« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/トルコ航空:イスタンブール(IST)⇒ミュンヘン(MUC)

搭乗:[2013/7/6 TK1637便]
評価点:総合★★★★★★★★★★サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
イスタンブールで2時間の接続でミュンヘンまで約1600Km、2時間半のフライトだ。

メゼコーナー ケーキコーナー
▲左:メゼコーナー  右:デザートコーナー

フルーツコーナー 鉄板焼きコーナー
▲左:フルーツバー  右:鉄板焼きコーナー

すでにお腹いっぱいで、ラウンジ(THY CIP LOUNGE)では、ほとんど食べることができず、悔しい思いをしてしまう。次回からは、エコノミーでイスタンブール経由というのも検討しようかなぁ・・

ということで、その場で焼き上げるトルコピザとメゼとフルーツを少しだけ。

トルコピザ

前回のレポートのほかに、今回はチーズワゴンが回っているのを発見。それから、種類豊富なフルーツバーもあった。やはり、ここのラウンジは半端でない。
私が経験した世界の空港ラウンジ(約40か所)に限るが、ダントツの1位と言って良さそうだ。

メゼと焼き野菜

欧州域内線となると座席はエコノミーの隣席ブロック型になるが、トルコ航空の場合はシートピッチが広めなので意外とゆったりした感じになる。

もちろん離陸前のウエルカムドリンクに加えて、成田からの便でも出たトルコ銘菓のロクムも同じように供された。エコノミー席との境界がカーテン1枚なのでわかったことだが、エコノミー席にも配っていた。ということは、全席共通のウエルカム・ロクムということか。

ウエルカムドリンク

トルコ航空の欧州域内線は、前菜とメインが別々に供される。
日本の航空会社の長距離路線と同じ構成内容を、短距離の欧州域内線で出してしまうのだからすごい。

Assorted Turkish Appetizers
Assorted Turkish Appetizers

まずは、前菜から。
3択のメインにあるチキンが強制的に選択されて出てしまったのかと思えるほどのボリュームだが、今回も先ほど乗ってきた成田発の便で出た料理と同じサーモンタルタルが出てきた。

味付けが先ほどの方が上品だったという違いはあるものの、なぜ乗り継ぎ客が同じ料理に当たらないように、下りと上りの料理を分けないのか不思議だ。素晴らしく客を見ている会社の割には、抜けているところもあるんだな。

チキンの下に隠れていたメゼ

ローストチキンの下に隠れているメゼは、成田路線のものよりも美味しい。さすがトルコ発の便だ。
イスタンブールの(特に国内線側の)ラウンジで出されるメゼも抜群なので(☞ トルコ航空国内線ラウンジ情報)、今回の旅の最後に初めて搭乗する帰国便が楽しみになる。

from ovenfresh bread selection Mediterranean Salad
▲左:ovenfresh bread selection  右:Mediterranean Salad

ビジネスクラスの客は家内と私ともう一人の3人だけというのに、パンはバスケットで出てくるし、しっかり温められていた。これもすごい事だと思う。

3択のメイン料理も注文後すぐに出てきたので、事前に必要数以上を作ってあったのだろう。
廃棄ロスを厭わないということだ。客を見ているサービスだと思う。

あ、廃棄ロスは地球環境に優しくないといった議論は、ご自身がそう言った行為を絶対にやっていないし加担もしていないと自信を持って言える方に限定していただきたいものだ。特に企業が標榜するエコなんて、ほとんどが単なる経費削減目的をすり替えているだけなので、騙されてはいけない。
私は、エコでも募金でも客だけに負担を求めて自社の負担はまったくないといった、良いイメージだけをタダ取りしようとする企業、つまり自分自身も痛みを分かち合おうという姿勢の無い企業に対してはマイナスイメージを持ってしまうクチである。募金活動なら募集するだけでなく自社も多少は募金額に上乗せするのが筋だと思うわけで、特に1円も上乗せせずに社長や重役が募金先に寄付金を渡しているような写真を公表している企業などは、拒否反応を起こすのだ。

またまた脱線してしまった。
本題の機内食の話に戻ろう。

Grilled Sea Bass Fillet
Grilled Sea Bass Fillet
ratatouille / rosemary potatoes


メインは3択で、肉・魚・パスタからのチョイス。
家内はお腹いっぱいでどうせ食べられないからと、私と違うものを選んだ。
私も引き受ける余裕がまったくないので、味見できず。

Spiced Chicken Brochette
Spiced Chicken Brochette
sauteed leaf spinach / buttered rice


で、私はチキンケバブをチョイス。成田路線のラムケバブと違って、スパイスが効いて美味しい!
となると、なぜ長距離路線側にスパイスを使っていないのか疑問がわいてくる。

Assorted Cheese DO & CO's Chocolate Mousse
▲左:Assorted Cheese  右:DO & CO's Chocolate Mousse

デザートはチョコムース。
家内は食事をほとんど残しているのに、おいしいと全部食べていた。女性はデザート別腹なんだな。
私も半分だけいただいたが、軽いムースながらも確かに美味しい。でも、前に食べたことがあるような気が・・

※メニュー:機内で配られたもの

成田⇒イスタンブール線のビジネスクラス機内食
ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

※この記事は、イタリア 南チロルに滞在中の宿から登録しました。
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>