FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/チロリアン航空:ウィーン(VIE)⇒ミュンヘン(MUC)

搭乗:[2010/7/17 OS115便]
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆
ウィーン(VIE)からドイツのミュンヘン(MUC)へは、僅か45分のフライト。
まずは、ラウンジで食べ物を物色するものの、かなりショボイ内容。その代わり、ネット無料は嬉しい。

ウィーン空港のオーストリア航空ラウンジの料理台 ウィーン空港のオーストリア航空ラウンジの雰囲気
▲ウィーン空港のオーストリア航空ラウンジ

搭乗便は「OS115」と数字3桁便なのにチロリアン航空の運航。
片側2席の小さな飛行機だ。

ウィーン⇒ミュンヘン便のチロリアン航空機 ウィーン⇒ミュンヘン便の機内食

で、機内食はというと当初予想通り(笑)のサンドイッチ。
でも、デザートとポテトチップの小袋が付いていた。
オーストリア航空でおなじみ「DO&CO」のロゴも付いている。

ウィーン⇒ミュンヘン便の機内食

お味は・・ちっとも美味しくない。デザートのチョコムースも味が薄い。
たかがサンドイッチと言えども、なかなか美味しいのを出してくれる航空会社はあるのに。

ということで、便名からオーストリア航空便だと狙ったら失敗したという報告になってしまった。

※2013/1/9 追記
運行会社別に記事を登録する方針に変更したため、当初はこの後に続いて記載していた親会社であるオーストリア航空運行のハンブルク⇒ウィーン間を、こちらに分割して登録した。
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Lebanon Restaurant Batu Ferringhi店 2019/12/10
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Andrew's Kampung 2019/12/09
マレーシア/ペナン・Tanjong Takong: Awanis Satay 2019/12/09
マレーシア/ペナン・Tanjong Takong: Taiba Shawerma Restaurant 2019/12/08
マレーシア/ペナン・Mercure Penang Beach: Restaurant The Ombak 2019/12/08
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Rubin Mardini Cafe & Restaurant 2019/12/07
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Apom Balik Station 2019/12/07
マレーシア/ペナン・ジョージタウン: 大東酒樓(Tai Tong Restaurant) 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン空港: KFC Yangon Airport店 2019/12/06
ミャンマー/ヤンゴン: Imperial Garden Myanmar Plaza店 2019/12/05
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>