« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/モントーバン(Montauban):Bistrot des Capucins

訪問:[2013/4/28 20:00] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
3年前に宿泊したモントーバンのクラウンプラザホテル。(現在は別のホテル名に変わっている)
ここで食べた La Table des Capucins は、当ブログ2軒目の★5つ進呈店だったわけだが、なんと昨年ミシュランの1つ星を獲得していた。それにも関わらず、価格設定は当時とほぼ同じ激安だったことから再訪を企んだわけだが、どうしても日程的に休業日に当たってしまう。食べ歩きよりも街歩きを優先している以上は諦めるしかなかったが、ホテル自体の居心地の良さは捨てがたいことから宿泊先として選ぶことにした。

店内 テーブルセッティング

ほぼ同名の格下ビストロ店は営業していたので、そこでディナーをいただくことにしたが、さすが星付レストランとはサービスからして雲泥の差。なんと20人以上の客を1人の女性だけで回しているのだ。
味の方もそれなりで価格差が無かった(むしろ皿数から考えると割高だった)ことから、私のレーティングでは中立しか差し上げられないという結果に終わってしまったが、仕方ない。それだけフランスでの日曜日や月曜日の選択肢は減ってしまうということだ。

アミューズ

席に着くと、メニューと共にアミューズがやってきた。
ミニカップ状のパイ生地の中にチーズとハムを入れて焼き上げたもの。ごく普通。

日曜日の夜はコース設定が無いとのことでアラカルトで頼むことにしたのだが、前述の通りサービスはラフな感じの女性1人だけ。メインレストラン側の価格とサービス体制を知っているだけに、特にメイン料理の価格設定の高さが気になってしまう。

La Terrine de Foie Gras mi- cuit à l'Armagnac
La Terrine de Foie Gras mi- cuit à l'Armagnac, chutney de fruits d’Automne (Spécialité du Chef)(€13.00)

前菜からは、当然ながらフォアグラ。
産地であることやシェフのスペシャリテとの表記もあるので期待していたのだが、出てきた皿は何だかなぁ・・といった印象が先に来る。

フォアグラのテリーヌ

表記上はテリーヌだったが、テリーヌ型を使わずにブロックごと少し燻蒸した感じで、房の周りが黒ずんでいる。
お味の方は、フォアグラそのものという感じで、燻蒸以外の風味づけが無い。ゆえに、何もつけずにいただくと美味しいとは言えない。塩とほとんど付いていなかったチャツネを付ければ良くなったものの、家内共々期待外れ。
スペシャリテと言うより、未完成料理というより自己満足料理と言わざるを得ないだろう。

バゲット

パンがフォアグラの後に出てきたのは、この後にサラダを頼んでいるからか、スタッフ不足からか?
定番のバゲット盛りだが、バターは付かず。(ここまでの店すべて、バターは付かなかった)

La 1/2 salade des Capucins « Tout Canard »
La 1/2 salade des Capucins « Tout Canard »(€7.00)

わずか7ユーロのサラダなのに、こちらにもブロック状のフォアグラが入っていたのには驚き。
それも、スペシャリテのフォアグラよりもオーソドックス味で、美味しいのだ。
鴨の生ハムも良かったし、小さな揚げ鴨まで入っている。

後で「Tout Canard」の意味をしらべたら、鴨尽くしといった意味だったので納得。
スペシャリテのフォアグラを頼まず、こちらをフルサイズで頼めばよかったかなぁ・・

La fricassée de Rognon de Veau
La fricassée de Rognon de Veau aux légumes et lard de Bigorre(€22.00)

仔牛の腎臓のフリカッセという表記でイメージした皿とは違ったものが出てきた。
腎臓の焼き具合をどうするかと聞かれた段階で、フリカッセとは違うものが出てくると覚悟はしていたが、まさか芋のペーストの上に焼いた腎臓を乗せただけの料理が出てくるとは・・
味が悪いわけではないが、これが22ユーロもするというのだがら前菜との価格ギャップが大きすぎる。

Le magret de Canard au sautoir
Le magret de Canard au sautoir, carottes fondantes au persil simple(€23.00)

家内はマグレ鴨。
日本での一般的な鴨の料理とは違って豪快なブロックで出てきたが、ソースが少なすぎると。

マグレ鴨を反対側から

ひとくちいただいたが、エーグモルト(Aigues-Mortes)の Les Arcades で食べたようにソース側が強く主張しないとマグレ鴨は美味しくないという印象だ。

それにしても、こちらの野菜の付け合わせはバターたっぷり。
下茹でしたものをバターで炒めているのか、埼玉フレンチに慣れていると食感の悪さも気になってしまう。

お会計 以上、家内のグラスワインを含めてお会計は90ユーロと、ミシュラン1つ星を獲得したメインレストランで前回いただいた最安値コースとほぼ同額。
そこは、一般的にレストランが定休日となる日曜日に営業しているのだからプレミアムが付くと考えれば致し方ないが、星付レストラン側が営業していれば話にならないと言いたくなる内容だった。(特にサービス面)

余談だが、その星付(正確には私が訪問した2年後に星を獲得)レストラン側の記事でサービス料の件を聞いたこと記しているが、今回はメニューに Tarifs TTC et service compris との記載があった。つまり表記価格は税サ込ですと。
実はこの記載、ほかの多くのレストランでも見かけている。つまり、フランスではチップの慣習が廃れただけでなく、チップは不要だとハッキリ明記する傾向にあるようだ。

日本のように内税表記が義務付けられた際に、その考え方の根底にある部分を読み取ってサービス料も含めた価格表記に改めた店がごく少数(例えば帝国ホテルのレストラン)であったことを考えると、まだまだ日本は後進国的な思想(言い換えれば、アジアや東欧の一部に見られる一種のぼったくり精神)が残っているのかなと思った次第。2004年に法令で定められた内税表記のガイドライン(☞ 財務省 消費税における「総額表示方式」の概要)を守らない上場チェーン店が未だに多数存在して、それを許してしまっている社会を考えれば、消費者側はもっと声を大きくあげるべきではないかと思う。

※メニュー:前菜・サラダメインチーズ・デザートグラスワイン
※店舗案内:Bistrot des Capucins(この店)、la Table des Capucins(1つ星獲得店側)

【詳細情報】
店名:Bistrot des Capucins
電話:05 63 22 00 00
営業:12:00~14:30、19:30~22:30(無休)
住所:6-8 quai de Verdun F - 82000 Montauban

大きな地図で見る

フランスでの訪問レストラン一覧
 

【モントーバン(Montauban)の風景】 (☞ 公式サイト)...2010年訪問時の写真を含みます





関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>