« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/スカンジナビア航空:成田(NRT)⇒コペンハーゲン(CPH)

搭乗:[2007/6/30 SK984便] (注:食べログの日記から移植したものです)《登録日:2013/9/19》
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
次の海外旅行まで1カ月以上開くことから、目障りな広告が表示されてしまうという当サイトの仕様上の問題が出てくる。仕様上の広告は無料で使わせていただいているのだから仕方ないと思うが、金儲け目当てで故意に掲載するアフィリエイト広告は嫌悪感を覚えるクチなので、何とかしたい。よく見かける広告だらけのブログなんて読む気も起きず、速攻で閉じてしまうのだ。(補足:女性ブログに多く見かける、時々さりげなく加えている程度なら、カワイイものだと気にしていないが、こづかいにもならない程度なら止めることをお勧めしたい。嫌う人はそれなりにいるので、本人のマイナス評価につながるからだ。)

特に検索サイト上位に表示されるブログの半分以上は、その手のものだ。彼らは金儲け目当てに上位表示されることを目的に色々細工をしているのだから(それを商売にしている連中もたくさんいる)、記事の内容なんて恣意的で信憑性に欠けるものという判断をしている。当然ながら、自らの利益のための誇大広告みたいな煽りもたくさんある。

そこで、ブログ開始前に食べログの日記で登録していたレビュー記事の残りをまとめて移植することにして、広告表示を回避したいと思う。
全部で16回分あるので1日1本ペースで作業することになるが、基本的には食べログの日記側に掲載していた内容のまま転載となるので大丈夫だろう。食べログ側では最大5枚の制約があった写真は、可能な限り増やしたいと思っている。

-----
2007年7月の夏休みの往路、マイレージを貯めて生まれて初めてのビジネスクラス搭乗となった。


▲ANA成田ラウンジでの魅力的な方の(≒これだけしかないという意味)食べ物

もちろん航空会社のラウンジも初めて。
利用したのはANAのラウンジだが、取った料理(?)の写真を見る限りは、現在の成田と同じものだ。この時は初めてだったことから特に貧弱という感想を持ったわけではないが、世界の航空会社のラウンジを知るにつれて、非常にレベルが低いことが判明した。勝てるのは、米国系航空会社だけではないかと。
ちなみに、写真に写っている有名洋菓子店のフィナンシェは、現在は存在しない。無名の安物ばかりだ。

通常は早く搭乗しても窮屈な席で暇を持て余すことになるのでギリギリに搭乗するのだが、初めてのビジネスクラスということもあって1番のりで飛行機に中へ。すると、すぐにウエルカムドリンクのサービス。さすがビジネスクラスだなぁ、と感激した。(写真は撮っていない)

離陸後すぐに、ドリンクと袋入りのナッツ類のサービス。これはグラスが違うだけでエコノミーと同じ。



離陸後1時間程経過してから、食前酒とアミューズのサービス。ここまでで都合3回目のドリンクサービスになる。写真の通りシンプルそのものだが、お通しとしては十分だろう。
他社ではこの段階でテーブルに布を敷いてくれるのだが、SASではこの後にクロスを持ってきてくれる。



続いてサラダ・前菜・チーズ・パンが運ばれてきた。
パンは、かなりの種類をバスケットに入れて持ってきてくれる。無難なものを選んだが、北欧ならではのパンが多い。赤坂見附のストックホルムで出されたパンを思い出した。



勝手が分からず本来は食後に食べるべきチーズまで手を出してしまったのだが、この後にメイン料理となる。
出さらえた段階ではパンを除いてラップに包まれているので、チーズは後に残しておこう。(今考えると、ラップが付いたまま出してくるなんて、手抜きだよなぁ。)
サラダにはイタリア製のバルサミコドレッシング。これもエコノミーとは違って洒落た容器に入っている。



選択したのは「鴨胸肉のロースト バルサミコソース」。
エコノミーのメイン料理と同じような形状の陶器の皿に入ってきた。

前菜も含めてエコノミーとは雲泥の差であるが、シティーホテルのカフェで出てくるような水準で楽しみにするほどのものではない。まだ海外旅行が庶民に縁の無かった20年前には、機内食の楽しみを紹介する旅行雑誌が花盛りだったことを思い出すと、日本の食生活の水準がずいぶんと上がっていることを改めて感じさせられた。



一通り食事を終えると、デザートが配られる。ケーキとフルーツの選択かと思い、ケーキに魅力が無かったのでフルーツをお願いしたが、両方選んでも良かったようだ。ホント、何も分からない状態で乗ったので、今のように食い意地を発揮できていない。(笑)

この後に珈琲か紅茶が出る。

食事が終わるとペットボトル入りの水が配られ、さらにしばらくたつと、ハーゲンダッツのアイスクリームが配られた。この時点で離陸後3時間30分。その前にも、ドリンクのサービスは何度も行われ、酒飲みで自制心の無い人だと泥酔するまで飲みそうである。私は飲まないので縁なしだが。

ちなみに、中間食用にはビュッフェコーナーが用意されている。
ドリンク、フルーツ、アイスクリーム、サンドイッチ、スナック等をいつでも自由に取ることが出来るようになっているが、ここまでの段階で過剰とも思えるサービスぶりに感激し、今後マイレージを消費するときはビジネスクラスに限ると決意するにいたった。
まさか、この後20社以上にも乗ることになるとは、予想だにしていなかったわけだ。



成田を出て9時間後に朝食の開始。
最初の食事からここまでにも何度かビュッフェコーナーにあるものを持ってきて勧められる。エコノミークラスだと間食としておにぎりかカップめんが出るだけだが、さすがビジネスクラス。
でもビュッフェコーナーから自由に持ってこれるので、ローストビーフ風のサンドイッチと季節はずれのみかん(いわゆる温室みかん)を持ってきた。

到着前の軽食は2種類からの選択。今度は魚料理を選択した。



到着1時間前とあってエコノミーと同じようにワンプレートで出されたが、質のほうはさすがだ。
パンの選択肢は1回目の食事と同じで選択肢が多い点が特徴。

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
3月:台北・高雄/台湾
3月:ハノイ/ベトナム
6月:クロアチア②、スロベニア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・西門駅: Ice Galaxy 金庫 2017/08/24
台湾/台北・大直駅: 好奇營養豆花 2017/08/23
台湾/台北・松山駅: 七丸魯肉飯 2017/08/23
台湾/台北・松山駅: 大方氷品 [大方冰品] 永吉店 2017/08/22
台湾/台北・中山駅: 21街氷桟 [21街冰棧] 2017/08/22
台湾/台北・三和國中駅: 土庫鴨肉富 三重溪尾店 2017/08/21
台湾/台北・徐匯中學駅: 台湾芒果氷専売店 [台灣芒果冰專賣店] 2017/08/21
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 2017/08/20
台湾/台北・東門駅: 芒果皇帝(King Mango) 2017/08/20
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>