FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/グリモー(Grimaud): La Bretonnière

訪問:[2013/4/26 11:55] (☞ ミシュラングリーンガイドの紹介ページ
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★☆☆☆
昨晩泊まったエズ(Èze)で夕食を食べ損ねたし、フランスの宿は朝食が別料金であることが普通なので朝食もパス。おなかペコペコの状態で向かった先は、サントロぺ(Saint-Tropez)に近い、地球の歩き方には載っていないグリモー(Grimaud)という小さな街だ。
ミシュランの道路地図に示されている★マークで、グリーンガイド側に掲載されている情報をチェックし、さらには Google Map の衛星写真等で雰囲気を確認して訪問を決めた。ちなみに、海沿いにある地域は「Port Grimaud」と言うようで、道路標識上では区別されている。(公式サイトで確認したところ、行政区画では同じ地域になるようだ)

もちろん食べる店は、グリーンガイドで決めてある。
今まで外れの店が無かったことから信頼しきっているわけだが、信頼しすぎた感も無きにしも非ずという結果になってしまった。

外観 店内

この店、CPが優れたことを示すビブグルマンマークが付いていたので選択したわけだが、特にランチコースという設定は無く、最低の3皿セットでも €31.00 もする。それを頼むつもりで入ったのだが、今日のお勧めだと黒板メニューを勧められ、2皿構成であるという話を誤解して頼んでしまったのが結果的に失敗だったのかもしれない。
後で店頭に掲げられていた黒板の表記を確認して納得したが、フランス語表記のものをその場で瞬時に判断することができなかったのだ。

アミューズブーシュ

最初にアミューズブーシュだと言われて出てきた皿がこちら。
日本的にアミューズは皿数に数えないと誤解したのが、後で印象を悪くしたことになってしまったわけだ。

料理の方は、プロヴァンスらしいトマトの一口スープに、野菜ベースのペーストを乗せたカナッペ風のもの。
普通のトマトスープと違って、生クリームをたっぷり使った濃厚さがあるのだが、このトマトの味の出し方が独特。未完熟のトマトをアクセントにしているような微かな青臭さと、完熟トマトの甘味が融合しているような美味しいスープだ。
野菜ペーストは、いかにもプロヴァンス料理といったお味。これも日本では食べたことがない。

Risotto aux moules, jeunes pousses d'épinard et parmesan
Risotto aux moules, jeunes pousses d'épinard et parmesan(€17.00)

メインはムール貝のリゾット。
写真では見えないが、米の中に小さいムール貝の身がたくさん入っている。しかも、日本で食べるもののような独特な癖もなく、プリッとした食感と優しい味わいが実に美味しいのだ。

リゾットの中に隠れていたムール貝 バゲット

この皿、量の少なさから前菜の皿と誤解していたわけだが、実はこれがメインプレートだったのだ。
そう、メニュー表記にかかれていた後半部分を勝手にメインかデザートの皿だと解釈したことが判断ミスの原因となったわけだが、やっぱりフランス語が分からないというのはフランス旅行では大きなネックになる。

このあと、メニューを持ってきてデザートは何にするかと言われたと解釈したのも間違いで、実際はデザートは要るかと言われたのだと思うが、有無を言わさずメニューを渡されたのも誤解の元になったと思う。
前菜とデザートの2皿構成と誤解してメニューからデザートを選んだものの、請求段階でしっかり課金されていたので愕然。言葉が分からないこちらに非があるのは間違いないのだが、€17.00 のつもりだった料理が €26.00 だったわけだから、印象が大きく落ちてしまったのは言うまでもない。

Mousse ≪tout choco≫ Classique Dame Blanche
左:Mousse ≪tout choco≫ zestes confits, créme au thé(€9.00)
Quenelle of chocolate and cream ganache recipe English tea

右:Classique Dame Blanche, chocolat a L'Ancienne(€9.00)
Classic ≪white lady≫ in the old chocolate


そのデザートだが、フランスの食堂でデザートを頼んではいけないという水準。
これが1皿9ユーロもするって、日本の感覚では付いていけないと思う。



▲伝票とレストランカード

※メニュー:定食今日のスペシャルデザート

【詳細情報】
店名:La Bretonnière
電話:04 94 43 25 26
住所:pl. des Pénitents F - 83310 Grimaud

大きな地図で見る
 

【グリモー(Grimaud)の風景】 (☞ 公式サイト









関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ビジネスクラス機内食/カンタス航空: 羽田(HND)⇒シドニー(SYD) 2018/09/24
北アイルランド/ベルファスト城 [Belfast Castle]: The Castle Tavern & Bistoro 2018/09/22
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: The Crown Dining Rooms(Crown Bar) 2018/09/20
北アイルランド/ベルファスト [Belfast]: Mourne Seafood Bar Belfast 2018/09/17
イギリス(グラスゴー)⇔アイルランド(ベルファスト) バスとフェリーでのアクセス方法 2018/09/15
イギリス/グラスゴー [Glasgow]: Rishi's Indian Aroma (Glasgow店) 2018/09/12
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Patisserie Valerie(Aberdeen店) 2018/09/10
イギリス/フレーザーブラ [Fraserburgh]: The Saltoun Inn 2018/09/08
イギリス/アバディーン [Aberdeen]: Dyce Farm 2018/09/05
イギリス/ダンフリース [Dumfries]: Bankend Bar & Brasserie@Holiday Inn Dumfries 2018/09/03
イギリス/リーズ [Leeds]: Tharavadu 2018/08/31
イギリス/ケナールボン [Caernarfon]: Black Boy Inn 2018/08/28
イギリス/ストーク・オン・トレント [Stoke-on-Trent]: The Dining Hall@World of Wedgwood 2018/08/26
香港国際空港:キャセイ航空ファーストクラスラウンジ② 「The Pier」 2018/08/24
プリトヴィツェ湖群国立公園の歩き方(全トレイル紹介付) 2018/08/20
台湾/台北: Café無國界自助餐廳@Holiday Inn East Taipei 2018/08/17
台湾/台北・中山駅: 圓環三元號(魯肉飯・魚翅肉焿) 2018/08/16
台湾/台北・圓山駅: 丸林魯肉飯 ④ 2018/08/15
台湾/台北・菜寮駅: 今大魯肉飯 ② 2018/08/14
台湾/桃園: 榕樹下綿綿冰 2018/08/13
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>