FC2ブログ
« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/タイ国際航空:ハノイ(HAN)⇒バンコク(BKK)

搭乗:[2013/1/1 TG561便]
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆
現地でのPC故障で帰国後の登録になったため、現地での食べ歩き内容を紹介する前に、搭乗したビジネスクラス機内食を先に登録することにしたい。まずは、ビジネスクラス初搭乗のタイ国際航空
これで17社目のビジネスクラスとなるわけだが、最近はビジネスクラス機内食ヲタクっぽくなってきて、旅程を組む際には出来るだけ乗ったことのない航空会社を選ぶようにしている。

ハノイ空港共用ラウンジ ハノイ空港共用ラウンジのPCコーナー

ハノイ空港(ノイバイ空港)のラウンジは、ベトナム航空系とそれ以外の共用に分かれていたので、共用ラウンジ側へ。
1番乗りだったみたいで、受付にも中央の麺コーナーにも人がいないので、おかしいなぁと思っていたら、みなさん一番奥の方でくつろいでいた。私に気づいた段階で、あわててスタンバイといった具合。

カウンターに並ぶ料理 麺コーナーは注文制

共用ということもあるのか広々としたラウンジで、PCコーナーも10台近く用意されていた。
でも、シャワーブースはトイレの奥に1か所だけ。これがゲストハウスで見るようなもので、VIPが使うラウンジのものとは思えないような代物だったのには驚いた。(使うわけではないが、たまたまトイレに行ったときに発見しただけ)

選んだ食事

食事の内容はそこそこ豊富で、麺類は注文に応じて作ってくれる。
朝食は抜いたとはいえ、この後の機内食に期待して控えめに盛ってみたのだが、お味の方はまずまず。
この後、予想外に貧弱な機内食に遭遇してしまったので、麺類も頼んでしっかり食べておけばよかったと後悔したものだ。

例によって初めてのビジネスクラス搭乗航空会社ということで、1番乗りで乗り込もうとしたわけだが、なんとエコノミークラスとビジネスクラスの列は別けていたものの、同時進行で機内に入れ始めた。機内に入る前に正月の日本の新聞(読売)があったので取ったが、エコノミークラスの人でも先に取った方が勝ちというわけだ。なんだかなぁ・・

ウエルカムドリンク 食事メニュー

離陸前のウエルカムドリンクは3択。水とジュースに、注文制でシャンパンも用意できるとのこと。
たまたまだと思うが、日本語ペラペラのCAさんが一人搭乗していたので、その方が最後まで日本語で世話をしてくれた。

食事はワントレー

2時間弱のフライトだが、離陸後すぐにテーブルクロス(といってもバリバリに固まっていてクロスという雰囲気の無い代物)が敷かれ、ワントレーの食事が配られた。機材がオンボロ(PC電源どころかモニタすら無い!)なのは採点対象外だが、機材に合わせているのか食事内容を選ぶこともできず、その内容も見るからにお粗末。
ベトナム往路で★5つを付けたシンガポール航空(☞ こちら)が素晴らしかっただけに、その差が際立ってしまった。

Cobination Salad with Smoked Chicken Cubes
First Course:Cobination Salad with Smoked Chicken Cubes
Royal Project Honey and Herbs Dressing


Smoked Chicken Cubes とあるが、どう見ても普通のハム。それが鶏肉のハムだということだけだ。
見栄えも悪くて、エコノミークラスのサラダという感じ。
良かったのはドレッシングの味だけだが、ここでエコノミークラスと差を付けているとは思えない容器に入っている。

Stir-fried Fish Cubes with Dried Chille Paste, Sweet Basil
Main Course: Stir-fried Fish Cubes with Dried Chille Paste, Sweet Basil
Steamed Thai Hom Mali Rice


これなど、陶器の皿でなければエコノミークラスの食事そのものという感じだ。
日本の航空会社の短距離路線と同じと考えれば許容範囲だが、シンガポール航空と比較してしまうのが悪いのだろうか?
ちなみに、お味の方もエコノミーで出てきてもおかしくない普通のもの。差別化が出来ていないなぁ・・

Sweet Banana Delight
Dessert: Sweet Banana Delight

一番美味しいと思ったのが、見た目は貧弱なこの蒸しパン風ケーキ。
単なる蒸しパンではなく、バナナを潰したものがベースになった蒸しパン。バナナの味が濃厚だ。


日本語対応があったという事は採点対象外だが、サービス面を見れば標準クラスと言って良いだろう。
シンガポール航空や日本の航空会社のようなホスピタリティを感じるような局面は無かった。そつなく機械的にこなしている印象だ。

ということで、東南アジアの航空会社は優秀だというイメージが強かっただけに、がっかりな結果となってしまった。
これで、積極的にタイ航空を選ぶことはないという結論になったわけだ。

※メニュー:ドリンク

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング
関連記事

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

« 次の記事     《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:インドネシア
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Olla de la Plaza Nueva 2018/11/14
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Viña del Ensanche 2018/11/13
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Café Iruña 2018/11/12
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Mugi 2018/11/11
スペイン/プレンツィア [Plentzia]: Bar Batela 2018/11/10
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Figón 2018/11/09
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Globo 2018/11/08
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Colmado Ibérico② 2018/11/07
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒ブリュッセル(BRU) 2018/11/06
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 成田(NRT)⇒香港(HKG) 2018/11/05
海外レンタカーで事故を起こした際の記録とオプション保険加入の不必要性を検証 2018/11/03
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran@Excelsior ad Beograd 2018/11/02
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran Tri Šešira 2018/11/01
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Moon Sushi Bar 2018/10/31
セルビア/ベオグラード: Prime Restaurant@Crowne Plaza Belgrade 2018/10/30
セルビア/ベオグラード[Beograd]: Restoran Singidunum② 2018/10/29
セルビア/シャバツ [Šabac]: Gradska kafana 2018/10/27
セルビア/チャチャク [Čačak]: Castello Restoran 2018/10/27
セルビア/メジュゴリエ [Međuvršje]: Restoran Santa Maria 2018/10/26
セルビア/ザイェチャル [Zaječar]: Mr. BIN 2018/10/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>