« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ハンガリー/セーケシュフェヘールヴァール(Székesfehérvár):パトリア [Pátria]

訪問:[2013/10/12 13:30]
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
外観

ハンガリー2日目は、ブダペストから70Kmほど離れたハンガリー最古の街、セーケシュフェヘールヴァール(セーケシュフェヒールヴァール)に鉄道で向かった。

いきなり市役所の写真を載せたが、実はこれが今回紹介するレストランの外観。街の中心広場(Városház tér:市庁舎広場)正面に構えているのだ。
次の記事に街の写真とインフォメーション前にあった観光地図などを掲載する予定だが、中庭のある大きな建物の広場側1階のほとんどを占めている。



街の中心の広場に面する一等地という立地だから、テラス席からの眺めも抜群だ。

人口10万人の都市という割には旧市街地はこじんまりとしているうえに、夜になると広場前から伸びる歩行者用道路に埋め込まれた線状の光が付き、2か所あった歩道から不規則に噴き上げるタイプの噴水広場も色とりどりにライトアップされるといった具合に、親子が集うすごく平和な印象を受ける街。
人通りもそれなりにあるので寂しい雰囲気は無く、大都市嫌いの私にはピッタリの街だ。

テーブルの絵

料理とドリンクの注文を終えて出てきたのが、パンと赤いペーストの入った小鉢。
その前に、このテーブルもなかなかお洒落で、店名とテラス席をデザインしたような絵が印刷(?)されている。

パンと豆板醤?

小鉢の赤いペースト、唐辛子の種みたいなのも入っているので、てっきり当地自慢のパプリカペーストだと思ってなめてみたら、豆板醤だった。ハンガリーで豆板醤??

後で気づくのだが、グヤーシュを食べ終えた段階でパンと一緒に回収されてしまった。
どうも、グヤーシュに入れるものだったのかもしれない。でも、豆板醤は入れたくないよなぁ・・

Marhagulyás
Marhagulyás(800Ft≒370円/3dl)
Goulash Soup


まずはお決まりのグヤーシュ。昨晩のブダペストでの高級店との比較だ。
小さい方をお願いしたのに、出てきた皿はどう見ても500cc入り(1100Ft≒510円)の方。昨晩の半分以下という価格なのに、量は5割増だ。

グヤーシュの中身

具材も豊富で、パンも付くのでこれだけで食事になってしまう。
お味の方は、やはり洗練された感は無かったものの、パプリカたっぷりであることは変わらず。肉質もやや劣る牛すね肉を使っているようだが、筋っぽさがあるものの十分に柔らかい。出汁もよく出ている。

ここで気づいたのがジャガイモ。昨晩と同様に、日本とはまったく違う品種なのだ。
日本のジャガイモでは絶対に再現できないと思う煮込み料理にぴったりの食感と味わい。
オランダのフレンチフライと同様の感動を味わえた。(ハンガリーのフレンチフライは、次回訪問時の宿題にしたい)

Baconos szűzérme
Baconos szűzérme magyaros karikaburgonyával(2450Ft≒1150円)
Hungarian Pork Loin with Potato


メインは、どれがハンガリー料理なのか分からなかったので、ハンガリーの文字が入った料理をお願いした。
ヒレ肉にベーコンを巻いて焼いた料理が出てきたが、ヒレ肉側は胡椒ベースで塩分はベーコン側から補う感じに仕上げてあった。おそらくベーコンはこの料理用に極端に塩を効かせて作ったもの。

肉と芋をアップ

それより、下にたっぷり敷かれたジャガイモが気に入った。実は、英語版ではハンガリーの豚肉と記されているが、ハンガリー語のメニューを翻訳すると、このジャガイモ料理がハンガリーのものだったのだ。

自慢のパプリカたっぷりで、ケチャップ味とはまったく違うもの。芋が美味しいので、かなりの量だったものの完食してしまった!

お会計 欧州の観光地でよく見かける乗り物が走っていた

そうそう、前回ハンガリー版は良い出来だと褒めたばかりの「地球の歩き方」だが、ここの記事はウソで騙された。
駅から旧市街に向かうと前方に城壁が見えてくるとあるが、10年前にはあったのかもしれないが、そんなものは無い!
やはり「地球の迷い方」だ。いつものパターンで、歩かず取材せず、インフォメーションにある地図ベースで書かれたものと思われる。確かにその地図には、城壁があるように赤い線が描かれているのだ。

※メニュー:スープ・メイン軽食・朝食・前菜サラダ・デザート・ドリンク

【詳細情報】
店名:Pátria Kávéház és Étterem
電話:22 397 089
住所:Városház tér 1, 8000 Székesfehérvár

大きな地図で見る
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
クロアチア/セルツェ [Selce]: Hotel Marina 2018/06/22
クロアチア/ザダル [Zadar]: Pekara Dalmatinka 2018/06/22
クロアチア/ロシキ・スラップ[Roški Slap]: Restoran Roški slap 2018/06/21
クロアチア/ロシキ・スラップ[Roški Slap]: Panorama Roški Slap 2018/06/20
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Hotela Jezero 2018/06/19
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Plitvice@Hotel Plitvice 2018/06/17
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Pekarne Dinara 2018/06/16
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Vinodol 2018/06/15
ザグレブ~リュブリャナ間 バスと鉄道でのアクセス方法と乗車記 2018/06/14
スロベニア/ベレニエ [Velenje]: Okrepčevalnica Mladost 2018/06/12
スロベニア/トリグラフスキー国立公園 [Triglavski narodni park]: Tičarjev dom 2018/06/11
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Best Western Premier Hotel Lovec 2018/06/10
プリトヴィツェ湖群国立公園絶景ポイント(VIDIKOVAC Sightseeing Point)への行き方 2018/06/09
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Jezero Lounge@Grand Hotel Toplice 2018/06/08
スロベニア/ボーヒン湖 [Bohinjsko jezero]: Vrtovin@Hotel Jezero 2018/06/06
スロベニア/リュブリャナ: Open Kitchen Ljubljana [Odprta Kuhna] 2018/06/04
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: ユリヤ [Julija Restaurant] 2018/06/03
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: Dobra Izbira! 2018/06/02
ビジネスクラス機内食/フィンエアー(フィンランド航空): ヘルシンキ(HEL)⇒成田(NRT) 2018/06/01
ビジネスクラス機内食/ノルディック・リージョナルエア: ワルシャワ(WAW)⇒ヘルシンキ(HEL) 2018/05/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>