FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/エアーニッポン:台北桃園(TPE)⇒成田(NRT)

搭乗:[2008/1/14 EL2104便] (注:食べログの日記から移植したものです) 《登録日:2013/9/24》
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆
ANAの子会社であるエアーニッポン(ANK)便を利用した台湾旅行の復路は、生まれて初めて「インボラアップグレード」が適用された記念すべき(?)搭乗となった。

年末にANAの上級会員資格を確定したことがアップグレードの対象となったのだと思うが、よく見かけていた搭乗ゲートでビジネスクラスにアップグレードされていた人たちが、エコノミークラスが満席の時に上級会員や搭乗実績を基準に選ばれていたということを、この時初めて知ったのだ。(どうりで、それまで一度も美味しい思いをしたことがなかったわけだ)



ウエルカムドリンクは無いが、飲めないくせに食前酒にあったシャンパンを頼んだみたい。
小さなカゴにあられ入りの小袋とプリッツが入れられて出してくるなど、見た目も考えたサービスだ。(後で親会社にも何度も乗ったが、こちらの方が良かった)



機内食は和食か洋食の選択制。
もちろん洋食を選んだが、わずか3時間の短距離路線としてはよくまとめていると思う。
前菜のサーモンは、安直無難なものという気もするが、他社でも同等のものがよく出てくる。



メインは肉か魚の選択。
エコノミーとは比較にならないが、欧州系2社と比べれば見劣りするのは短距離路線ということもあり仕方ないだろう。どうせなら、台湾料理を出してくれた方が嬉しいかも?



前菜とメインはビジネスクラスらしいが、デザートは容器が違うだけでエコノミークラスと大差無し。

やはり、ビジネスクラスは食事ではなく座席空間の快適さに価値があるのだろう。
となると、価格差の少ない国内線のプレミアムクラスは、と~ってもお得ということ。

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Lebanon Restaurant Batu Ferringhi店 2019/12/10
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Andrew's Kampung 2019/12/09
マレーシア/ペナン・Tanjong Takong: Awanis Satay 2019/12/09
マレーシア/ペナン・Tanjong Takong: Taiba Shawerma Restaurant 2019/12/08
マレーシア/ペナン・Mercure Penang Beach: Restaurant The Ombak 2019/12/08
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Rubin Mardini Cafe & Restaurant 2019/12/07
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Apom Balik Station 2019/12/07
マレーシア/ペナン・ジョージタウン: 大東酒樓(Tai Tong Restaurant) 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>