FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/カナツェイ (Canazei):Hotel Andreas

訪問:[2013/7/11 19:10]
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★☆☆☆
今日のルート by Google マイプレイス(一覧の [2013/7/11のルート] をクリック)

スタウランツァ峠(Passo Staulanza)を後にして、フェダイア峠(Passo Fedaia/2057m)を経由し、2日前に通った南チロルに属するカナツェイ(Canazei)という街に戻ってきた。いわゆるドロミテ街道沿いで最も有名なポルドイ峠の麓に位置し、街からの景観もまずまずだったことから、ここで1泊することにしたわけだ。

外観 ダイニングルーム

4つ星ホテルを何軒か物色し、部屋が一番良かったこのホテルに決めたのだが(朝食付€45/人)、2食付だと€30/人増とのことでちょっと躊躇。メニューも見せていただいたが、内容がイマイチだったのだ。
しかし、2年前に2食付で良い思いをした4つ星ホテル Hotel Alte Mühle の記憶があるのと、ジェットバス付のミニスイートという部屋の良さに掛けて2食付にしたのだが・・・失敗した。

Salads buffet
Salads buffet

まずは、前菜の位置付けであるサラダバー。これが、なんともショボイ内容で、3つ星ホテルクラス。
チーズも生ハム類も無いのだ。

前菜がサラダバーだけであることはメニュー提示段階で分かっていた事だが、それなりの内容に期待していたので、この時点で2食付にしたことを後悔してしまった。当然、この後の皿が予想出来てしまうからだ。

Tagliatelle with Schuttelbrot
Homemade Tagliatelle with Schuttelbrot(typical bread) in mushrooms sauce

お次は3択のパスタ。家内はタリアテッレをチョイス。
味見ベースだが、醤油味ではないものの、見た目も含めてほとんど日本の焼きうどんといった感じ。
一応ホームメードとは表示されていたが、そんな感じのしないパスタだ。

Sedanini with truffles
Sedanini(shape of pasta) with truffles sauce and speck

私はマカロニだと説明してくれたこちら。
これは乾麺ベースだと思う。ボローニャで食べた観光客向けの店と同レベルで論外。
トリュフの味はしたが、ソースが足りないのも不満だ。

マカロニを覆うように乗せられているのは、スペック(speck)。
塩漬け豚腿肉をスモークして熟成させた生ハムという解説が他のサイトにあったが、他との差別化できていない解説だったので単なる腿肉の生ハム。ドロミティ周辺のレストランでは、よく見かける食材だ。

Steamed vegetables with scamorza cheese
Steamed vegetables with scamorza cheese

メインも3択で、家内はスチーム野菜を選択。
当然野菜が主役だと思っていたが、チーズの方が主役ではないかという皿だ。
メイン料理の選択肢の中にチーズがあるのをフランスでも見かけるが、こういった皿なんだろうな。

上に乗っているスカモルツァチーズ(scamorza cheese)は、軽く燻製処理されている。
そういえば、今日の昼のパスタだけでなく、昨晩のフリウリ郷土料理であるチャルソンス(Cjalsons)も、燻製処理されたチーズが入っていたので、ドロミティ周辺では燻製チーズが定番なのかもしれない。

その燻製チーズだが、日本で一般的に売っているもの(あれは不味い!)とは違って、イタリアならではのフレッシュチーズの燻製バージョンなので美味しい。

Young rooster with potatoes
Young rooster with potatoes

私は肉料理。ポークカツ(シュニッツェル)か鶏の選択だったので、ドイツ料理を避けて鶏に掛けてみたのだが、出てきたのはどう見てもKFC的アメリカ料理。いや、Red Roosterを思い出すので、オーストラリア料理か?

南米的なスパイス感たっぷりのフライドチキンに、フライドポテトではなく茹でポテトを軽くバターで炒めた感じのもの。不味いわけではないが、イタリア料理(いや、ここはドイツ語圏の南チロルだから、ドイツ料理?)を出そうっていう発想は無いのかな?

Mille Feuille
Mille Feuille with chantilly cream

デザートの選択肢は無く、好物のミルフィーユが出されたわけだが(実は、それで2食付を決断したのだ)、お題通りの装飾無しの皿が出てきてがっかり。
ちなみに「chantilly cream」はホイップクリームのことだ。

この手抜き仕様の皿を見れば、いかに全体水準が低いかということが分かると思う。(その前の段階でも十分分かるが、最後まで手抜き仕様だったということ)

ということで、今回の旅行では最下位のレストランとなってしまった。
ミニスィートルームに泊まって1人あたり1泊2食付1万円弱(75ユーロ)と考えれば、ホテルとしては十分満足なのだが・・

※メニュー:夕食メニュー

【詳細情報】
店名:Hotel Andreas
電話:0462 602 106
住所:Strèda Dolomites, 30 Canazei(Tn)-Val di Fassa-Dolomites-Trentino

大きな地図で見る
 

【カナツェイ(Canazei)の風景】 (☞ 公式サイト




▲この日の夜は国道を通行止めにしてのイベント(人出は多くても千人程度と閑散とした感じ)
 

【フェダイア峠(Passo Fedaia) と フェダイア湖(Lago di Fedaia) の風景】

▲峠の駐車場は広々(左が西側、右は東側)


▲左:峠の西側には、フェダイア湖が見える




▲湖畔からスリル満点の籠型リフトで雪のある場所まで登れる。(街道からダムを渡った先が乗り場)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾㉝:高雄台南屏東
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Zuga 2018/11/18
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Gure-Toki 2018/11/17
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Huevo Frito 2018/11/16
スペイン/ベルメオ [Bermeo]: Joshe Mari 2018/11/15
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Cerveceria Arambarri 2018/11/14
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Olla de la Plaza Nueva 2018/11/14
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Viña del Ensanche 2018/11/13
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Café Iruña 2018/11/12
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Mugi 2018/11/11
スペイン/プレンツィア [Plentzia]: Bar Batela 2018/11/10
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Figón 2018/11/09
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Globo 2018/11/08
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Colmado Ibérico② 2018/11/07
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒ブリュッセル(BRU) 2018/11/06
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 成田(NRT)⇒香港(HKG) 2018/11/05
海外レンタカーで事故を起こした際の記録とフルカバー保険加入の不必要性を検証 2018/11/03
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran@Excelsior ad Beograd 2018/11/02
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran Tri Šešira 2018/11/01
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Moon Sushi Bar 2018/10/31
セルビア/ベオグラード: Prime Restaurant@Crowne Plaza Belgrade 2018/10/30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>