駐車スペースもあるので、こんな風景を楽しめる

サレルノからアマルフィまでの道は、交通量が多いものの日本の旧道峠道といったレベルで特に大型車でなければ運転上の困難は無いが(だいたい、ガイドブックやウエブサイトで道が狭くて運転は困難などと煽っている連中は、自分で運転しないか、関連するツアーに参加させようという魂胆のある輩が多いので信用してはいけない)、せっかくの景色が良さそうな場所でも車を止められるスペースが無いのが残念だ。

半面、アマルフィからソレントの間は、アマルフィ周辺を除けば道も格段に広くなり、景色の良いポイントでも難なく車を止められる上に、ビューポイントの一部には駐車場もあった。
ということで、レンタカーで楽しむ場合は、ソレント側からアマルフィに向かうことをお勧めしたい。
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イタリア/リヴィーニョ [Livigno]: Hotel St. Michael 2018/07/21
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯③ 2018/07/20
台湾/台北・動物園駅: 悅餐廳@台北深坑假日飯店② 2018/07/19
台湾/斗六: 吳記肉圓 2018/07/18
台湾/台南: 聚福香古早味 2018/07/17
台湾/台南・大東夜市: 旗魚黒輪・無骨排肉酥・原木烤肉 2018/07/17
台湾/台南: 好地方蝦仁肉絲飯 2018/07/16
台湾/台南: 阿娟肉粽魯麵 2018/07/16
台湾/台南: 開春古早味 2018/07/15
台湾/台南: 友誠蝦仁肉圓 2018/07/15
台湾/台南: 永棋蝦仁肉圓 2018/07/14
台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店) 2018/07/13
台湾/高雄・市議會駅: (薛)富錦順小籠湯包② 2018/07/12
台湾/高雄・凹子底駅: 博義師燒肉飯 自由店 2018/07/11
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ⑤ 2018/07/10
台湾/台北・松江南京駅: 綠豆蒜啥咪② 2018/07/09
台湾/台北・迪化街: 枝仔冰城 台北大稻埕形象店 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: Mr.雪腐 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: 冰果天堂② 2018/07/07
台湾/台北・萬芳醫院駅: 芮比特 2018/07/07
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>