« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食.オーストリア航空:成田⇒ウィーン

搭乗:[2010/7/17 OS52便]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★★
3年前の北欧旅行の帰国便で予約していたSAS便が欠航となり振り替えられて搭乗してから(参照:食べログの日記 )、機内食の水準がダントツ1位という印象を持ち、今回の夏休み旅行はオーストリア航空で予約出来る日程で確保した。
当時はビジネスクラス機内食のランキングで世界1位だったが、予約後に発表された昨年は世界3位、欧州1位に落ちている点が気がかりだった。結果は、やはり落ちていた。世界レベルでのリサーチ会社が評価するランキングの信憑性も確認できた。

搭乗後、飛行機が動き出すまでの間に出るウエルカムドリンクは健在。選択肢はスパークリングワイン・オレンジジュースと限られるものの、これだけでも全日空とのサービス姿勢の差が出てしまう。もちろんプラスティックではなくガラスのグラスで出される。

メニューも事前に渡されリクエストを聞かれたが、後になって日本食が不人気で変えてほしいとの依頼。
もちろん普段から日本食を外食することが無いし、わざわざ洋食目当てでオーストリア航空を選んだのだとお断りしたら、隣りの外人客に振っていた。

洋食メニュー

オーストリア航空のビジネスクラス機内食に掛ける姿勢は、ホームページに大きな写真付きで紹介されているだけでなく、事前リクエストを受け付けてくれるところだ。内容を確認し、メインは肉でも魚でも良いと思ったので事前リクエストをしていなかったが、今回のような事が起きないように、必ず事前リクエストを入れておいた方が良いと思う。機内食以外の部分に目を向けると全日空の方が良いので、機内食を楽しみにしない限り選択する理由が無いからだ。とくに設備面では座席がフルフラットにならないのが致命的だ。(全日空は古い機種を使うパリ路線でもフルフラットになる)

離陸後すぐに食事のスタート。
まずはアミューズだが、あまりにも貧弱な皿で、欧州1位に落ちた理由を察知する。

パンとアミューズ

もっとも和食選択者用のものを含めて3種類あるようで、もう一方の洋食用のものは良さそうだった。
どうもメインの選択によって変わるようだ。私は魚料理を選んだので肉が出てきたのだろう。

パンは5種類ぐらい用意されていて、かごに入っている中から自由に選択できる。やはり米国航空会社のサービスに傾斜してきている全日空とは違う。
ファーストクラスが無い路線なので、差別化を図る必要性も無いというのも理由だろうが、先日全日空の米国路線でエコノミークラスに搭乗したら、ハーゲンダッツのアイスクリームも無くなってしまい、ますます機内食のサービス水準が落ちてきていた。
ビジネスクラスだけでなくファーストクラスでも落ちていることは間違いないだろう。(HPで内容が落ちていることは確認している)

前菜はワゴンに乗せて運ばれてきた。現物を見ながら選択できるというサービスは、オーストリア航空とスカンジナビア航空でしか経験無いが、このサービス姿勢も見習ってほしいものだ。
当初の予定通り「真鯛とブダンダードの蟹添え」をチョイス。

前菜:真鯛のブダンダードの蟹添え

期待に応えて水準の高い皿が出てきた。写真では裏側に隠れて見えないが、ブダンダードの反対側には丸くスライスされた胡瓜が1枚ずつきれいに貼り付けられている。
こういった手の込んだ料理が出てくる点では、現時点でも他社を凌駕していると思う。

真鯛のブダンダードをアップ
▲真鯛のブダンダードをアップで

つづいてスープが出てくるのだ。
レストランなら不思議ではないが、機内食でスープが出てくるのは、今のところオーストリア航空だけだし、ここまでの説明でも分かるとおり、レストランのように1品ずつサーヴされるのも経験したことが無い。
今日のスープは「ズッキーニのクリームスープ

ズッキーニのクリームスープ

前回もスープは美味しかったが、今回もなかなかの出来で堪能できた。
日本のレストランでは、お手製であっても缶詰やインスタントの家庭料理的なスープと同じような味覚のものを出してくる店が少なからずあるが、フレンチレストランで出てくるべきクリームスープの味だ。
このスープは、和食を選択していても飲むことが出来る。

メインは「サーモンのグリル レモンヴィネグレット
付け合せは野菜のグリルとフレンチ定番のマッシュポテト(トッピングではなく、中にも香草でアクセントが付けられているのは流石だ)

サーモンのグリル レモンヴィネグレット

基本的に電子レンジとオーブンでの加熱しか出来ないという機内食で、この水準の料理を出してくるのだから、いかにオーストリア航空が機内食にこだわっているのかが分かる。サーモンも日本的な量ではなく分厚くしっかりした量で出てくるのだから嬉しいし、付け合せの野菜のグリルも旨い。
野菜のグリルを日本のレストランで食べても、よほど高い店でなければちっとも旨くないものだが、恐らく欧州の野菜を使っているのだろう。ろなると冷凍品だろうが、それでも旨いのは、日本の野菜の品種がフレンチ的なグリル料理に合わない事を意味していると思う。(実際、フランスで野菜のグリルを食べると、安いビストロでも旨いものが出てくる)

デザートは3択。といってもメニューには複数選択できる旨の記載がある。前回はそのような記載が無かったにも関わらず全部盛りをお願いしたが、ちゃんと明記している点も他社には無い姿勢だ。スイーツの他にチーズの選択も可能。
例によってワゴンで持ってくるので、見ながら選べるのも嬉しいが、前回と比べてかなり水準が落ちた印象だった。
ということで、ケーキ(シャルロット・ポワール)はパスして「自家製クレープ」にチョコレートアイスクリームとフルーツを盛っていただいた。

自家製クレープとチョコアイス、フルーツの盛り合わせ

最後は10種類から選べるご自慢の珈琲。ちゃんと別メニューが用意されている。
ダブルのエスプレッソにバニラアイスクリームが入った「Wiener Eiskaffee(ウィンナアイスコーヒー)」を注文。

Wiener Eiskaffee(ウィンナアイスコーヒー)

トッピングのホイップクリームが生クリームではなく植物性油脂で作られたもので残念だが、食後まで楽しめてしまう機内食は唯一の航空会社だと思う。

さて、到着前の食事だが、好きな皿を自由に選んで組み立てることが出来る形式は復路便だけのようで、往路便は他の航空会社と同じような決められたコースを選択する形になっていた。日本での調達が困難だからかもしれない。
選択肢はパスタか中華となれば、パスタを選ぶしかないので、パスタをチョイス。



出てきたのは他社ビジネスクラスと同じようなものでガッカリ。ぜんぜん差別化できていない。
ラビオリのソースこそエコノミークラスとの違いはあるが、構成的には昔のエコノミークラスといった感じでデザートのチョコケーキもバタークリームっぽくて残してしまった。
今年に入ってから、全日空のエコノミーの2食目はひどい内容に落としているので、それと比べればマシだが・・

ということで、期待のオーストリア航空ビジネスクラスの機内食は、世界1位の座を他社に譲ったという評価が全うであることを確認できた。とはいえ、全日空とは比べ物にならないし、世界3位の実力はあると思われる。

この後の乗継便や欧州域内線のビジネスクラスに続いて、帰国便のレビューも記してあるので、あわせてご覧いただきたい。
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
ミニ情報:リガ空港~市街地の便利で安い路線バス移動方法詳細とリトアニア行きバス情報 2017/09/25
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: ワルシャワ(WAW)⇒成田(NRT) 2017/09/24
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Winosfera (Chłodna 31) 2017/09/23
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>