FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/リール(Lille): Le Napoleon

訪問:[2013/11/3 20:00]
評価点:総合★☆☆☆☆☆☆☆☆☆サービス★☆☆☆☆雰囲気★☆☆☆☆CP★★☆☆☆
この日は、ベルギー国境に近いノール=パ・ド・カレー(Nord-Pas-de-Calais)地域圏の中心地、リール(Lille)の Suite Novotel を確保。TGVやタリス(Thalys)、ユーロスター(Eurostar)といった国際高速列車のゲートウエイ駅でもあるリール・ユーロップ駅(Gare de Lille-Europe)の駅前立地だが、直前割引で €64.50と破格だったのだ。
駅の駐車場代が €21もするが、そこは500m離れた場所の路地の路駐(チケット方式)で €0.50で抑えた。欧州では夜間や休日が無料になることが多いので、翌日の有料時間帯からカウントしたチケットを発行してくれることが多いのだ。街の中心に近いほど日中の確保は難しいが、夜間であれば空いているのが普通。(国によっては休日にコインを受け付けないタイプもあるので注意。イタリアのモデナやルクセンブルクがダメだった記憶がある)

せっかくなので、リールに隣接するベルギー最古の街だというトゥルネー(Tournai)にも寄ってきたのだが、ベルギーではフランスと違って日曜日でも街のスーパー(カルフールのミニ店舗)も開いているし、レストランも営業していた。雨が強かったこともあり、ベルギー側で夕食を取るという発想が出てこなかったが、結果的には失敗したようだ。

外観 店内

リールに着いてから、街歩きを兼ねてグリーンガイド掲載店で休業日が明記されていなかった店を2軒ほど出向いてみたが、やはりお休み。観光の中心となるジェネラル・ド・ゴール広場(Place du Général de Gaulle / Grand Place)や、リール・フランドル[Lille Flandres]駅前のブラッセリーぐらいしか開いていないので、あきらめて駅前の店に入ってみたが、予想以上にどうしようもない店だった。
グリーンガイド掲載店で私が標準(★3つ)と採点した店であっても、いかに真っ当な店であるかを証明したようなものだ。

お願いしたのは、当地の郷土料理のコース「Découverte du Nord(€21.90)
前菜(3択)、メイン(6択)、デザート(2択)の、いわゆる3皿コース(ムニュ)だ。

Terrine du nord
Terrine du nord

まずは、前菜。もちろん当地を表す「Nord」の文字の入ったテリーヌを選択した。

テリーヌというよりはパテ・ド・カンパーニュの類だったが、不味くは無いもののマルシェに並んでいる市販品風。
サラダのドレッシングが強いマスタード味だったので、それを付けていただいた方が良い感じになった。

チーズは、日本で普通に売っているチーズのようで美味しくない。
こんなチーズだけを食べていたら、未だにフランスのチーズにハマることは無かったはずだ。

パン フレンチフライ

パンは、フランスとは思えないほど激マズ。日本の大手製パンメーカーの袋詰めみたいな味だ。
フレンチフライ(ピンボケ失礼)は、メイン側に付いたものだが、こちらも美味しくは無い。

Poêlon de moules
Poêlon de moules

メインは、大好物のムール貝をチョイス。
何もフランスまで来てムール貝をメインに選ぶ必要は無いだろうと思うだろうが、この日は日曜日。真っ当なレストランが開いていないので、真っ当なフランス料理を食べることは出来ないならと、お隣のベルギーで食べた冬場のムール貝を思い出そうと。

出てきたものは、ブリュッセルの シェ・レオン を上回るボリュームだったが、鍋蓋を開けてみると茹ですぎで貝のタンパク質が表面にこびりついている状態。

殻の山 鍋底のスープも激マズ

単に茹ですぎというだけでなく、大きさはまちまちで可食部の無いものが半分近い。
それでも、101個(暇にも数えてしまった!)もあった貝を食べきって、シェ・リオンで食べた時のように底に溜まったスープを楽しもうとパンに付けて食べてみたら、こちらも激マズ! よくもこんな料理を出せるものだと感心した。
しかも、食べ終わった後に Did you enjoy it? なんて聞いてくるんだから、フランスでも普通の店では、このレベルで通用するのかと呆れてしまったという訳だ。

Café gourmand
Café gourmand

デザートは、今年のGW旅行でカルカソンヌの Comte Roger で知ったカフェ・グルマン。日本流に言えば、珈琲付のデザート盛り合わせだ。(注:フランスではコースでも食後の珈琲は別料金が普通)
見るからにボリュームだけのガサツな盛り合わせで、女性なら拒否したくなるような皿が出てきた。

この店、カウンターにはベルギーのビールを並べてあるので、ベルギー料理の店だったのかもしれないが(あんなムール貝を出すようでは否定したくなるが・・)、ワッフルだけは美味しいわけではないもののベルギー本場ものという感じのする出来だった。
残りのアップルタルトとチョコアイスは、カルフールで大きなパックで安売りされているようなレベルのもので不味い。

お会計 メニュー

【詳細情報】
店名:Le Napoleon
電話:03 20 42 19 69
住所:17 PLACE DE LA GARE, 59800 LILLE

大きな地図で見る
 

リール(Lille/ノール=パ・ド・カレー)の風景】(☞ 公式サイトwiki


▲ジェネラル・ド・ゴール広場(Place du Général de Gaulle / Grand Place)の建造物


▲左:ド・ゴール広場の飲食店街(ここをパスしたのは失敗?)  右:リール・フランドル駅
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>