« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/セルヴァ(Selva di Val Gardena):Hotel Savoy

訪問:[2013/7/12 18:30]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CPN/A
今日のルート by Google マイプレイス(一覧の [2013/7/12のルート] をクリック)

モエナ(Moena)からは、マルモラーダ山(Marmolada/3343m)をぐるりと回ってサン・ペッレグリーノ峠(Passo S.Pellegrino/1918m)、Falcade(1145m)、Alleghe(979m) の街を経由して、ポルドイ峠(Passo Pordoi|Pordoi Joch/2242m)へ。

ここで、3日目に天候不順で断念したロープウェイに乗って、山の上からの景色を堪能してから(☞ 写真)、セッラ峠(Passo Sella/2240m)を越えて、今日の宿の物色開始。
麓のプラン(Plan/1606m)という街だと、あまりにも山が近すぎて景色的にイマイチだったので、もうひとつ先のセルヴァ(標識では「Gardena」(ガルデーナ) が主流だった気がする。正確には Selva di Val Gardena)の入口にあたる集落で探すことにした。

例によって4つ星ホテルを何軒か見て回ったわけだが、昨晩食事で失敗したので、1ランク上の4つ星半というこのホテルにも当たってみた。「Small Luxury」という煽りに惹かれてしまったのだ。

外観 ダイニング

1泊2食付で €97/人(朝食のみだと €77/人)と、思ったよりも安かったことと、ディナーメニューの構成が前夜と雲泥の差だったので決定。
後で公式サイトや予約サイトで調べたら €116.00/人 だったので、どうもチロル周辺では事前予約よりも当日飛び込みの方が安くなるケースが多いようだ。(2年前も含めて4つ星以上のホテルでは3軒中3軒とも安くなっていた)

レストランは、宿泊者専用。ハーフボード用のコースメニューしかないのだ。
道路に面しているわけでもないので、一般客を入れる必要性は無いからだろうが、冬場はスキー場のリフト乗り場の隣という立地なので、一般客を入れる可能性はありそうだ。

席には、英語のメニューも用意してくれていた。(最後に掲載したイタリア語のメニューは、レストラン入口で撮影したもの)

Bread and butter
Bread and butter
Sesame bread with tomato bread
(2人分)

まずは、パンとバター。最初からセッティングされていたものだ。
パンが1種類だけというのも珍しいと思ったが、バターが付いているのでアミューズという位置付けのようだ。
副食のパンは、サラダバーにたくさん置いてあった。

Insalate fresche dal buffet
Insalate fresche dal buffet
Fresh salads from the buffet


そのサラダバーは全部で40品目ぐらいある素晴らしい品数。質が伴っているかというと、標準以上ではあるものの最高ランクよりは劣るといった感じだったのは、野菜類は豊富であるもののチーズや生ハム類が少なかったからだ。
このホテルの夕食代の加算額が他のホテルと同様に1人20ユーロだったわけだから、昨晩のような例外を除けば、チロル周辺の4つ星ホテル以上であればハーフボードがお得だ。

Tagliatelle di farina di ceci con ragu di manzo
Tagliatelle di farina di ceci con ragu di manzo e carpaccio di burrata
Chickpea tagliatelle with beef ragout and carpaccio of burrata


3択の前菜から選んだのは牛肉ラグーのタリアテッレ。
上に載せられている白い物体が不思議な味で、チーズという味ではないし、肉のたんぱく質を固めたような感じなのだ。
メニュー上は「ブラータチーズのカルパッチョ(carpaccio di burrata)」とあるけど、特殊な加工をするとこんな感じになってしまうのだろうか?

実は「パスタは乾麺かな?」とメモしてあったのだが、記事にするのに調べていると、どうも「farina di ceci」とはヒヨコマメ粉を表すようで、それを使ったパスタだったようだ。
ソース側にヒヨコマメが存在していたのかもしれないが、ヒヨコマメ粉という袋詰め商品の画像もたくさん発見できているし、お好み焼き風の料理でも使われているようなので気になる。

Boletus mushroom tart with spring onions
Crostata di funghi porcini con cipollotti
Boletus mushroom tart with spring onions


家内は、ポルチーニのタルトを選択。
味見ベースだが、ポルチーニの風味を感じない卵焼きタルトで、大外れだ。

Fresh champignon soup Smoothie allo yogurt e ribes nero
左:Schiuma ai funghi champignon freschi con crostini al pane nero
  Fresh champignon soup with black bread croutons

右:Smoothie allo yogurt e ribes nero
  Yogurt-Classis smoothie


次にスープが入っている構成は、なんとなくフレンチ風。
2択で、家内はマッシュルームスープ、私はヨーグルトと黒スグリとスムージーを選んだわけだが、スープは味が薄くて不味い部類。
スムージーは、なんと常温で出てきた。冷たく冷やせば、間違いなくデザートあるいは飲料系のスムージーだが、常温で出せばスープということなんだろうか?

Filetto di lupo di mare su fumet di broccoli e zafferano
Filetto di lupo di mare su fumet di broccoli e zafferano
Fillet of wolfish on broccoli and saffron fumet


2択のメイン、家内はサフランという文字に惹かれて魚料理を選択。
ソースのみの味見ベースだが、サフランというよりはパッションフルーツではないかという酸っぱいソース。
魚は蒸しすぎで硬くダメとのこと。

Crepes integrale con ratatouille di verdure
Crepes integrale con ratatouille di verdure
Wholemeal Crepes with ratatouille vegetables


私は、好物のラタトゥーユに惹かれてこちらをチョイス。
全粒粉クレープとあったので、クレープ包みは予想していたが、包み方と硬さが想定外。

クレープ包みの中身

中を開けてみると、これまた想定外。ぜんぜんラタトゥーユという感じがしない。
ラタトゥーユの材料になる野菜をフレッシュチーズで和えた感じのもので、クレープの下に敷かれていたトマトソースと合わせるとラタトゥーユになる・・わけがないな。面白くはあるものの、残念な料理だった。

しかし、メインの量が多いだろうと予想してサラダバーを控えめにしたのも、失敗した。
日本で食べるメイン料理の半分程度で、ぜんぜん腹が満たされなかったのだ。

Variazione di dessert
Variazione di dessert
Variety of desserts


デザートはいるかと聞かれたが(そういえば、他のホテルでもきかれた気がする)無料なのになんで聞くんだろう?
もちろんお願いして出てきたのは、チーズケーキ(あまり美味しくない)と、チョコで球状に固めたマスカルポーネ(?)風のクリーム玉。周りに艶を出すためにチョコソースもコーティングされている凝ったものだ。
ミントの葉が刺さっているものは、ホイップクリームでは無くジェラートだ。

Cioccolatini
Cioccolatini
Chocolate pralines


特に珈琲を頼んだわけではないが、恐らく小菓子という位置づけでプラリネも出てきた。
イタリアやフランスでは、このパターンで小菓子が出てくることも何度か体験している。

コースで頼んだ場合は、別料金の珈琲に付いているのか、そもそもコースに付いていたのか分からなくなるのが難だが、ここの場合はメニューに記されていたので珈琲側に付いているものでは無いのは明らか。
メイン料理に不満もあったので、いつもは小菓子目当てで頼む珈琲を頼まなかった。

以上でおしまいだが、朝食の皿も掲載しておこう。チーズ、ハム、焼き立てパンとまずまずの内容だった。

朝食

※メニュー:イタリア語版英語版お勧めワイン

【詳細情報】
店名:Hotel Savoy
電話:0471-795-343
住所:Ciampinei 36, 39048 Selva Gardena

大きな地図で見る
 

【サン・ペッレグリーノ峠 (Passo S.Pellegrino) の風景】

▲峠周辺はスキー場になっている


▲標識のある位置から見た両側

 

【セッラ峠 (Passo Sella) の風景】

▲標識から見た両端



▲峠周辺の道路は絶景の宝庫(ドロミティの峠道では1・2を争う風景では?)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/台北・國父紀念館駅:ICE MONSTER(アイスモンスター)⑥ 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯) 2017/08/19
台湾/桃園夜市: 天下奇冰 2017/08/18
台湾/桃園: 小夜城冰果冷飲 2017/08/18
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>