FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/オーストリア航空:ウィーン(VIE)⇒成田(NRT)

搭乗:[2007/7/10 OS51便] (注:食べログの日記から移植したものです) 《登録日:2013/9/22》
評価点:総合★★★★★★★★★★サービス★★★★★雰囲気★★★★★
スカンジナビア航空の欠航で、オーストリア航空のビジネスクラスまで試すことができたのは、今から考えれば非常にラッキーだったと言える。
というのも、初めてのビジネスクラスで乗ることができた2社の機内食の水準が、ANAよりもはるかに良かったからで、もし仮にANAのビジネスクラスを最初に使っていたら、ビジネスクラスなんて高いだけでつまらないものだ、と決めつけていたかもしれないからだ。



まずは、ウィーン空港のラウンジ食。これが、なんともしょぼいのだ。
乾き物を除くと写真の肉団子とサラダだけ。結果的には、この後の素晴らしい機内食を食べてもらうために、ラウンジで腹いっぱい食べさせないようにしているという好意的解釈もできたのだが・・

搭乗後(まだ他の客が搭乗中であるにも関わらず)ドリンクのサービス。
今のところこのサービスが無いのは日本の航空会社だけであるが(注:2年ほど前から長距離路線で開始している)、ちゃんとグラスに入れて出される。

最初の食事は、洋食メニューから選んだ。
ここで登場したのが、クルーがコックに扮してサービスしてくれること。(実際は、クルーが扮しているのではなく、本物のシェフだった!)
オーストリア航空ならではのサービスは(注:2011年以降に搭乗したトルコ航空でも採用している)、これだけでも場が和むし楽しい気分になってしまう。



アミューズは、軽い料理が出されるのが普通だが、この充実した皿。
ビジネスクラスの機内食に力を入れているオーストリア航空だけあって、こんなものを出されてしまうと、オーストリア航空を選んで良かったな、と思ってしまう。
もっとも、選んだわけではなく振り分けられただけだが、ラッキーだったということだ。


牛ヒレ肉
 アボカドとトマトのカルパッチョ


2択の前菜は、サーモンのカルパッチョを選択しても差が出る料理ではないので、ここは牛ヒレ肉を選択。
右側の白いブロックはチーズ。とても前菜という水準の料理ではなく、肉料理と言われてもおかしくない。

他社ビジネスクラスでは前菜の段階でトレーでまとめて出してくることが多いが、最後までトレーは出てこなかった。レストランと同様に一皿一皿供されるのだから、本当に機上のレストラン。


ウィーン風ポテトとキノコのスープ

この後スープが出てくる。カップスープレベルではなく真っ当なスープが出ること自体、他社では滅多にお目にかかれない。

「ウィーン風ポテトとキノコのスープ」は、欧州のスープらしい濃厚で抜群の美味しさ。
時間劣化のないスープは、本来ならどこの航空会社でも出してもよいはずだと思うのだが・・


ドーバーソール
 ケイパーとレモン風味のバター/セロリのピューレ/野菜ソテー


前菜で肉を選択したので、こちらは魚を選択。
ドーバー産舌平目は日本で調達するとかなり高い食材。日本で普通に食べる舌平目と違って、かなり肉厚で美味しい魚だ。
ソースがバターソースと少しと単純すぎて、フレンチ好きとしてはイマイチの皿ではあったが。

メインの後は、チーズとフルーツのワゴンサービスがある。(なぜか写真が残っていないのは、前の便でも食べているのでお腹いっぱいでパスしたものと思われる)


・ヴァッハウ名産アプリコットのダンプリング
・自家製バニラのパルフェ
・DO&CO 特製チョコレートヌガーのタルト


基本的にフレンチ好きなので、ケーキ系のデザートは好物。
デザートは複数選べるとの表記もあり、最高ランクに相応しサービスだ。もちろん3種全部をお願いした。
ケーキに合わせてオーストリア名物の杏も盛ってくれる。

DO&CO 特製チョコレートヌガーのタルトの断面 ヴァッハウ名産アプリコットのダンプリングの断面

3つの中でダントツの美味しさだったのが、チョコケーキ。チョコレートとクリームの2層構造で、特にチョコは欧州ならではの味わいで、日本ではなかなかお目にかかれない。これを目当てに、次の特典航空券でのビジネスクラスをオーストリア航空にしたぐらいだ。(無くなってしまったのは残念だったけど・・)

ボール状の揚ドーナツは、中央に砂糖漬のアプリコットが埋め込まれている。
オーストリア名物の杏とあって、杏の甘酸っぱさが独特。
中央のパルフェも、フルーツソースと共に水準が高かった。



この後、珈琲・紅茶・食後酒のサービス。
ここで日本でもおなじみのデザートワイン「Kracher(クラッハー) Cuvée Beerenauslese 2005」が登場。
普段酒を飲まない(というより飲めない)私も、甘いこの手のワインなら少しぐらい大丈夫だろうと頼んでしまった。

実は、この段階では珈琲をパスしてしまったのだが、珈琲こそがオーストリア航空の自慢だったのだ。
わざわざ「珈琲メニュー」なるものが用意されていて、1つずつ丁寧な解説が記されている。しかも日本語版までちゃんと用意されているのだから、素晴らしい。

この珈琲、食事時間帯以外では少し制約があるらしいのだが(スナックタイムに注文したら、ちょっと確認しますと即OKにならなかったことから判断)、気づかなかったと言ったらわざわざ作っていただけた。

選んだのは、「Wiener Eiskaffee」つまりウィンナコーヒーのアイスバージョン。
もちろん、何杯でも別の珈琲を追加オーダーすることも可能。

以上で1食目はおしまいだが、フライングシェフというエンタメ性も含めて、他社とは比較にならない格段に魅力あふれる内容で、まさに、機上のレストランという表現に相応しい機内食だった。



朝食メニューも多くの選択肢がある。
メニューに希望品にチェックを付けて夕食前に回収されるが、いくつ頼んでも良いようだ。(最後のメニュー写真参照)


カッテージチーズ入りオムレツ
フレッシュバジル/ポテトのソテー/グリルトマト


ミューズリー ハムとチーズの小皿
▲左:ミューズリー  右:ハムとチーズの小皿

あたたかいクロワッサン ホットココア
▲左:あたたかいクロワッサン  右:ホットココア

この当時は、過大な期待を持っていた国際線ビジネスクラスの2社目だったせいか、1社目(往路のスカンジナビア航空)よりも優れているといった程度の感想だったが、この後に搭乗した3社()が貧弱だったことから、オーストリア航空の機内食に掛ける姿勢は、他社を凌駕するものであるという確信を持つに至ったわけである。

ちなみに、2013年9月現在で20社に搭乗しているが、現時点で過去最高だった機内食が、この時のものであることを記しておこう。すでに公開している通り、その後のオーストリア航空の機内食は、徐々に悪くなってしまったのだ。(それでもANAよりは良い)

※メニュー:1食目朝食

オーストリア航空 ビジネスクラス機内食
ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:台湾㊵:高雄~台北
11月:マレーシア⑰:KL
1月:台湾㊶:高雄
1月:マレーシア
2月:マレーシア
4月:台湾㊷:レンタカーで1周
5月:台湾㊸:(マンゴーかき氷)
6月:台湾㊹:(マンゴーかき氷)
丸数字:累計訪問回数
~~~~~~~~~~~~
《代替国内宿泊旅行計画メモ》
6月上旬:秩父◎◇
6月中旬:三浦半島◎
6月下旬:佐渡◎◇☆ 自粛要請
6月下旬:裏磐梯◇
7月:大井川鉄道井川線◇
7月:利尻・礼文◎☆ 空路欠航
7月:那須高原・奥日光◎◇
7月:八丈島・青ヶ島 空路欠航
7月:霧ヶ峰・乗鞍高原◎◇
7月:八ヶ岳・蓼科◎◇
7月:岩手山・田沢湖◎◇
8月:志賀・万座◎◇☆
8月:妙高高原・戸隠◇
8月:利尻島◎:7月分振替
8月:山形・南三陸◎◇
9月:北アルプス◎◇☆
9月:奥日光☆
9月:金沢・富山◎
9月:伊豆・箱根◇☆
10月:佐渡◇☆:6月分振替
10月:広島・岩国◎☆
10月:徳島
10月:鳥取・島根☆
11月:由布院☆
◎:予約済 ◇:マイカー利用

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/タイピン[Taiping]: Room Service@Novotel Taiping Perak 2020/06/12
マレーシア/タイピン[Taiping]: KFC@RSA Gunung Semanggol店(AH2南方向SA) 2020/06/09
マレーシア/ペナン島: Room Service@Mercure Penang Beach 2020/06/06
マレーシア/ペナン島: 好面善 [Ho Min San] Gurney Plaza店 2020/06/03
マレーシア/ペナン島: 海尾海鲜 [Hai Boey Seafood] 2020/05/31
マレーシア/タイピン[Taiping]: doli Kuey Teow Goreng 2020/05/28
マレーシア/セキンチャン[Sekinchan]: Restoran Bagan Sekinchan 2020/05/25
マレーシア/クラン[Klang]: 永香瓦煲肉骨茶 [Restoran Weng Heong] 2020/05/22
マレーシア/クラン[Klang]: 直落玻璃瓦煲肉骨茶分店 [Teluk Pulai Bak Kut Teh] 2020/05/19
マレーシア/マラッカ[Melaka]: Sajian Idaman@R&R Ayer Keroh(サービスエリア) 2020/05/17
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>