FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ハンガリー/セーケシュフェヘールヴァール(Székesfehérvár):BuBORék terasz

訪問:[2013/10/12 20:00]
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★★
2つ前に紹介した道路から出る噴水(っていうのかな?)の1つが、歩行者専用道路の一番端っこにある「Hotel Magyar Király」という四つ星ホテルの前にも設置されている。
ここのは規模が大きくて、夜でも複数の親子連れが楽しんでいた。(最後に昼間の写真を掲載してある)

外観 店内

このホテルの入口右側にレストラン専用入口があり、そこに掲示されていたメニューの価格設定が安い事と、ハンガリー料理というカテゴリもあったことから、ディナーはここで食べることにした。
店名をGoogle翻訳にかけると「バブルテラス」となるので、路上噴水を指しているのかもしれない。写真の通り、ホテル正面の広場にはテラス席が並んでいる。(この時、食べていたのは1組だけだったけど)

Hideg gyűmőlcsleves
Hideg gyűmőlcsleves(590Ft≒270円)
Cold fruit soup


まずは、ハンガリーのスープとしてグヤーシュの次に有名なフルーツスープ
フルーツスープというのは、時々埼玉イタリアンでも出てくるが、実態は果肉を潰したネクターという印象で、スープという味では無かったのだ。そこで、ハンガリーでは普通に飲まれているというフルーツスープを試してみようという気になったわけだが、やはりフルーツコンポート入りのジュースという感じで、スープという感じのものではなかった。

フルーツスープの中身

それにしても、フルーツの量がスゴイ。最初はイチゴ2粒だけかと思っていたら、中にブラックベリーが大量に隠れていた。ほかにも、黒スグリに赤スグリもたっぷり。

ブダペストの三位一体広場でも温かいものを屋台で売っていたが、あちらはリンゴとイチゴという組み合わせだったので、店によって使う果物も違ってくるのだろう。コストの高い果物をたくさん使っているとは、さすが四つ星ホテルのレストランだ。

Lecsó serpenyőben
Lecsó serpenyőben(890Ft≒410円)
"lecsó"(Hungarian ratatouille) in a pot


メインは、ハンガリー料理のカテゴリから「レチョー(Lecsó)」という料理を選んでみた。
写真のように縦置きで出されたが、欧州では日本と違ってこの向きで出す店が多い気がする。

レチョーを拡大

ハンガリーのラタトゥーユと記されていたので興味があったが、実態は玉ねぎのパプリカソース炒め。少しだけパプリカの細切りも入っていたが、ほとんど全部玉ねぎ。(値段が安いから?)

これが、やらたと塩辛い。ここまでのハンガリー料理で塩辛さを感じたことが無かっただけに、残念なお味だ。

パン

「Lecsó serpenyőben」を翻訳すると「ラタトゥイユとパン」とあるので、パンも出てきた。
一緒に食べればよいのだが、それに手を付けるとまだ3時に食べたジェラートの余韻があるため狙っていたデザートまで行けなくなるので、塩辛さを我慢しながら完食した。(高血圧なので、本当は残すべきなのだが・・)

Mákos Guba
Mákos Guba (hidegen, édesn, krémesen)(690Ft≒320円)
Sweet noodles with poppy seeds and cream


デザートもハンガリーのものをチョイス。「マーコシュ・グバ」と言うデザートだ。
こういったご当地デザートがメニューに載っていた店が無かったので、絶対に頼もうと狙ったわけだが、予想通りボリュームたっぷり。

Google翻訳では「ポピーシードGubaの(クリーミー、冷たい、甘い)」とあるこのデザート、Wikiにもこの「マーコシュ・グバ」について詳細に書かれているので、興味があれば見てほしい。(☞ Wiki

Mákos Gubaを拡大

ポピーシードは食べた記憶が無いのだが、ややエスニック的な味のするスパイスだ。(でも、Wikiではケシの実と書かれていたので、別のスパイスで味付けているのかも? 芥子といっても色々あるからなぁ・・)
ざっくりカットされたパンケーキに牛乳を混ぜてポピーシードをたっぷり加えて作ったような感じ。
単調な味なので半分でギブアップだったが、郷土料理の楽しさは味わえた。

以上に、お決まりのダイエットコーク(310Ft≒140円)を加えて、お会計は 2480Ft≒1150円。27%の税金が含まれているというのだから、税抜価格で考えると1952Ft(≒900円)に過ぎないのだ。
4つ星ホテル価格と考えなくても、なんとも素晴らしい物価の安さだろう。これだけではないが、地方都市訪問をやめられない一つの要因でもある。

お会計 店頭の噴水広場

※メニュー:前菜・メイン①②・ハンガリー料理・サイド子供用・デザートFinger foodsドリンク①

【詳細情報】
店名:BuBORék terasz
電話:22 311 262
住所:Hotel Magyar Király, Fő utca 10, 8000 Székesfehérvár

大きな地図で見る
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>