« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ベトナム/ハノイ(Hanoi):マダム・ヒエン(Madam Hien)

訪問:[2012/12/30 18:15]
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
ハノイ3日目のディナーは高級店狙い。立派な洋館のレストランだ。

外観 門の中をのぞき見

この店もハノイ36通りグルメでマークした店だが、ハノイで人気のフランス料理レストランのシェフがプロデュースした店という記述に、フレンチ好きが反応したという訳だ。
これがタイとかマレーシアだったら、いくら地元の有名フレンチの・・と書かれていても反応する訳が無いのだが、フランス文化が残っているベトナムとなれば試してみたくなる。(といいつつ、フランス料理店には結局行かなかった)

個室 洋館内の客席

最初の写真は明るい昼のうちに下見した際に撮影したものだが、出かけたのはディナータイム。
テラス席は午後2時から終日カフェ営業と書かれていたので5時半頃に出かけたら、6時から営業だと追い返されてしまった。

Madam Hienの絵があちこちにある アイスベトナム茶(VND30800≒130円)

欧米人ツアー団体客が入ってくる店かつ高級店とあって英語がバッチリ通じるので、注文しやすいのが嬉しい。
もちろんメニューは英語併記。それで頼んだのが、通算5軒目の揚げ春巻とは、我ながら芸が無い。(笑)

Nem ran Ha Noi
Nem ran Ha Noi(VND96800≒400円)
Nem "Hanoi" style, poke, vermicelli, mushroom


あまりにも暗いのでフラッシュを3度ほど使ってしまったが(周囲は欧米人観光客ばかりだから良いだろうと・・スミマセン)、ハノイ風春巻きは、薄いライスペーパーを使っているにもかかわらずパリッと揚がっている。
肉の比率が高いわけではないが、明らかに水分少な目で具材ひとつひとつが生きている感じがする美味しい春巻きだった。(断面写真は露出不足で失敗した)

Bun cha
Bun cha(VND156200≒640円)
Marinated barbecued poke, "Bun", "Nuoc Mam"


メインは、ハノイの名物料理とのことで選んだブンチャ。
これは、単に肉と肉団子を炭焼きにしたもの(たぶんこの店のは炭焼きでは無いと思う)が鉄板に乗せられていて、ブンと香草と合わせていただくわけだ。

鉄板焼き
▲フラッシュ撮影した鉄板焼き部分

しかし、最初の写真でも分かる通り、ソースが春巻きのものとまったく同じ。なぜかどこの店で食べても、業務スーパーで安く売っているタイのスィートチリソースを薄めたような味で、まったく芸が無いのだ。
ここまで見事に同じだと、もっとプラスアルファを目指そうという発想を持った店をハノイで期待してはいけないのだろうか?

ブンチャ丼(!)

ということで、米麺(ブン)をソースの入った丼ぶりに放り込んで、その上に鉄板焼きの肉を乗せて「ブンチャどんぶり」でいただくことにした。
正しい食べ方は知らないが、こういった構成で出されたら無難な食べ方ではないかと思った次第。

Pho mat -Le Corlou-
Pho mat "Le Corlou"(VND86900≒360円)
"Le Corlou" cheese with herbs and local salad


せっかくなので、ベトナムのデザートでも食べてみようとお勧めマークのついていたものを頼んでみたが、どうも違ったようだ。
欧米人客が多いので、チーズを無理やりメニューに載せていたようだ。

鋭い方はお気づきかと思うが、メイン料理2品とこのデザートのハーブが全部同じなのだ。まったく芸のない店だ。
そのハーブも食べても美味しくない太い茎付で、手抜き仕様。
建物が洋館であるという雰囲気の良さと、英語が問題なく通じるだけという店だという結果になってしまった。
ちなみに、訛りがひどくて聞き取れない英語を話す人が多いので、訛りの少ない英語を話す店というのは貴重だと思う。

ところで、ハノイでベトナム料理の高級店って、いったいどの店を指すのだろう?
翌日の昼も同じような店に行ってみたが、似たようなものだった。

※メニュー:カフェ用メインスープ・フォー麺飯類・野菜デザート

【店舗詳細情報】
店名:Madam Hien
電話;04-3938-1588
営業:11:00~14:00、18:00~22:00(軽食喫茶は11:00~22:00)
住所:15 Chan Cam, Hanoi

大きな地図で見る
関連記事

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イギリス/聖ミカエルの山 [St Michael's Mount]: Island Cafe 2017/08/16
イギリス/ブリストル [Bristol]: Don Giovanni's 2017/08/14
イギリス/ペンブローク [Pembroke]: The Cake Shop 2017/08/12
イギリス/カーディフ [Cardiff]: Junction Restaurant@ホリデーイン 2017/08/10
イギリス/ラドロー [Ludlow]: Castle Tea Room@ラドロー城 [Ludlow Castle] 2017/08/09
イギリス/ストラットフォード [Stratford-upon-Avon]: エルグレコ [El Greco] 2017/08/07
イギリス/ワデスドン・マナー [Waddesdon Manor]: The Manor Restaurant 2017/08/04
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:成田(NRT)⇒ロンドン(LHR) 2017/08/02
オーストリア/ザルツブルク [Salzburg]: IMLAUER Sky Bar & Restaurant 2017/08/01
オーストリア/ザルツブルク[Salzburg]: カフェ・モーツアルト[Cafe Mozart] ② 2017/07/31
ドイツ/ヘレンキームゼー城 [Neues Schloss Herrenchiemsee]: Schloss Cafe 2017/07/30
オーストリア/アヘンゼー [Achensee]: Zillertaler Hof 2017/07/29
イタリアの古城ホテル:ブランド城 [Castel Brando] 2017/07/28
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Naturhotel La Cort 2017/07/27
イタリア/オルティゼイ [Ortisei|St. Ulrich in Gröden]: Cafe Demetz 2017/07/26
イタリア/セッラ峠 [Passo Sella]: Ristorante Al Sella 2017/07/25
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Picnic@Hotel Gran Ancei 2017/07/23
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano(Badia)]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>