FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/ルフトハンザドイツ航空:ミュンヘン(MUC)⇒イスタンブール(IST)

搭乗:[2013/7/16 LH1772便]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★☆☆☆☆
ミュンヘンからの帰りは、トルコ航空では芸がないのでルフトハンザを選んでみた。
というのも、ルフトハンザ本体の欧州域内線は初めてで、過去の短距離路線は国内線しか無かったからだ。(子会社運行便なら、Lufthansa CityLineで独仏間を2度乗っている)



朝食を食べていないので、ミュンヘン空港のセネターラウンジで軽くつまんだが、家内はソーセージがないとがっがりしていたようだ。私は、いつものスムージーとミューズリー。それと、前回美味しかったクロワッサン。
ルフトハンザのラウンジでは、これが楽しみ。



搭乗してウエルカムドリンクを待っていると、結局出てこない。子会社便でも有ったはずなので、廃止したのかも?
それよりも、往路と同じ3列席の中央をブロックしている座席だが、普通の座席の中央席を単にカバーしてあるだけ。外せば3名着席できる形態なのだ。
往路のトルコ航空では、使わない中央席に肘掛を配置することで座席幅を広くしているので、ゆったり感が全く違う。測った訳ではないがトルコ航空はシートピッチも広め。欧州域内線ではこれが普通とはいえ、やはりトルコ航空にしておくべきだったか・・

離陸後のドリンクサービスの後、食事が出るまでしばらく経過。
この間、エコノミークラスは食事を配っていたので、お腹がグーグー鳴り出した。

ワントレーの機内食

離陸後1時間経過し、ようやく食事のサービス。
2時間半という飛行時間を考慮してか、ワントレーで出てくるものの、前菜・サラダ・メイン(2択)・デザートとANAの長距離路線と同じ構成になっていた。欧州域内線ではトルコ航空だけでしかこの構成になっている機内食を経験したことがない。(これが、トルコ航空と競合することから1品多く出しているのかは、確認できないが)

パン

パンをバスケットから選んだものの、トレーに隙間もなく皿が置かれているので置き場が無い。
トルコ航空では前菜とメインを別々に出して来るので、離陸後1時間も待たせるならトルコ航空と同じ運用にすれば良いのに。
やはりサービス姿勢という面では、ルフトハンザらしさが出てしまっている。

Sesame crusted smoked Tuna, Asian Vegetable Salad and Miso Sauce
Sesame crusted smoked Tuna, Asian Vegetable Salad and Miso Sauce

前菜は、厚切りスモークサーモンならぬスモークまぐろ。
味噌ソースとあるが、甘いビネガーソースをベースに隠し味程度の味噌を使っている感じ。
味噌が強くないのでソース自体は美味しいと思うが、スモークした魚の周りに胡麻をべったり張り付けるなんて、和食を意識していないにしても美味しくない。茹でた野菜をアジアの野菜サラダと記しているので、意識したのは日本という訳ではないか。

Tenderloin Tips of Beef Black Peppercorn Sauce
Tenderloin Tips of Beef Black Peppercorn Sauce, mixed Vegetables and Basmati Rice

メインは、牛肉を選んだ。というのも、家内が頼んだ魚料理が不味そうに見えたので、急遽変更。

黒胡椒ソースとかバスマティ米とあったことから、シンガポール系中華料理だと思ったわけだが、ぜんぜん不味い。肉が硬いのはともかくとして、味付けが中華系の旨味ではなく欧米系グレイビーソースとごっちゃになっているのだ。
欧州の航空会社にアジアンテイストを求めても無理だとは思うが、米は干からびているし、実に不味いメイン料理だ。

Pan-Fried Pike-perch in Saffron Cream Sauce
Pan-Fried Pike-perch in Saffron Cream Sauce, Parsnip Stew and Venus Rice

家内が先に選んだ魚料理。
サフランクリームソースに目が行ったのは私も同じだが、魚の大きさに対してソースが少なすぎ。というか、付け合せ側に吸われてしまって魚を食べるために付けることができない状況になっていた。

その付け合せ、ポテトに見えるのはパースニップという根セロリみたいな味のする野菜を茹でたもの。
ライスもワイルドライスに香辛料を効かせてあり、家内はかなり満足したようだ。魚だけは残していたけど。

Fresh Salad with grilled Bell Pepper Chocolate Chili Creme Brulee
左:Fresh Salad with grilled Bell Pepper, Wild Garlic Dressing
右:Chocolate Chili Creme Brulee with Cream

小皿に乗っているのは、焼きパプリカがトッピングされたサラダ。ワイルドガーリックと題されたドレッシングは、普通はジャムが入っているであろう小さなガラス瓶の中に半分ほど入った状態で出てきた。このタイプは初めてかも。
で、ワイルドガーリックって何かと思ったものの、ほとんどバジルベースではないかと思われるような味わい。ガーリック味などまったくしないのだ。

デザートは、チリクリームブリュレ。これも興味があったが、結局よくわからず。
調べた範囲では、唐辛子を乗せてあるクリームブリュレのようだが(考えただけでも食べたくない!)、こちらは唐辛子どころかスパイシーな味も無く、普通にクリーミーなチョコムース。急遽変更したのかも??



トレイの左中央にごちゃごちゃと置かれているのは、塩胡椒とドレッシングに、スティック状のバターと箱入りのチョコレート。チョコは、ドイツのブレーメン・ハシェ・チョコレート社(☞ Bremer HACHEZ Chocolade GmbH)のものだが、HPには日本語の案内も掲載されていたので、有名なのかな?



最後に、変なデザインのアイスチョコ最中が出てきた。
ルフトハンザ系って、短距離路線も含めて必ず最後にアイスクリームかヌガーバーの類で締めるようだ。

ということで、品数的には素晴らしいのだが、お味の方は芳しくない。
さらに、サービス面で見ても、ビジネスクラスとエコノミーの境界カーテンを閉めないので、人が食事をしているのに食事の終わったエコノミー客がトイレに流れ込んできて、目の前で行列を作られてしまったという酷い状況。食事提供時間をずらすと、こういった弊害が起きるという計算ができないルフトハンザらしい光景だ。
そもそもエコノミー客をビジネスクラス側に入れてしまうなど、言語道断。カーテンで仕切るだけでなく、ANAのように入るなという札(正確にはこの先ビジネスクラスという札)を掲げるべきだろう。

※メニュー:食事ドリンク

イスタンブール⇒ミュンヘン線のビジネスクラス機内食(往路:トルコ航空)
ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
セルビア/ソンボル [Sombor]: Restoran Stari Slon (Old Elephant) 2018/10/19
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Veliki Cafe Restaurant 2018/10/18
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Toster Bar 2018/10/17
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Restoran Terasa 2018/10/16
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Astal Saren 2018/10/15
セルビア/ノヴィサド [Novi Sad]: Petrus Caffe Gallery Bar 2018/10/14
セルビア/ベオグラード: Restoran Singidunum@Holiday Inn Belgrade 2018/10/13
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Cinnabarアカ@Crowne Plaza Dublin Airport 2018/10/11
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Green Room@Crowne Plaza Belfast 2018/10/10
北アイルランドのマナーホテル/エニスキリン[Enniskillen]: Manor House Country Hotel 2018/10/09
アイルランド/ドネゴール [Donegal]: Mcglynns Restaurant 2018/10/07
北アイルランド/ロンドンデリー [Londonderry]: Badgers Bar and Restaurant 2018/10/05
ブリスベン 無料のリバークルーズ「CityHopper」を使い倒そう! 2018/10/03
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: ブリスベン(BNE)⇒成田(NRT) 2018/10/01
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: PappaRich Malaysian Delights 2018/09/29
オーストラリア/ブリスベン [Brisbane]: R SUSHI 2018/09/27
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: シドニー(SYD)⇒ブリスベン(BNE) 2018/09/26
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>