« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

シンガポール/リトルインディア(Little India):ムトゥース・カリー(Muthu's Curry)

訪問:[2013/3/16 11:30]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
マレーシアのコタキナバル行きが今回の目的地だが、例によってシンガポール経由。
ここから陸路でジョーホルバル(通称JB)のセナイ空港(Senai Airport)に向かってエアアジアで飛ぶ(往復7525円)という旅程だが、当初予約した翌日便が3時間前に変更されたことから、前日の夕方便に変更してもらった。復路も3時間前になったことから夕方便に変更してもらったのだが、Air Asia側の都合ということで、なんと往復とも優先搭乗できる最前席のホットシートに変えてくれたのだ。

ANAと違って、LCCの方がお詫びの姿勢をはっきり示してくれる。なぜか日本ではANAの子会社扱いで展開しているが、親会社よりも子会社の方が安くて良識ある対応をしてくれるのだ。それも本家マレーシア国内線なのにだ。
詳細は別途記してあるが、この件で客の立場など考えずに自己の利益を最大限にすることしか眼中になく、おまけに予約用のホームページで最高利益更新(≒搭乗客には最小限のコストで済ませるという意味)だと自慢するような信じられない神経を持ったANAの企業体質が大嫌いになり、プラチナ資格がなくなる再来年の3月でバイバイを決めている。

閑話休題。

で、シンガポールといえば、ここ数年のマイブームである南インド料理。

外観 店内

今回は、シンガポール名物のフィッシュヘッドカレーの元祖とガイドブックで煽られているムトゥース・カリー(Muthu's Curry)に行ってみた。

実は、2年半前に子供と来た時にデンプシーヒルにある支店、ムトゥース・フレーバー(Muthu's Flavors) で、その名物のフィッシュヘッドカレーを食べているのだが、あまりにも辛くて魚肉部分以外は食べられなかった店だ。
ただ、子供にほとんど食べられてしまったビリヤニは美味しかったので、もう一度食べてみようと出かけたしだい。

Dum Biryani Mutton
Dum Biryani Mutton(S$12.87≒1050円)
Long grain basmati rice cooked with meat and mint served with Raita(yogurt salad) and Chicken gravy


メニューを見ると、米料理はわずか3種。って、白米とビリヤニ(日本でのサフランライス相当のもの)を除けば、ダム・ビリヤニしか存在しない。その代わり、ナンがたくさんあるので南インドというよりは北インド料理の方が強い印象だ。

前回はチキンをいただいたので今回はマトンを注文したが、5分後に配膳されたものが上の写真。
デンプシーヒルで食べた時よりも3割ほど安い価格設定なのは、この地域の競争が激しいからかもしれない。



1月にも数軒離れた GAYATRI で同じ料理をいただいているが、こちらは鍋(というかボウル)のまま出てきたので、自分でバナナリーフの上にひっくり返して盛り付け。。

Dum Biryani Mutton を崩してアップで

見ての通り、大きなブロック肉の存在感があるが、ビリヤニはボウルに入れただけで GAYATRI のように加熱した形跡がまったくない。ゆで卵が丸ごと1個付いてくるというのも違和感がある。

これで肉が柔らかくて味わいがあれば良いのに、煮込み不足のスネ肉といった感じで硬いし、味も単に塩ゆでしただけで美味しくない。ナイフが無いので、硬い大きな肉を食べるのにも苦労する。

ビリヤニ側には、クローブが粒で入っていた。それに、全体的にスパイスが主張している。デンプシーヒルで食べたチキンビリヤニと違って、うま味が少なく美味しいとは言えないが、スパイス好きの方には向いているのだろう。
日本人はうま味を主体とした食事を好むことから、あまり日本人向けではないと思う。普通の日本人には、デンプシーヒル側の店がお勧めかな。かなり高いけど、メニューも豊富で選ぶのに苦労した記憶がある。

Dum Biryani Mutton にチキンカレーをかけてみた

別添えの(何故か)チキンカレーをかけてみたところ、やたらと主張していたスパイスがやや緩和され食べやすくなったものの、これではカレーライス。せっかくのビリヤニがもったいない気もした。

ライタとチキンカレー お会計

ライタも通好みの味だったので、結局カレヲタ向けの店ではないかという判断になってしまった。

なお、悪名高いおしぼり代は無いが、メニュー価格にサービス料10%と7%の税金(GST)が加算される。
この界隈の南インド料理店でサービス料を取る店は少数派だが、店の雰囲気は一番高級な感じなので、仕方ないだろう。

※メニュー:米料理野菜魚介パンドリンク

【詳細情報】
店名:Mathu's Curry
電話:6392 1722
営業:10:30~22:30
住所:38 Race Course Road

大きな地図で見る
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
クロアチア/セルツェ [Selce]: Hotel Marina 2018/06/22
クロアチア/ザダル [Zadar]: Pekara Dalmatinka 2018/06/22
クロアチア/ロシキ・スラップ[Roški Slap]: Restoran Roški slap 2018/06/21
クロアチア/ロシキ・スラップ[Roški Slap]: Panorama Roški Slap 2018/06/20
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Hotela Jezero 2018/06/19
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Plitvice@Hotel Plitvice 2018/06/17
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Pekarne Dinara 2018/06/16
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Vinodol 2018/06/15
ザグレブ~リュブリャナ間 バスと鉄道でのアクセス方法と乗車記 2018/06/14
スロベニア/ベレニエ [Velenje]: Okrepčevalnica Mladost 2018/06/12
スロベニア/トリグラフスキー国立公園 [Triglavski narodni park]: Tičarjev dom 2018/06/11
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Best Western Premier Hotel Lovec 2018/06/10
プリトヴィツェ湖群国立公園絶景ポイント(VIDIKOVAC Sightseeing Point)への行き方 2018/06/09
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Jezero Lounge@Grand Hotel Toplice 2018/06/08
スロベニア/ボーヒン湖 [Bohinjsko jezero]: Vrtovin@Hotel Jezero 2018/06/06
スロベニア/リュブリャナ: Open Kitchen Ljubljana [Odprta Kuhna] 2018/06/04
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: ユリヤ [Julija Restaurant] 2018/06/03
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: Dobra Izbira! 2018/06/02
ビジネスクラス機内食/フィンエアー(フィンランド航空): ヘルシンキ(HEL)⇒成田(NRT) 2018/06/01
ビジネスクラス機内食/ノルディック・リージョナルエア: ワルシャワ(WAW)⇒ヘルシンキ(HEL) 2018/05/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>