« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ドイツ/フュッセン (Füssen):Ludwigs

訪問:[2013/7/7 20:10]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
今日のルート by 旅レコ← 今日のルート by 旅レコ(GPSLOG)
 (地図をクリックすれば、大きな地図が開きます)

1日目は、ミュンヘン空港でレンタカーを借り、家内のリクエストでリンダーホフ城(Schloß Linderhof)経由でノイシュバンシュタイン城(Schloß Neuschwanstein)に向かった。
しかし、リンダーホフ城では日本人に合わなかったというのに、ノイシュバンシュタイン城だけでなくフュッセン周辺までも日本人だらけっていう感じ。
どちらも日本語の標識や案内もあるので、まるでハワイだ。(15年前に行ったハワイの印象)

宿は、城の建設作業員宿舎だったという Schlossrestaurant Neuschwanstein (外壁表示:Schloßwirtschaft)を確保しておいた。
この宿では、ノイシュバンシュタイン城のチケットが直接買えるという情報で選んだのに、単に1ユーロの割引券をくれるだけで、麓のチケットセンターでチケットで買わなければいけないという。

すでに午後4時すぎとあって急ぎ足で麓に降りた結果、最終(18:45)のオーディオガイドツアーのチケットを確保でき事なきを得たが、特別チケットをあてに宿を取ると悲惨なことになるので要注意だ。
当日最後のチケットが2時間10分前に確保できたわけだが、当日分は朝1番にチケットセンターに行かないと大行列間違いなし。翌日朝8時半頃にホーエンシュヴァンガウ城(Schloß Hohenschwangau)のチケットを買いに行った時には20名ほどの行列だったが、城見物を終えた10:40頃は数百名規模の行列ができていた。

店頭 テラス席

無事ノイシュバンシュタイン城を見てから、5キロほど離れた比較的大きな町であるフュッセン(Füssen)に出てレストランを物色。

街のメインストリートで、テラス席がほぼ満席だったこの店で食べることにしたのだが、失敗した。周りは静かに食事を楽しんでいるというのに、ツアーで来ている同年代より少し上の日本人グループが、悪名高い中国人グループ並みに大声でしゃべりながら食事をしていたのだ。特に大声でうるさかったのは男性。恥知らずめ!!

Allgäuer Schupfnudeln mit gebratenem Speck und Sauerkraut
Allgäuer Schupfnudeln mit gebratenem Speck und Sauerkraut(€9.80)
Bavarian finger sha ed potato dumplings with bacon and sauerkraut


家内はアルゴイ地方(Allgäu)の郷土料理を選択。っていうか、選びたいものが無いというので、無理やり当地の郷土料理のページから選ばせてしまった。

ザワークラウト(Sauerkraut)と細切りベーコンを炒めた中に、東欧系のパスタ(イタリアのと違って小麦粉を単純にこねた団子を伸ばしただけという感じのもの)を投入して、かるく炒めた感じ。

Allgäuer Schupfnudelnをアップ

ザワークラウトの酸っぱさはドイツらしくないかもしれない(つまり食べやすいということ)が、塩分の強さはドイツらしく、家内は半分も食べずにギブアップ。やっぱり、普通の日本人にはドイツ料理は厳しいものがある。

ソーセージが食べたかったみたいだが、意外に置いてある店は少ないのだ。(たぶんビアバーに行けば定番料理なんだろうけど・・)

Von allem ebb's
Von allem ebb's(€15.80)
Gemischte Spezialitäten von unserem Drehgrill: Leberkäs, Schweinshax'n, Grillhänd'l und Spare Ribs, dazu Blaukraut, Semmelknödel und Dunkelbier Soße

From everything a little bit
Mixed specialities from the seewing grill: meat loaf, Knuckle of poke, grilled chicken and Spare ribs, with red cabbage, bread dumpling and gravy made of dark beer


私は、オクトーバーフェスト料理(バイエルン州で開催されるビール祭)にあった肉の盛り合わせを選択。
料理名が何を意味するのか調べてもわからなかった。

上の写真の手前左側にあるのは、ミートローフ。って英語で書かれているけど、どうみてもアメリカンドッグに入っているソーセージを平たく伸ばした感じのもの。(写真ではハムに見えるが、厚さ1センチ以上はある)
もちろん、お味もそういった安っぽいもので、ミートローフに対して失礼だ。

その右側は、ソルティー&スパイシーチキンという感じ。スパイシーだけなら良いのだが、何故ドイツ人はこうも塩辛くするんだろう?
日本人の塩分摂取量が多いと言われるが、ドイツの方が不必要に塩辛くする料理が多いので、高血圧患者だらけなのではないかと思ってしまう。特に、なんにでも付いてくるザワークラウトなんて、日本人が普通に食べる漬物の量の数倍はあるし、漬物+醤油ぐらいの塩辛さなんだから。

その奥に見えるのは、たぶんアイスバインの類。
3年前にベルリンで食べたもの(☞ こちら)よりも塩分控えめで(といっても日本人的には十分塩辛い)食べやすかったが、皮目の部分は脂身たっぷりで私には無理。

Von allem ebb'sを反対側から

皿を反対にして、手前中央はスペアリブ。
これだけは、普通の味わいだったのが不思議だ。ちゃんと塩辛くない料理も作るっていうこと。

その右側にあるのは、Semmelknödel
超粗挽きのパン粉が入った小麦粉ベースの団子で、ピンポン玉の倍ぐらいはある大きさ。
この団子状のものは、この後に向かったチロル地方(注:当地から5キロも走ればオーストリアのチロル地方になる)でも、もう少し小さいサイズで普通に出てくるものだが、味はチロルの方が断然おいしい。この店のは、大きさだけでうま味もなく単調な塩味ベースという感じだった。

※メニュー:10月祭料理スープ・子供用アルゴイ料理炒め物①軽食デザート・飲料

※この記事は、オーストリアの東チロル地方に滞在中の宿から登録しました。

【詳細情報】
店名:Hotel & Restaurant Ludwigs
電話:08362 9251795
住所:Reichenstr. 17, 87629 Füssen

大きな地図で見る
 

【リンダーホフ城(Schloß Linderhof)の風景】 (☞ 公式サイト

▲敷地内案内図(中央の城と右上にある洞窟以外は入場無料)


▲リンダーホフ城(意外に小さいし、入場料を払ってまで中を見る価値があるかは疑問)


▲左:城の正面から見た景色  右:城の裏から見た景色


▲左:城の裏手にある見晴台から見た全景  右:その近くにある人口洞窟(人口鍾乳洞?)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>