FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

イタリア/ストゥリオ (Sturio):Osteria Da Alvise

訪問:[2013/7/10 19:00]
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
今日のルート by Google マイプレイス(一覧の [2013/7/10のルート] をクリック)

フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州(Friuli-Venezia Giulia)のストゥリオ(Sùtrio)という街にやってきた。
観光地ではないものの、カンポ・トゥーレスでも見られた木の彫刻を飾っている家が多い小さな街だ。(☞ 写真

外観 店内(宿泊者優先と思われる)

ヴェネト州を境界線とするドロミティ(Dolomiti)から山を越えて30Kmほどの当地に来たのは、地元岩槻にあるリストランテ ヴァレンティーノ でいただいたフリウリ料理「チャルソンス(Cjalsons)」を食べようと、その料理を出す宿を物色した結果。
ホームページに記されていたこの店(別棟でB&Bを経営)にたどり着いたというワケだ。

実は、この日はレストラン休業日だったのだが、宿泊客だけには料理を出せるとのことでチャルソンスを出していただいた。そんなわけでメニューも無いし、英語もほとんど通じないし、頼んだ段階では価格提示も無かったので、金額は宿代を払う段階まで分からなかったのだが、宿代の請求に食べたものの明細も記載されていたので、いつものように料理名と金額の紹介は可能となった。

パンとグリッシーニ

コペルトのパンとグリッシーニ。1人1ユーロという設定は極めて良心的。
近くのパン屋で調達したものなのか、大きな紙袋から取り出しているところを目撃。でも、グリッシーニ(ねじって焼き上げたタイプ)はイタリアならではの美味しさ。
パンも軽い感じのもので、トーストしていないのにパリパリ感があってまずまず。

Gnocchi Ragu
Gnocchi Ragu(€7.00)

家内はニョッキ。結構なボリュームで4分の1ほど引き受けたが、柔らかさはイタリアならでは。
味付けも、すぐ隣がオーストリアの東チロル地方、山を越えれば南チロル地方ということもあって、焦がしバターベースのボロネーゼといった感じで、埼玉イタリアンではお目にかかれないタイプだ。

Cjalsons
Cjalsons(€7.00)

で、私は楽しみにしていたチャルソンス(Cjalsons)。
ヴァレンティーノで食べたものと違うのはもちろん、ネットで事前調査したものともまったく違うものが出てきたのは、当初調べた時のスペル(Cjarsons)のRがLになっていたことが理由ではなさそうだ。
日本語サイトで調べた時は同じ様なものばかりだったので、情報源がみんな同じということなのかな?
改めて海外サイトで調べたら、ここのと同じタイプの画像がたくさん見つかった。日本語サイトだけで調べると、変に偏った情報になってしまうということだろう。地球の歩き方の間違った情報が蔓延するのと同じ原理だ。

そんなことから、本当にチャルソンスかどうか確認したのだが、そうだというので間違いない。
後に載せてある宿代の請求書にも「Cjalsons」としっかり印字されていたので、色々なバリエーションがあるのだと理解した方が良さそうだ。

チャルソンスの断面

で、そのチャルソンス(パスタ部分を指す言葉か、料理全体を指す単語かは調べていない)だが、ラビオリとはまったく異なる餃子の皮を5倍の厚さにしたような生地に、香草たっぷりのジャガイモベースの餡がくるまれているような、なんとも不思議なパスタ。

トッピングの錦糸卵のようなものはチーズだが、どうやって加工してあるのか見当つかず。ソースというかオイルから発しているものと思うが、ちょっと燻製液を加えてあるような香りも独特。オイルはオリーブオイルでもサラダオイルでもなく、もちろんイタリアでは多様されているラードでもないし、澄ましバターでもない。それらの混合かな?
この店、宿も含めて英語がほとんど通じないので、聞くこともできず。

Mosse Pere お会計
左:Mosse Pere(€4.00)

家内はお腹いっぱいとのことだったので、私だけデザートをお願いした。
ラズベリーにルバーブを加えたような酸味の強いムースだが、形状的には芸が無いものの結構おいしい。

レストランの定休日とあって選択肢もほとんどなく、定休日だからメニュー通りには注文できないという意味だと思うが「メニューは無い」と言われてしまい他に頼むこともできなかったが、違う料理も食べて見たくなる店だった。
イタリアの家庭料理って、こんな感じなんだろうな。

※メニュー:店頭メニュー①

【詳細情報】
店名:Osteria Da Alvise
電話:0433 778 692
住所:Via I Maggio 5, 33020 Sùtrio, Friuli-Venezia Giulia

大きな地図で見る
 

【ストゥリオ(Sùtrio)の風景】 (☞ 公式サイト







関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>