« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ハンガリー/ブダペスト(Budapest):21 Magyar Vendéglő[Hungarian Kitchen]

訪問:[2013/10/13 21:00] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
初日と同様にハンガリー最終日も旧市街ブダで宿泊。新市街の都会的な街並み嫌いなのだ。
当初、新市街側で食べようかと企んでいたのだが、ランチの店で水準が予想できてしまったので、初日に利用したピエロ(Pierrot)の正面にあるこの店で食べることにした。こちらもグリーンガイド掲載店だ。

外観 店内

ペストから戻ってきたら、三位一体広場前にはパプリックビューイング用の巨大モニターが設置され、警察官が周辺にたくさん構えていた。どうもここで要人(?)の葬式が行われるみたい。ということで、数百人程度の群集と共に葬式(?)に外から参加してから向かったら、満席!
イベントが終わってすぐに向かったので、少なくともイベントの影響は無いはずだ。
日曜日の夜だからかなぁ。1時間後に出直すことになってしまった。

テーブルセッティング アミューズ

まだまだ満席状態だったが、1テーブル空いていたのでOKとのこと。
店内は、一昨日のピエロと比べるとかなりラフな雰囲気だ。布のナプキンはあるものの、テーブルクロスはかかっていない。それでも料理の価格設定は1割弱安い程度だから、料理の質が同じならピエロの方がいいな。

アミューズは、ハーブ入りのカッテージチーズ。
日本でも売っているブルサン(Boursin)のエシャロット&チャイブと同じ感じ。

パン

パンはバスケットでたっぷり出てきた。

Hungarian fish soup ポット入りのスープ
Hungarian fish soup(2136Ft≒980円)
Halászlé


スープは、既に3か所で食べたグヤーシュはやめておいて、「ハラースレー」という魚のスープを選んでみた。
これもハンガリー名物のスープらしい。

しかし、皿とポットが出てきて、自分で皿に盛りつけさせられる。
これが「ハラースレー」の供し方なのかもしれないが、あまり好きでは無いなぁ・・

Halászlé

これでも目いっぱい見栄え良く盛ったつもりの皿が左の写真。
右の写真のように、細い角切りヌードルも入っていた。

スープはまだ少し余っているので、量的には十分。きれいにカットされた柔らかな Cat Fish もたっぷり。

Cat Fish の白子?

1つだけ白子らしきものも入っていたが、淡泊ながらも美味しい。
スープの出汁は、複雑なことをせずに Cat Fish のガラから取ったものがベースだろう。
もちろん赤色はトマトではなくパプリカのお味。全体的に上品なお味だ。

ハンガリー産のフォアグラは本当に不味いのかを再確認することが目的だったので、前菜とメインの両方共フォアグラ料理を頼むという無謀な選択をさせていただいた。(でも、何も確認されなかったのは、結果的には疑問を生じることになった)

Foie Gras Burger
Foie Gras "burger" with home made brioche and apple ragout(3322Ft≒1550円)
Kacsamáj "burger" házi briósból almával


まずは、前菜のフォアグラバーガー。

バーガーの中のフォアグラ

しかし、やはりハンガリー産のフォアグラは不味い。
というか、ピエロで食べた hungarian grilled fois gras とまったく同じだ!
リンゴのソースも、おろしリンゴをそのまま加熱しただけという感じで、味が薄くてミスマッチ。これは、店の技量の問題か、ハンガリーの食文化なのか・・(いずれにしても不味い)

これで、埼玉版レビューでくどいほど書いていたフォアグラはフランス産でなければダメだということは確定だ。
とにかく味がないし、食感も悪い。

Letsho with roasted foie gras
"Letsho" with roasted foie gras(3831Ft≒1750円/Main)
Lecsó kacsamájjal


メインは、前菜側に載っていたハンガリー料理の「レチョー」をメインポーションでお願いしてみた。
これも、昨晩の BuBORék terasz で食べたものとの比較になるが、こちらはフォアグラ付で昨晩の4倍価格だ。

今度はフライパンごと出てきた! ということは、この出し方がこの店のスタイルということだろう。

Lecsó kacsamájjal

想定外にフォアグラだらけ。それもフォアグラバーガーと全く同じ調理だから、参った。
こういった注文をしたときに、アドバイスをくれても良いと思うのだが・・

レチョー自体は、昨日食べた玉葱だらけのものとまったく違うもの。
細長くカットされたパプリカもトロトロの状態で入っているが、なぜかイタリアントマトも1個そのままで煮込んだ状態(というよりはホール缶そのまま?)で入っていた。
なんだか、手抜きというかコスト削減に感じてしまうのは、考えすぎ?


Oremus, Tolcsva, Tokaj : 3 Puttonyos Aszú/2006(1684Ft≒770円/5cl)

ということで、かなり欲求不満だったが、デザートはダメだろうと思い、これまたハンガリーで有名な「トカイワイン」という貴腐ワインをお願いしてみた。デザートワイン系は量が少ないので、1杯ぐらいなら大丈夫なのだ。

この「3 Puttonyos」というのは、貴腐ワインの比率を示すものらしいが、さすがに100%ものではないので雑味が多い印象だ。
カナダで飲んだ貴腐ワインは美味しかった記憶があるので、ここはケチらず倍の値段の「5 Puttonyos」を頼めば良かったかな?

 
▲左:お会計  右:レストランカード(?)の表裏

※メニュー:料理(英語版)アルコール・ドリンク

【詳細情報】
店名:21 Magyar Vendéglő - Hungarian Kitchen
電話:1 202 21 13
営業:12:00~24:00(無休)
住所:Fortuna utca 21, Budapest

大きな地図で見る
 

【三位一体広場でのパブリックビューイング】



▲左:夕方撮った巨大モニター(この時は要人が到着するタイミングで、警官が睨みを効かせていた)
 右:このレストランの前から撮った三位一体広場方向の夜景(手振れご容赦!)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:南チロル周辺/イタリア
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台南: 家鄉八寶冰② 2017/06/24
台湾/台南: 麗都大冰果③ 2017/06/23
スペイン/バレンシア[Valencia]: Casa de l'Orxata 2017/06/22
スペイン/バレンシア[Valencia]: Bar la Lonja 2017/06/21
スペイン/バレンシア[Valencia]: ナバーロ[Restaurante Navarro] 2017/06/20
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒マドリード(MAD) 2017/06/19
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:成田(NRT)⇒ドバイ(DXB) 2017/06/18
ミニ情報:エミレーツラウンジ [The Emirates Lounge]@成田空港 2017/06/17
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ専用レストラン2軒を比較 2017/06/16
台湾/高雄・三多商圏駅:南豐魯肉飯(南豊魯肉飯)③ 2017/06/15
台湾/高雄・巨蛋駅:芒果好忙⑤ 2017/06/15
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉珍⑤ 2017/06/14
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店)② 2017/06/14
台湾/台南: 赤崁担仔面[赤崁擔仔麵](Chih Kan Dan Zai Noodles) 老店 2017/06/13
台湾/台南: 亞德當歸鴨 2017/06/13
台湾/台南・民族路三段: 鐵路便當 2017/06/12
台湾/台南:裕成水果店⑤ 2017/06/12
台湾/台南: 泰成水果店 2017/06/11
台湾/台南: 清吉水果 2017/06/11
台湾/台南: 奇異果子③ 2017/06/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
19位
アクセスランキングを見る>>