« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/アングレーム (Angoulême):La Ruelle

訪問:[2013/5/1 12:55] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★☆☆☆☆
今回の旅での最西端だったサント(Saintes)の古城ホテルをあとにして、この日からは出発地のニース(Nice)に向かって東進することになる。
今日の宿泊地はリモージュ(Limoges)だが、途中ブランデーで有名なコニャック(Cognac)の街に寄ってから、アングレーム(Angoulême)でランチをいただくことにした。メーデーなのに、どちらの街もマルシェが開いていたのにはびっくり。

外観店内テーブルセッティング

到着時間が昼を過ぎていたので観光の前にレストランに向かったものの、候補の店が見つからず。
あきらめて他のレストランを探している最中にミシュランシールを貼った店を発見したのだが、コース最低が42ユーロという高級店だ。(平日のランチは20ユーロからある)

さすがに無名店のランチで42ユーロはリスキーだし、朝食を食べていたことから、アラカルトで前菜とデザートの2品をお願いすることにした。このパターンは日本では考えにくいものの、フランスでは2皿コースの組み合わせでよく見る。(実践したのは初めて)

パンとバター
3種のフレーバーバター

まずは、パンと共にバターが出てきた。
今回の旅行でバターが出てきたのは2軒目だが、さすが高級店らしく3種類のフレーバーだ。
パンも丸ごと1本で出てきたが、余ったパンはどうするんだろう?

アミューズ

これだけ高い店であれば、当然ながらアミューズも出てくる。
ホワイトアスパラ(?)のピューレの上に、貝柱の刺身を乗せて塩と粉末ハーブをふった料理。
これは、日本人には通用しないな。貝柱の味がまったくしないのだ。

Foie gras mi cuit フォアグラをアップ
Foie gras mi cuit, saté, bouillon de poule au gingembre(€25.00)

前菜のフォアグラは、まったく予想できない皿が出てきた。これが25ユーロだって!!
実は、得体の知れないもの(フォアグラ加工品)が2個入るものらしく、後から追加分を持ってきたが、それでも高すぎる。

フォアグラを大き目にカットし、フレッシュチーズを加えて周りに青のりを付けて蒸した感じの料理だったが、フォアグラの質が悪いのか、悪ふざけ(別名「創作」)しすぎなのか、フォアグラの味はまったくしない。

さらには、下のスープが日本でなじみのあるインスタントの魚のスープ。
Google翻訳によると生姜チキンスープとなるが、そういった味では無かったのだ。
まさか「チキンエキス+フランス生姜=インスタント味のフュメ・ド・ポワソン」になるのか??

どうも最悪の店に入ってしまったようだ。(私も家内も、基礎と素材の味を無視した極端な創作料理が大嫌い)

Jardin de legumes du moment
Jardin de legumes du moment(€18.00)

私はサラダ。Google翻訳では「瞬間の庭の野菜」だって。つまり鮮度抜群の自家製野菜ということかな?
アミューズとパンと凝ったバターが別に付くとはいえ、これが18ユーロもする。

サラダの中に隠れていたピュレ

玉ねぎベースのピュレが下に敷かれているが、特に高価な食材があるわけでもなく普通のサラダ。埼玉フレンチなら珍しくないと言いたいレベルだ。
高い理由は、黒の粒々がトリュフなのかなぁ? ぜんぜんそんな香も無かったけど・・

次はデザートだが、なぜか3皿同時にやってきた。説明がフランス語だったこともあって、現地ではチーズの皿がどちらに付くのか分からなかったのだが、今この記事を書いている段階になって、恐らく無料で付いたフロマージュという位置づけではないかと思っている。しかし、ケーキ類とチーズを一緒に出すのか?

チーズ(たぶん無料で付いたもの) 筒の中身

というわけで、チーズなら私のものだと2つともいただいたのだが、パートフィーロを筒状にして、その中にムース(何のムースか分からないほど魅力のないもの)を入れ、トッピングは極薄に削ったチーズを花のように巻いて乗せてある。
どこかで同じデザートを食べたことがあると思ったが、まったくつまらないデザートだとメモが残っている。

Une autre facon de voir la tarte aux pommes
Une autre facon de voir la tarte aux pommes(€10.00)

注文した側のデザートは、英語で説明していただいた結果で選んだものだと思うが、Google翻訳にかけてもサッパリ分からない名称。まあ、アップルパイの変型ということだろうが、パイ生地の上にクリームを敷いて、スライスアップルを盛った上にシート状の飴を被せたものだと思う。(なぜかメモが残っていないので、写真で判断できると思ったのだろう)

Tete de moines
Tete de moines, pomme de terre aeree auxcepes secs(€10.00)

家内が選んだものは、リンゴの本体をピラーの類で薄く削ったものをバウムクーヘンのように巻いて水煮したもので、非常に凝ったデザートだ。他の皿でもこういった芸を見せてくれればよかったのに・・

リンゴのバウムクーヘン?

でも、皿を冷やしていないのでアイスはどんどん溶けてくる。
フランスでも、こういった配慮のない皿を出す店があるとは・・(しまった! 埼玉版ブログで、こういった皿を出す店は1軒も無かったなんて書いてしまったが、1軒あったことを忘れていた)

お会計レストランカード表レストランカード裏

ということで、グリーンガイド掲載店で初めての大外れ店だった。今回の旅行でもワースト2!
ほぼ同価格で試した大都市ボルドーのど真ん中にあったビストロ・ガブリエルと比べれば、一目瞭然だろう。
創作料理系というのは、腕が無ければ単なる奇天烈料理だ。口コミが11件もあり満点を取っているということは、見栄えで騙される人がフランスにもたくさんいるのかと思ってしまった。

やはり、いくら相性の良いガイドブック(サイト)でも、マイナーな観光地で星が付いていないのに高額設定の店というのは要注意という勉強になった。
次回からは、こういった店は選択肢から外そうと思う。(元々外していたのだが、外した店名と理由を記憶していなかったので、候補店が見つからなかったことが今回の失敗につながっている。グリーンガイドの良い所は、価格情報が日本のようにいい加減なものではなく1ユーロ単位で載っているので、判断しやすいのだ)

※メニュー:コースアラカルト

【詳細情報】
店名:La Ruelle
電話:05 45 95 15 19
住所:6 r. Trois-Notre-Dame F - 16000 Angoulême

大きな地図で見る

フランスでの訪問レストラン一覧
 

【アングレーム(Angoulême)の風景】 (☞ 公式サイト観光協会サイト


▲左上下:建物の中よりも壁面装飾が魅力


▲左:フランス銀行  右:メーデー午後の中心部は人通りも少ない


▲カメラの違いで色もこんなに違って見える。左の雲がこの日の天候を表している


▲左:こういった絵は、欧州ならではの遊び心だ  右:3段構成の噴水
 

【コニャック(Cognac)の風景】 (☞ 公式サイト


▲左:ヘネシー工場(?)正面  右:ヘネシーの工場見学をすると、この船で対岸に渡れる?




▲橋を渡っている際に反対側に見えた建物(la maison blancheと記されていた)


▲La Maison de la Lieutenance(☞ Wiki(フランス語))


▲午前中開いていたマルシェで見たアスパラ。他の地のマルシェでも普通の光景。

※街に掲示されていた案内版
中心部の地図
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉙、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ダブリン(DUB)⇒ロンドン(LHR) 2017/10/21
アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店) 2017/10/20
アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle] 2017/10/19
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒ダブリン(DUB) 2017/10/16
イギリス/レディング [Reading]: Riverside@クラウンプラザ 2017/10/15
イギリス/アシュフォード [Ashford]: Holiday Inn Ashford - North A20 2017/10/13
イギリス/Bodiam Castle: Wharf Tea Room@ボディアム城 2017/10/11
イギリス/クローリー [Crawley]: The Master Fryer 2017/10/08
イギリス/サウサンプトン [Southampton]: Holiday Inn Southampton 2017/10/06
イギリス/エクセター [Exeter]: Bill's (Exeter店) 2017/10/04
イギリス/Berry Pomeroy Castle: The Castle Café@ベリーポメロイ城 2017/10/03
イギリス/ティンタジェル [Tintagel]: King Arthur's Cafe 2017/10/02
フィリピン/セブ: Café Laguna (SM City Cebu店) 2017/10/01
フィリピン/セブ: Hukad (Ayala Center Cebu店) 2017/09/30
フィリピン/セブ: Mang Inasal (Parkmall店) 2017/09/29
フィリピン/セブ: Cebu's Original Lechon Belly (Parkmall店) 2017/09/28
フィリピン/セブ: Chika-an Sa Cebu (Parkmall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: The Mango Farm (Cebu J Centre Mall店) 2017/09/27
フィリピン/セブ: Tsiboom Native Restaurant (J Centre Mall店) 2017/09/26
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>