« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

シンガポール/リトルインディア(Little India):ラジ(Raj Restaurant)

訪問:[2013/3/20 19:00]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
マクリッチ貯水池公園(MacRitchie Reservoir Park)のトレイルを10キロほど歩いて、例の吊り橋(HSBC Tree Top Walk)を渡ってきた。
その後は、恒例となってきた帰国便の前の南インド料理を食べにリトルインディアへ。

外観 店内

今回は、リトルインディア駅のお隣、ファーラーパーク駅にあるシティスクエアモール周辺をウロウロ物色したが、この界隈はリトルインディア駅周辺よりも食堂系のインド料理がたくさんあるようだ。

贅沢になったもので食堂系には興味が無くなってしまい、レストランを狙って物色していたのだが、日本でもあちこちにある「RAJ」という名前の店を発見。店頭メニューを確認して限定品と記されたミールス(この店では、ターリー表記)が食べられることを確認してから着席した。

South Indian Thali With Curd
South Indian Thali With Curd (S$11.75≒960円)
Consists of rice, sambar, rasam, three vegetables, Two chappatis, papad, fried chilli, special chutney, butter milk, daal and dessert of the day


単なるインド料理好きなので詳しくは知らないが、「ターリー」は北インドの定食で、「ミールス」が南インドの定食と理解していたのに、この店は南インド料理のメニューの中にターリーがあった。(Thali/Set Meal と記されている)

いつものようにバナナリーフが敷かれるわけでは無く、写真のように北インド店でおなじみの食器で出されたので「ターリー」表記なのかもしれないが、内容的には南インドのミールスと同じだ。







こうして、ブログを書くためにメニューから再確認してみると、記されていた内容と違う部分があるなぁ。
チャパティーは2枚とあるけど1枚だけだったし、デザートも無かったし・・(ひょっとして、微妙に違うヨーグルトが2種類あったが、その1つがデザートだったのか?)

全体的に、お味の方は安い食堂水準。と考えるのは、インドヲタではない私だからかもしれないが、ファストフードチェーンの Komala's で食べた時と同じような感じで、旨味成分が少ないのだ。酸味成分が強いのも苦手。
ただし、Komala's のように単にスパイスが立っているだけという感じでは無かったので、通の方には美味しいかもしれない。

高級感こそないが、雰囲気もちゃんとしたレストランなので悪くは無いと思う。
ただ、外国人客が珍しいのか扱いに困っている感じを受けた。(リトルインディア駅周辺の店では経験したことが無い)

カレーライスにしてみた お会計

お会計をお願いしたところ、Diet Coke代が抜けていた。意外といいかげんなんだな。
もちろん申告して再発行してもらったが、缶の Diet Coke代が S$4.35(≒360円)もしたのにはびっくりした。
料理が安い分をドリンクで補おうというスタンスなのかな?

これでコタキナバル&シンガポール旅行はおしまい。
今後はプラチナ資格維持のために無理してANAを使ってシンガポール経由にする必要もなくなることから、当分は南インド料理もお預けになりそうだ。たぶん東南アジア方面は、台北経由が主流になりそうな予感。シンガよりも台湾の方が魅力的だし。
あ、台北まではANAではなくスクートね。あるいは台湾発券のエバーとかチャイナエアもあるかも。

※メニュー:スナック・サダドーサマサラドーサその他ドーサ・ウタパムターリー・スペシャル

【詳細情報】
店名:Raj Restaurant
住所:76 Syed Ahwi Road

大きな地図で見る
 

【マクリッチ貯水池公園の風景】(☞ 公式サイト



▲左:池の周遊ルートは平坦でこんな感じ  右:標識もたくさんあって迷う余地なし


▲左:所々に雨宿り場所もあるので、急なスコールがあっても大丈夫(でも、雨具は必須!)
 右:吊り橋コース手前に Ranger Station がある。トイレと飲料水の補給はここで。


▲吊り橋は営業時間(通行可能時間)だけでなく定休日まであるので注意!


▲左:Ranger Station から急勾配を上ったと思ったら、こんどは下りだ。疲れるなぁ・・
 右:なるほど、監視員が吊り橋入口で待ち構えている。


▲吊り橋は一方通行で戻れない。実は、その後が大変なのだ。
最初に掲載した地図を見れば分かる通り、Ranger Station に戻るにしても大回りを強いられるうえに、木の道ながらも急な登り降りの連続で、かなり体力を消耗することになる。
Ranger Station での飲料水の補給も忘れずにしておこう。(南端の公園広場以外は自販機類も無いので注意)
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
クロアチア/セルツェ [Selce]: Hotel Marina 2018/06/22
クロアチア/ザダル [Zadar]: Pekara Dalmatinka 2018/06/22
クロアチア/ロシキ・スラップ[Roški Slap]: Restoran Roški slap 2018/06/21
クロアチア/ロシキ・スラップ[Roški Slap]: Panorama Roški Slap 2018/06/20
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Hotela Jezero 2018/06/19
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Plitvice@Hotel Plitvice 2018/06/17
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Pekarne Dinara 2018/06/16
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Vinodol 2018/06/15
ザグレブ~リュブリャナ間 バスと鉄道でのアクセス方法と乗車記 2018/06/14
スロベニア/ベレニエ [Velenje]: Okrepčevalnica Mladost 2018/06/12
スロベニア/トリグラフスキー国立公園 [Triglavski narodni park]: Tičarjev dom 2018/06/11
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Best Western Premier Hotel Lovec 2018/06/10
プリトヴィツェ湖群国立公園絶景ポイント(VIDIKOVAC Sightseeing Point)への行き方 2018/06/09
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Jezero Lounge@Grand Hotel Toplice 2018/06/08
スロベニア/ボーヒン湖 [Bohinjsko jezero]: Vrtovin@Hotel Jezero 2018/06/06
スロベニア/リュブリャナ: Open Kitchen Ljubljana [Odprta Kuhna] 2018/06/04
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: ユリヤ [Julija Restaurant] 2018/06/03
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: Dobra Izbira! 2018/06/02
ビジネスクラス機内食/フィンエアー(フィンランド航空): ヘルシンキ(HEL)⇒成田(NRT) 2018/06/01
ビジネスクラス機内食/ノルディック・リージョナルエア: ワルシャワ(WAW)⇒ヘルシンキ(HEL) 2018/05/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>