« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/カゼルタヴェッキア(Casertavcecchia):Antico Ristorante Mastrangelo

訪問:[2013/12/26 13:20]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
今回の旅の目的は、未訪問の南イタリア全州を走破すること。
まずは、ラツィオ州に属するローマ空港で車を借りて、高速道路でカンパニア州のカゼルタ(Caserta)に向かったわけだが、あいにくの雨模様で一部では豪雨という天候。お目当てのカゼルタの世界遺産である王宮の巨大庭園は歩けそうもないと悟って、道路地図で見どころとしてマークされていたカゼルタヴェッキア(Casertavcecchia)という街に目的地を変更して向かうことにした。

CasertavcecchiaRoute.jpg
▲現地へのルート by 旅レコ(GPSLOG)(ローマからナポリに向かう高速の出入口ベース)

例によってナビなど持ち合わせていないので、該当部分だけ切り取って持っていったイタリア道路地図だけで向かうのだが、Santa Maria-Capua Vetereで高速を降りてカゼルタ方面の標識に従い進み、王宮庭園を潜り抜ける長いトンネルを出た最初の出口を右折。後は城のマークの標識を目印に何度か曲がってたどり着いた。(本当の話を書くと、Casertavcecchiaという標識が皆無なので、城でいいやと諦めていたのだが、結果的に着いたところがカゼルタヴェッキアだったのだ)

店内 店内

小さな街の中心らしき広場にあったゲートを覗きこむと、レストランらしき店を発見。わざわざ「ピッツエリアではありません」とゲート入口に貼りだしてあったので、この店に決めた。
なんでも、1129年に建てられた古い修道院をレストランにした店らしい。確かに、店内は修道院らしき名残のある雰囲気だ。

着席してメニューをチェックしたが、朝食時間帯の機内食でお腹がすいていないので、「人気のメニュー」と記されているセットを頼んだら、今日はやっていないと。だったら、そのメニューは渡さないでほしいな。
仕方ないのでパスタとドルチェだけ頼んだら、セコンドはいらないのかと怪訝な顔をされてしまった。ランチ時間帯でパスタのみって観光地なら普通だと思うが、辺鄙な場所にあるのでよほど外国人観光客が少ないのか、ガイドブックに記されている話を初めて体験してしまった。(ピッツエリアではないと記しているのだから、こんな頼み方をする店ではありませんと言いたかったのかも?)

テーブルセッティング パン
Pane e COPERTO(€2.50)

まずは、大きく記されていた「コペルトとしてのパン」が出てきたが、素朴なものが1種類だけ。
相場より高い2.5ユーロも取るなら一皿出てきても良さそうなのに、本当にパンだけ。なんだかなぁ・・

Pappardelle alla crema di Cinghiale
Pappardelle alla crema di Cinghiale(€9.00)

英語が通じる方がひとりだけだったので、その方に地元のパスタはどれかと聞いて頼んだのがコレ。
Google翻訳だと「イノシシクリームパッパルデッレ」となるが、出てきた時の匂いはレバー臭。確かに、レバーペーストをたっぷりつかったソースで、独特なお味だ。

パスタはシート状のものを三角形にカットして茹でたもの。手打ちだとは思うが、北イタリアで食べるパスタの食感とは違って微妙なコシとか弾力感があまりない、機械生産的なお味。

Babà Napoletano
Babà Napoletano(€5.00)

地元のデザートとお勧めいただいたのが、日本でもおなじみのババ。
ナポリのババと記されていたので、どんなババかと思いきや、日本で食べる普通のババだった。

Babàはこの方向で出された

ちょっと調べてみると、東欧起源の焼き菓子の一種で、欧州全般に広まっているとの記述を発見したが、ナポリのババというのは独立したものらしい。フランスのサヴァランもババらしいし、10月にスイスで食べた Zuger Kirschtorte(☞ Le Dézaley)も、東欧発祥のババの変形ということかもしれない。

お会計入口ゲート
店の入り口は一番奥の右側

以上で、水代を含めたお会計は €19.00
€20札をテーブルに置いてトイレから戻ると伝票と共になくなっていたので、そのまま出ようとしたらお釣りと伝票を出口で渡された。フランスと同様に、イタリアでもチップの慣習は無くなってきているみたいだ。

帰りは、当初目指していたカゼルタ駅前にある王宮を正面から拝んでから、Caserta Nordの入口から高速道路に入りなおして、ナポリ方面に向かった。

※メニュー:セット前菜パスタ・スープメインチーズ・サイドデザート・飲料

※シチリア島のカターニア(Catania)で登録しました。

【詳細情報】
店名:Antico Ristorante Mastrangelo
電話:0823-371377
住所:Piazza Vescovado 5, 81100 Casertavecchia

大きな地図で見る

 

【カゼルタヴェッキア (Casertavecchia) の風景】

▲お目当ての城は廃城だった


▲街の中心(?)にある広場(右写真はレストランになっている修道院跡の入口)


▲閑散としていたが、飲食店が比較的多くある古い街並み
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,アイルランド④,他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>