« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

シンガポール/リトルインディア(Little India):GAYATRI

訪問:[2013/1/14 19:00]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
バタム島から戻って、日本への帰国便までの間は最近定番のリトルインディアへ。ここで家内が大のお気に入りのインドのお菓子「ソアンパプディ(Soan Papdi)」をたくさん買って帰るのだ。1つ S$2.30≒170円で買えるので、初めて日本で買った時の4分の1、新大久保で見つけた最安値店と比べても半額以下で、種類も豊富。ほとんどがハルディラム(Haldiram)ブランドだが、違ったメーカーのも存在するので試してみたけどダメ。買うなら「Haldiram」ブランドのものをお勧め。他のお菓子もなかなか行ける。

その後は、私の定番になっている南インド料理店巡り。北インド料理店は日本にもたくさんあるので馴染みのある料理が多いが、南インド料理店には知らない料理もたくさんある。特に、前回の ANJAPPAR で食べた Mutton Kothu Parotta は感動ものだった。

Mutton Dum Briyani 店内
Mutton Dum Briyani(S$10.50≒780円)
Boneless mutton and fluffy saffron rice cooked with traditional spices


お願いしたのは、ダム・ビリヤニ。
注文を終えるとバナナリーフを敷き、付け合せのサラダを盛り付け。他に、パパドとカレーソースが別皿で出てきた。
ドリンクは Diet Coke が無いので Pepsi Light(S$2.50≒190円)。
本来なら Lime Juice なんだろうが、カロリーが気になるので、私の場合は Diet Coke系が定番になる。

Mutton Dum Briyani

しばらく待ってやってきたのは、小型の深鍋に入ったビリヤニ。
鍋をひっくり返して、豪快にバナナリーフの上に盛ってくれたので、鍋の形状が残ったまま。
マトンが入っていないではないか、と思っていたら、右側のこんがりした部分を崩すとたくさん隠れていた。

隠れていたマトン

マトンは柔らかいし、ビリヤニもやや辛めではあったものの味が浸みこんでいて美味しい。
後で調べてみると、この「ダムビリヤニ」というのが、本来のビリヤニの製法で作られるものらしい。日本では(正確には地元埼玉では)見たことが無いメニューだ。

サラダ カレーソースをかけたビリヤニ

量がそこそこあるが、別添えのカレーソースをかけてカレーライスにしても美味しくいただける。
いや、満足満足。でも、1人だと量的に複数頼めないのが悩みだ。
それに、ビリヤニの他にサラダとパパドとカレーソースが付いて800円もしない。
本当にシンガポールの南インド料理は安いし、美味しいのでハマってしまうわけだ。

もっとも、シンガポールの悪しき慣習で濡れナプキン代(S$0.33≒25円)が加算されたが、この格のレストランでサービス料も取られないのだから許容範囲だ。
ガイドブックで煽られているだけに有名な ロングビーチ シーフードレストラン(Long Beach Seafood Restaurant)のように、おしぼり代だけでなくお通しに加えサービス料まで取っていたら、怒りまくってしまうけど。(実際、サービスは劣悪だし、ひどい料理を出す店だった)

そういえば、この店は最先端系なのか、メニューをお願いすると iPad(あるいは類似品?)を渡されてしまい、写真撮影が困難(1頁の情報量が少ないので、枚数が増えてしまう)だったため、料理が出てくるのを待っている間に店頭に置いてあるメニューを撮りに行ってしまった。(iPad版は1枚だけ掲載しておいた)

3月のコタキナバル旅行もシンガポール経由になるので、前後にリトルインディアで南インド料理を食べる予定。
今度は、ランチ2回とディナー1回試すことが出来ると思うので、今から楽しみにしている。

このあとは、2月の連休を挟んで家内と出かけてきたポルトガル旅行の記事になる。
城や宮殿・修道院を利用した5軒のヒストリカル・ポザーダを渡り歩いて直営レストランでディナーを食べてきたので、歴史的建造物に興味のある方はご期待いただきたい。

※メニュー:ビリヤニ(iPad版)焼き物ベジタリアン用ノンベジ用スナック
 (HPにも価格付メニューが掲載されています)

【詳細情報】
名称:GAYATRI Restaurant
電話:6291-1011
住所:122 Race Course Road, Singapore

大きな地図で見る

レシート濡れナプキンパックの表から

濡れナプキンパックの裏から
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
クロアチア/セルツェ [Selce]: Hotel Marina 2018/06/22
クロアチア/ザダル [Zadar]: Pekara Dalmatinka 2018/06/22
クロアチア/ロシキ・スラップ[Roški Slap]: Restoran Roški slap 2018/06/21
クロアチア/ロシキ・スラップ[Roški Slap]: Panorama Roški Slap 2018/06/20
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Hotela Jezero 2018/06/19
クロアチア/プリトヴィツェ湖群国立公園: Restoran Plitvice@Hotel Plitvice 2018/06/17
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Pekarne Dinara 2018/06/16
クロアチア/ザグレブ [Zagreb]: Vinodol 2018/06/15
ザグレブ~リュブリャナ間 バスと鉄道でのアクセス方法と乗車記 2018/06/14
スロベニア/ベレニエ [Velenje]: Okrepčevalnica Mladost 2018/06/12
スロベニア/トリグラフスキー国立公園 [Triglavski narodni park]: Tičarjev dom 2018/06/11
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Best Western Premier Hotel Lovec 2018/06/10
プリトヴィツェ湖群国立公園絶景ポイント(VIDIKOVAC Sightseeing Point)への行き方 2018/06/09
スロベニア/ブレッド湖 [Blejsko jezero]: Jezero Lounge@Grand Hotel Toplice 2018/06/08
スロベニア/ボーヒン湖 [Bohinjsko jezero]: Vrtovin@Hotel Jezero 2018/06/06
スロベニア/リュブリャナ: Open Kitchen Ljubljana [Odprta Kuhna] 2018/06/04
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: ユリヤ [Julija Restaurant] 2018/06/03
スロベニア/リュブリャナ [Ljubljana]: Dobra Izbira! 2018/06/02
ビジネスクラス機内食/フィンエアー(フィンランド航空): ヘルシンキ(HEL)⇒成田(NRT) 2018/06/01
ビジネスクラス機内食/ノルディック・リージョナルエア: ワルシャワ(WAW)⇒ヘルシンキ(HEL) 2018/05/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>