FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/サンテミリオン(Saint-Émilion):マカロン・マダム・ブランシェ(Macaron Madam Blanchez|Nadia Fermigier)

訪問:[2013/4/29 17:00]
評価点:総合★☆☆☆☆★☆☆☆☆サービスN/A雰囲気N/ACP★☆☆☆☆
5日目は、世界遺産に登録されているサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(☞ wiki)を構成する建造物のあるモワサック(Moissac)アジャン(Agen)を経由して、ボルドー郊外の世界遺産の街サンテミリオン(Saint-Émilion)に現地で宿を確保した。一人旅だと宿も行先も決めずに気ままに回るのだが、今回の旅は家内といっしょなので、宿を決めていなかったのはこの日だけ。サンテミリオンをターゲットにしたのも、現地でミシュランの道路地図を見ながら決めた。

途中のアジャンで食べるつもりだったが、レストランどころか商店もみんなお休みで繁華街は閑散としていた。店頭に営業時間を示している店をチェックすると、日曜日の前半は営業するものの月曜日は全休になるようだ。どうりで、昨日(日曜日)の昼に訪問したアルビ(Albi)のマルシェが、到着時には開いていたわけだ。
地域性があるのかもしれないが、フランスでは日曜日が全部休みという認識だったので、今後は月曜日が全休のケースがあるということも頭に入れておかなければ・・

外観 袋の表示

そんなわけで昼を抜くことになってしまったが、私と違ってガイドブックを鵜呑みにする家内が、当地の名物菓子であるマカロンで1620年からの歴史を持つと煽られているマカロン・マダム・ブランシェに行きたいというので付き合った。レストランではないが、お勧め出来ないので掲載することにした。

ちなみに、歩き方に記載の名称「Macaron Madam Blanchez」は、建物・包装紙共に見当たらないし「Fabrique de Macarons」の文字が目印なんて書いてあるが「マカロン製造元」という意味なので他の店にも表示がある。包装紙ベースでの名称は「Nadia Fermigier」だ。(観光協会公式サイトでは「Macarons Nadia Fermigier」となっている)

マカロン マカロンの裏側

まずは、お目当てのマカロン(€2.70)
おなじみのクリームを間に上下に挟んで丸っこくなっているものも売っていたが、極小サイズ6個単位の販売(€6.00)で手が出ず、最安値のこちらを選んだ。

見ての通り、いわゆるマカロンの片面バージョン。当地のマカロンは、昔ながらの(?)原型で売るのが主流らしい。
サイズはハンバーガー大といったところだろうか。といっても、厚みが無いので大した量ではない。

しかし、観光客向けのぼったくり価格であるうえに、激マズの部類だ。
甘さのバランスの悪さや口当たりの悪さは、日本で普通に買えるマカロンよりもはるかに劣ると思う。
まぁ、美味しいか不味いかというのは個人の味覚の問題だけど。

カヌレ カヌレの断面

もうひとつ、ボルドー名物のカヌレ(€1.80)
これまたひどい味で、食べられたものではない。購入した家内に責任を取っていただいた。
ちなみに、本家のボルドーまでは40Kmほどの距離だが、翌日ボルドーでカヌレを買うのを忘れてしまった。

パルミエ

私は、地元の方向けの真っ当な価格付けだった好物のパルミエ(€1.00)を買ったが、周りが真っ黒に焦げていた。こういった商品価値の無い失敗作を入れて渡してくるといった姿勢から、この店がどういった店かということも分かってしまう。ガイドブック等で煽られていい気になっている店だといいたい。

そもそも、大昔のレシピで作った料理など不味いものだ。その手の歴史に興味があれば別だが、美味しさを求める一般人には無縁な食べ物である。
長い歴史を進化しながら歩んでいるからこそ今の料理が美味しいわけで、こういった懐古主義的な店を煽るのは、ガイドブックを執筆している古株引退添乗員のような連中の傾向だろう。古い歴史のある店でも進化して現在があるのが本来の姿であり、進化しないで胡坐をかいているような店は紹介に値しないと思う。歴史で煽るなら、建造物や美術品に限っていただきたいものだ。

ショーケース 土産用

しかし「マダム・ブランシェ」でググると、大量の旅行記が出てくるなぁ。ほぼ全部べた褒めだし、そもそも「マダム・ブランシェ」という店名はどこにも書かれていないのだから、みなさん「地球の歩き方」が情報源であることは一目瞭然だ。ますます、私のようなひねくれ者の情報があっても良いではないかと思った次第。
買う買わない、行く行かないは各自の自由だが、不味くて高かったので他店との比較を行う気になれなかったのは失敗だったかも。(実は、当初は記事にするつもりは無かったのだが、あまりにもガイドブック受け売りの情報が多いので対抗心を出してしまったワケ)

【詳細情報】
店名:Fabriquès par Nadia Fermiier
電話:05 57 24 72 33
住所:9, rue Guadet, 33330 Saint-Emilion

大きな地図で見る
 

【サンテミリオン(Saint-Émilion)の風景】 (☞ 公式サイト

▲左:街の入口  右:街の中は坂が多い






関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
48ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:ラオス
年越:台湾㉝:高雄台南屏東
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾㉞:澎湖
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
タイ/バンコク・Ratchaprarop駅: Go-Ang Kaomunkai Pratunam 2018/12/18
ベトナム/ハノイ・ノイバイ空港: Bamboo Cafe&Fastfood&空港野宿情報 2018/12/17
ギリシャ/アテネ: Ambrosia@Crowne Plaza Athens-City Centre 2018/12/16
キプロス/パフォス [Paphos]: ROXANE Restaurant@Alexander The Great Beach Hotel 2018/12/15
キプロス/Miliou: Amaroulla Restaurant@Ayii Anargyri Spa Resort 2018/12/13
キプロス/レメソス [Limassol]: MEZE Taverna 2018/12/12
ギリシャ/アテネ空港: Bistrot Attica Athens 2018/12/11
ギリシャ/アテネ: LIONDI Traditional Greek Restaurant 2018/12/10
ギリシャ/ロードス島 [Rohdos]: Amalfi Social Lounge Bar 2018/12/09
ギリシャ/ロードス島 [Rhodes]: ΜΑΓΕΙΡΕΙΟ ΜΕΖΕΔΟΠΩΛΕΙΟ(Tzatziki?) 2018/12/08
ギリシャ/ロードス島 [Rhodes]: Nikos Fish Restaurant 2018/12/07
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒成田(NRT) 2018/12/06
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: デンパサール(DPS)⇒香港(HKG) 2018/12/05
インドネシア/バリ島・ジンバラン [Jimbaran]: Balique 2018/12/04
インドネシア/バリ島・ジンバラン [Jimbaran]: Rame Cafe 2018/12/03
インドネシア/バリ島・ヌサドゥア [Nusa Dua]: Raja Bali 2018/12/02
インドネシア/バリ島・ブノア [Benoa]: Balicious Restaurant & Bar 2018/12/01
インドネシア/バリ島: ENVY@Holiday Inn Resort Baruna Bali 2018/11/30
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒デンパサール(DPS) 2018/11/29
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: ブリュッセル(BRU)⇒香港(HKG) 2018/11/28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>